【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は二十四節気の大雪の水曜日!試験や資格のおまじないに向いた日!明日は満月!

赤口にやってはいけないこと意味とお祝い納車契約結婚について

スポンサーリンク

赤口にやってはいけないこと意味とお祝い納車契約結婚について

六曜の中で最も知名度が低い赤口…大安や仏滅といった有名な日に比べると知らない人も多いのではないでしょうか。
赤口はその漢字からも不吉なイメージがありますね。六曜の中では仏滅の次に縁起の悪い日とされています。赤口の日にやってはいけないこと、お祝い事や納車、契約、結婚式についてなどを紹介します。

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

赤口どんな日でどんな意味か

「赤口」は「六曜」の中で「仏滅」の次に縁起が悪い日と言われる日です。
また赤口は「火の元や刃物に注意すべき日」と言われており、赤が血や炎を連想させ、凶や死のイメージが付きまとうため、お祝いごとでは「仏滅」より避ける人も多いのです。 赤口は午の刻(午前11時ごろから午後1時頃まで)のみ吉で、それ以外は1日大凶となります。

「赤口」の別名は「赤舌日(しゃくぜつにち)」

「赤口」の別名は「赤舌日(しゃくぜつにち)」と言います。陰陽道の「赤舌神(しゃくぜつしん)」という神様の部下である鬼が人々を悩ますので、何事にも支障が出やすい日、新しいことを始めるのに向かない日といわれているのです。

赤舌神とは

赤舌神は陰陽道の羅刹神です。鬼を使役しています。

陰陽道においては赤舌神(太歳神の王都の西門の番神)が六鬼の鬼神を使役し、それを六日周期で一鬼ずつ遣わして守護せらるという。

赤舌神が使役する六鬼の鬼神(六大鬼)

  • 一番目の鬼神:明堂神(みやうだうしん・みょうどうしん)
  • 二番目の鬼神:地荒神(ちくわうしん・ちこうしん)
  • 三番目の鬼神:羅刹神(らせつしん)
  • 四番目の鬼神:大澤神(だいたくしん)
  • 五番目の鬼神:白道神(びやくだうしん・びゃくどうしん)
  • 六番目の鬼神:牢獄受神(らうごくじゆしん・ろうごくじゅしん)

さようの日のうち、使役する鬼神の一鬼(三番目の羅刹神)が横暴であるため、転じて六日ごとに訪れるその日は結婚や祝い事などの行事はしない方が良いとされる。特に平安時代に仏僧から広まり、流行した。現在はこの赤舌日を意識することはあまりなく、このような日があることを知らない人が大半である。

wikiより

赤口でも吉になる時間は牛の刻(11時から13時まで)

終日「凶日」とされる「赤口」ですが、「赤口」の牛の刻(11時から13時まで)は吉とされています。これは赤舌神の鬼神が休む時間なためです。
赤口に予定を入れたい場合は、この時間帯を選ぶといいでしょう。

赤口の日は刃物と火の元に注意

赤口の「赤」という漢字が、火や血を連想させるので、赤口は刃物と火の元に注意が必要な日となっています。
また鬼が暴れ回っているので血の気の多くて怒りっぽい性格の人といさかいが起きやすい日と言われています。
静かに穏やかに過ごすのが良い日でしょう。

「六曜」で最も不吉とされるもの

「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「友引」「赤口」の六曜の中で最も不吉なのはやはり仏滅です。
順番としては「仏滅」「赤口」「先負」「先勝」「友引」「友引」となります。
ただ赤口は仏滅よりも凶ではないのですが、刃物や血、火などの禍々しいイメージと鬼神が暴れ回る日とされているので仏滅より避ける人も多いです。

六曜(ろくよう)とは

六曜は「ろくよう」もしくは「りくよう」と読みます。毎日の吉凶(縁起の良し悪し)を占う暦の一つです。
先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の順番で6種類の「曜」があり、それぞれの曜に意味があります。その日の吉凶に加え、時間帯による吉凶や「やってはいけないこと」が存在しているのです。
この六曜は、14世紀ごろに中国から日本に伝えられた考え方といわれており、時代とともに名称や順序の変遷を経て現代の姿になったようです。

六曜の成り立ちについては「三国時代に諸葛亮孔明が孔明六曜星として確立し、それを用いて軍略を立てていたという説」と「鎌倉時代の終わり頃から室町時代にかけて日本に伝来し、勝つ、負ける、引く、などの賭博・賭け事の場から広まった説」などがあります。他にも、中国は唐の時代に天文学者の李淳風という人物が考案したという説もあります。

六曜の成り立ちや今日の六曜についてはこちらのページをご覧ください!

日付上は全ての日に六曜が当てはめられて、並び順も基本的に決まっています。「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の順番です。「赤口」の基準日は、6月、12月の1日です。その日に「赤口」を当てて、それ以降は順番に、赤口・先勝・友引・先負・仏滅・大安が配されてます。大安から数えると「赤口」は2番目に来る日となります。
この基本の並び方より優先される決まり事として、旧暦1日ごとに必ず来る六曜があり、この順番通りにならない時があります。例えば、今回の取り上げる「赤口」は、旧暦6月1日と12月1日には必ず配置されます。赤口の前の六曜は通常なら、「大安」ですが、旧暦6月1日は5月31日が大安ではなかったとしても強制的に「赤口」になり、並びがリセットされます。
たまに順番通りに来ないのにはこんな理由があったのですね!

六曜(ろくよう)の基準日と「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の意味

国会国立図書館の日本の暦より、六曜それぞれの基準日の表を引用しています。

吉凶を表す言葉①六曜 | 日本の暦
六曜基準日意味
先勝1月、7月の1日急ぐことは吉。午前は吉、午後は凶。
友引2月、8月の1日友を引く。祝い事は良いが葬式などの凶事を忌む。朝夕は吉、正午は凶など。
先負3月、9月の1日何事も控えめに平静を保つ日。午前は凶、午後は吉。
仏滅4月、10月の1日万事凶。葬式や法事は構わない。
大安5月、11月の1日万事大吉。特に婚礼に良い。
赤口6月、12月の1日凶日。特に祝事は大凶。火の元、刃物に要注意。正午は吉、朝夕は凶。

赤口の読み方は「しゃっこう」「しゃっく」「じゃっこう」「せきぐち」

「赤口」は一般的には「しゃっこう」と読みます。その他に「しゃっく」「じゃっこう」「せきぐち」などがあります。
「あかぐち」「あかくち」と読んでしまいたくなりますが、これは間違いなので注意しましょう。

赤口にやってはいけないこと、納車・お祝い・契約・宝くじ・結婚・お葬式

赤口の日にやってはいけないことがあるのか、納車・お祝い・契約・宝くじ・結婚は行えるかについてです。

赤口と結婚式や入籍

「赤口」は仏滅よりマシではありますが、お祝い事や慶事には向きません。新しいこと始めるのに向かない日でもあるため、結婚式などの新たな門出を祝うイベントも、入籍も謹んだ方が良いとされています。
どうしてもどうしても結婚の日取りや入籍日が「赤口」の日しか空いていないという場合は、赤口でも「吉」の時間帯である11時から13時の間を選ぶと良いでしょう。

もし赤口に結婚式を行うなら、火や刃物の扱いに注意が必要な日でもあるため、キャンドルを使った演出やケーキカットを避けることを考えた方がいいでしょう。

赤口と納車

納車も、新しい車を迎えるという慶事の一つです。そのためお日柄を気にして吉日を選ぶ人が多くいます。
納車にも「赤口」の日は避けた方が無難でしょう。「赤口」の「赤」という文字が、交通事故や怪我、死をイメージさせるため、車の納車日としては避けられる傾向があります。特にキャンピングカーの納車は、車内で火や刃物を使う可能性があるので嫌がられる傾向にあります。

赤口と契約

赤口は火や血、刃物などをイメージするため、縁起を気にする人はマンションや賃貸などの不動産契約も避けます。 そのほか引っ越しも赤口を避けたほうがいいといわれるものの一つです。

赤口とお葬式

「赤口」は「凶日」であるため、お葬式や通夜なども行ってはいけないイメージがありますが、お葬式などの弔事は特に問題はありません。「六曜」と宗教とは関係がありませんので、凶日である「仏滅」も「赤口」も、葬儀を行うのに差し支えはないとされています。

ただし、「友引」は、その言葉の響きから「友を引く(故人が友人を連れて行ってしまう)」という意味が連想され、通夜や葬儀の日程として避ける傾向があります。

赤口と宝くじ

「赤口」と宝くじは関係ありません。 なるべくいい日を選びたい場合は、大安や一粒万倍日、天赦日などにすると良いでしょう。

吉日・凶日の種類と説明

吉日と凶日の種類と説明です。先勝以外の吉日も見てくださいね!

縁起のいい吉日

名称
(よみかた)
種類説明すると良い事【吉】、してはいけない事【凶】
大安
(たいあん)
六曜何事にも大吉、物事を進めるのに良い日。【吉】結婚、引っ越し、開店、慶事
【凶】なし

(みつ)
十二直世の中の全てが満たされる良い日。【吉】建築・移転・婚礼など
【凶】なし

(き)
二十八宿「鬼が宿にいて外を出歩かない日」と言われ、全てにおいて良いとされる大吉日。二十八宿における最上の吉日。「鬼宿日(きしゅくび)」と呼ばれる。【吉】建築・移転・財布の新調・宝くじの購入
【凶】結婚
天赦日
(てんしゃにち)
選日“百神が天に上る日”とされる、最上の吉日。凶日と重なっても、凶を消すと言われる。ただし、慶事では少しでも痂皮があることを嫌うため、仏滅や不成就日などと重なると行わないことが多い。【吉】結婚、引っ越し、開店
【凶】なし
大明日
(だいみょうにち)
選日「天と地の道が開けて隅々まで太陽の光に照らされる日」と言われています。天と地が明るく照らされる、太陽の恵みを受ける大吉日です。凶日と重なっても、凶を打ち消すと言われています。【吉】結婚、引っ越し、開店、契約、建築、納車
【凶】隠しごとや悪事が明るみに出る
一粒万倍日
(いちりゅうまんばいにち)
選日一粒のモミから万倍もの実りをもたらすという意味の吉日。
他の吉日と重なると幸福度が倍になり、凶日と重なると半減する。
【吉】仕事始め、投資、開店、結婚
【凶】金銭や物を借りる
天恩日
(てんおんにち)
選日天恩日は「天の恩恵で万民が福を受ける」とされ、天から恩を受けることができる吉日とされ、七箇の善日の中でも最上級の吉日です。結婚や祝い事に良い日です。 黒日(受死日)以外の凶日と重なった場合凶を消す。黒日(受死日)と重なると吉の力が打ち消される。

この日に病気や怪我などの凶事があると、悪化したり長引いたりする恐れがあるとされています。

【吉】結婚、祝い事
【凶】葬儀、病気、怪我、借金
母倉日
(ぼそうにち)
選日母のように天が人を慈しむ日とされる吉日。黒日以外の凶日と重なった場合、凶を消す。「結婚や土木・建築や造作の開始につながる行動が吉」とされ、何かを作り始めることにとてもいい日といわれています。【大吉】結婚、子作り、建築
【凶】なし
月徳日
(つきとくにち)
選日月徳日は「月の福徳を得られる日」とされ、万事に支障がない吉日です。住居の建築や改装など、土を動かすのに良い日。【吉】建築、修繕
【凶】なし
神吉日
(かみよしにち)
選日神吉日は「神様や仏様の御加護がある日」とされています。「神事、祭礼、遷宮、祈願など神事に関して万事において吉」と言われ神社への参拝や、祖先を祀る祭礼をするのに良い日。凶日と重なった場合には慎重に過ごした方がよい。【吉】神社参拝
【凶】なし
寅の日
(とらのひ)
干支虎は、千里を行って千里を帰るとして、旅立ちや、お金に関して良い日。【吉】金運全般、旅行
【凶】結婚
巳の日
(みのひ)
干支巳(へび)は、財宝や福徳を司る弁財天のお使いとされ、金運に良い日。【吉】金運全般
【凶】なし

縁起の悪い凶日

名称
(よみかた)
種類説明すると良い事【吉】、してはいけない事【凶】
仏滅
(ぶつめつ)
六曜何事も上手くいかない日。【吉】なし
【凶】結婚、取引、新しい事

(あやぶ)
十二直全てにおいて危険が案じられる日。【吉】なし
【凶】旅行、登山

(じょ)
二十八宿全てにおいて大凶。【吉】なし
【凶】結婚、訴訟、葬式
黒日
(くろび)
受死日
(じゅしにち)
選日受死日(じゅしにち)とも呼ばれる。
暦注の中で最悪の凶日。
天赦日と大明日と重なると凶が消える。
【吉】葬儀は障りなし
【凶】全て
不成就日
(ふじょうじゅにち)
選日何事も成就しないとされる凶日。【吉】なし
【凶】結婚、引っ越し、開店・開業、子の命名

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

タイトルとURLをコピーしました