【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は二十四節気の穀雨、癸丑で先勝の金曜日は愛のおまじないの日。モテモテになる媚薬のおまじないや待ち受けを変更して恋の願いを叶えましょう。

厄払いはいつ厄払いに行ける日行けない日2024効果絶大な日

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2023厄払いはいつ厄払いに行ける日行けない日2024効果絶大な日

数え年で女性の厄年は19才、33才、37才、61才、男性の厄年が25歳、42歳、61歳で、特に男の42歳と女の33歳は大厄 (たいやく) とされています。
今年は厄年に行かなきゃ〜!となった時に、いつまでに行けばいいのか、いつ行ってもいいのか気になりますよね〜!!
厄払いに行ける日や行けない日、いつ行ったらいいのかなどをご紹介です。

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

厄払いはいつ行く2024

厄払いはいつ行ったらいいのか、とても気になりますね。
厄払いはいつでもできるのか、行ける日行けない日はいつなのかご紹介です。

厄払いにはいつ行く?何月に行けばいいの?

厄除けや厄払いに「行っては行けない日」というのは存在しません。
思い立った吉日、厄払いは「行きたい」と思った時がいくべき時なのです。
これはオカルトチックな話で申し訳ないのですが、厄払いに行きたいのになかなか邪魔が入って行けない時は、無理をしてでも絶対に行ったほうがいいですよ〜。人の直感って絶対に侮ることはできません。

いつ行ってもいい厄払いですが、伝統的に「厄払いに行ったほうがいい日や期間」があります。それは元旦から節分(旧暦のお正月)までの期間です。個人的にこの時期ってエンジェルゲートもありますので、ぜひいっていただきたい時期です!

厄除けや厄払いは、立春を迎える前に行うのが伝統的な慣習とされており、元旦から節分(旧暦のお正月)までの期間が最も適切と言われています。ほとんどの神社や寺では元旦から祈願が受け付けられるため、多くの人が初詣を兼ねて厄払いを行います。

節分と立春についての記事は下記になります。

 

厄払いにはいつ行く?前厄本厄後厄いつ?

厄災や心や体の障りが多く起こるので万事に気をつけなければならないとする年齢のことを厄年といいます。 数え年で女の人の厄年は19才、33才、37才、61才、男の人の厄年が25歳、42歳、61歳で、特に男の42歳と女の33歳は大厄 (たいやく) とされています。
本厄の年を前厄、本厄の後の年が後厄になるため、この3年間は注意が必要です。
見やすくするのに下記の表を作成しました。
自分の厄年がいつなのかはこちらの記事を読んでくださいね!

2024年令和6年女の厄年男の厄年と厄払いの方法年齢早見表
今年が厄年…という方もいるのではないでしょうか。でも厄年ってどうやって数えるの?厄の払い方ってどうしたらいいの?などの疑問を解決します。 男女それぞれの厄年と、...
性別 厄年 大厄
女性 19歳、33歳、37歳、61歳 33歳
男性 25歳、42歳、61歳 42歳

前厄・本厄・後厄とありますが、厄除祈祷や厄払いは一体いつ行うべきなのか…気になりますよね〜。
愛知県の八事山 興正寺のサイトでは「前厄・本厄・後厄と続けてご祈祷をお受けいただくのがよい」としています。そう、心配なら3年間続けて受けたほうがいいのです。

厄というのは新年になった途端に良くないことが起こる訳ではなく、徐々に表れてくるものです。
ですから、前厄・本厄・後厄と続けてご祈祷をお受けいただくのがよいでしょう。(前厄は星回りでは吉ですが、誕生日前後から翌年の本厄が表れて来るといわれています)

厄除祈祷は年中承っておりますが、興正寺では旧暦に則り立春を新しい年の初めとするため、祈祷は2月の節分前後に受けられることをお勧めしております。

愛知県の八事山 興正寺のサイトより

厄払いは本厄だけではダメなのか

ですが、3年間も行ってられない〜!という方のほうが多いかもしれませんね。
そのため、本厄の女の人の19才、33才、37才、61才、男の人の25歳、42歳、61歳で厄払いに行かれる方が多いようです。特に男の42歳と女の33歳は大厄 (たいやく) 、この大厄の時は厄払いや厄除けに行く方多いんですよ〜!

厄払いの時期が過ぎた場合

厄年が過ぎちゃった、節分が過ぎちゃった…そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

安心してください!節分が過ぎても、厄除けや祈祷を受けることは可能です。節分の2月3日を過ぎても、神社やお寺では厄除けの祈祷を受け付けており、本殿、本堂、祈祷殿などで祈祷を行ってもらえます。節分の雰囲気が薄まっても、厄除けや祈祷は引き続き受けられますよ!

厄年の時にやってはいけないことってどんなこと?

厄払いの時にやってはいけないことはいくつかあります。

厄年には結婚、引越し、自宅の建設、転職、起業といった、人生の進路を変えるような思い切ったことは控えたほうが良いと言われています。厄年は新しい事は控え、じっと大人しく過ごしている方がダメージが少ないという事です。

しかし、厄年でも結婚や転職、就職などをせざるを得ないときも多いです。厄年だからといって、せっかくのチャンスを逃せばその後、ずっと後悔します。
気になるならお祓いに行って、厄を祓ってことに臨みましょう。

女の人の厄年はいつ?

女の人の厄年は19才、33才、37才、61才で、特に男の42歳と女の33歳は大厄 (たいやく) とされています。

女の人が厄年にやってはいけないことはこちらを読んでくださいね!

厄年にやってはいけない事女性厄年にやると良いこと女性
女性の厄年は19才、33才、37才、61才にあります。 女性は30代は前厄、後厄を含めるとほとんどの時期が厄年…しかし女の30代は昔と違い心も体も充実した最高に...

男の人の厄年はいつ?

男の人の厄年が25歳、42歳、61歳で、特に男の42歳と女の33歳は大厄 (たいやく) とされています。

男の人が厄年にやってはいけないことはこちらを読んでくださいね!

厄年にやってはいけない事男性厄年にやると良いこと男性
男性の厄年が25歳、42歳、61歳の時にあります。 新築や転職、結婚、入籍などを厄年にやってもいいのか気になりますね! 男性が厄年にやってはいけないことやると良...

厄払いを一緒に行ってはいけない

厄払いは一人で行ったほうがいい、一緒に厄払いに行くと、厄年ではない方に厄がついてしまう…有名な都市伝説ですね。
厄年ではないのに、厄年の人と一緒に厄払いに行ったために相手の厄を引き受けて

  • 骨折してしまった
  • 厄払いの帰りに事故に遭った
  • 大病をした
  • 仕事を失った

といった噂があります。ただし根も葉もないもので、厄払いは本来その人についた厄を払って他者になすりつけるようなものではありません。
ですが、不安を感じるなら絶対に一人で行って、他の人の厄払いには付き合わないようにしましょう。そういう気持ちは本当にそういう結果を引き寄せます。

厄払いに行ってはいけない日を避けて効果絶大

仏滅、赤口、不成就日…いわゆる凶日に厄払いに行ってもいいのでしょうか?
基本的には神社では仏滅、赤口といった六曜や暦注下段と呼ばれる不成就日や一粒万倍日は気にしません。六曜や暦注下段は中国から来た考えで日本の神道とは関係がないからです。
ですが、七五三や結婚式などの慶事では「大安」を佳き日として「仏滅」は避けますよね。
ですので、気になるのなら仏滅や不成就日は避けて厄払いに行きましょう。
そのほうが効果絶大ですよ!

大安や仏滅など六曜についてです。不成就日一覧はこちら!

仏滅について
赤口について
先負について
先勝について
大安について
友引について

初午の日は厄払いに行くと良い日2023、2024

初午の日に厄払いに行くと良い日、というのを聞いたことがある人も多いでしょう。
本当に初午の日が厄払いにいい日なのかご紹介します。
初午の日についてはこちらの記事を読んでね!

初午の日と縁起いなりの日2024年2月12日初午の日と二の午お稲荷さんの日
初午(はつうま)は、2月の最初の午の日のことです。 その年始まって最初の初午(一月の初午)も初午ですが、通常はお稲荷様の祭りの日である2月を初午と言います。旧暦...
初午の日と縁起いなりの日2024年2月12日初午の日と二の午お稲荷さんの日
初午(はつうま)は、2月の最初の午の日のことです。 その年始まって最初の初午(一月の初午)も初午ですが、通常はお稲荷様の祭りの日である2月を初午と言います。旧暦...

初午とは

初午の日は2月の最初の午の日のことです。そのため、毎年初午の日は変わります。
その年始まって最初の初午(一月の初午)も初午ですが、通常はお稲荷様の祭りの日である2月を初午と言います。そのため2月の初午は旧暦で行う場合は三月に入ることもあります。
2024年の初午の日は2月12日になります。

初午の日は厄払いにいい日

厄払いに初午の日が良いのかどうかは、厄払いを行う神社や仏閣によって異なります。稲荷神である宇迦之御魂神や保護神、また観音様で特に馬頭観音を祀る神社仏閣では、初午の日に厄払いを行うことが良いとされています。祀られている神様によって、午の日に行った方が良い場合と、いつでも良い場合があるので、その違いに注意しましょう。

初午の日にはお稲荷様は「初午祭り」を開催しているところも多いです。初午祭りで厄払い、いいですね!

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

タイトルとURLをコピーしました