【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は二十四節気の大雪の水曜日!試験や資格のおまじないに向いた日!明日は満月!

先負にやってはいけないことしてはいけないことと入籍やお祝い宝くじ

スポンサーリンク

先負にやってはいけないことしてはいけないことと入籍やお祝い宝くじ

午前中に運気の良い先勝と対のように知られる先負についてです。負けるという漢字が入っているために運気の悪い凶日に考えられそうな日ですが、決して縁起の悪い日ではありません。
先勝と違って、午前中が運気の悪い時間帯の先負はどんな意味があって何の日なのかをご紹介します。

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

先負はどんな意味でどんな日か、なんの意味か

六曜の一つである先負は「先ずれば即ち負ける」という意味で、「何事も先に急いではいけない」とされる日です。
広辞苑などでは「この日平静を守って吉、午前は凶、午後は吉。陰陽道で公事または急用を忌むという日」と書かれています。

先負はどんな意味、先勝との違い

先負は「先ずれば即ち負ける」という意味で、先勝は「先んずれば必ず勝つ」という意味です。
先負は急ぐことが凶となる日で「何事も控えめに行う日」「急いだり慌てたりすると凶」「平静を保つことで吉」とされています。先負はあまり派手に行動せず、静かにじっとしていることでトラブルから身を守り、厄を受けることのない日です。
何事も先んずれば勝つ!の先勝とは反対ですね!

先負の負けるという漢字が不運で不吉、凶

先負の「負」という漢字が「勝負事に負ける」「負債」「負担」などの不運なイメージを持つため、契約や訴訟、勝負事などは避けた方がいいという考え方もあります。

六曜(ろくよう)とは

六曜は「ろくよう」もしくは「りくよう」と読みます。毎日の吉凶(縁起の良し悪し)を占う暦の一つです。
先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の順番で6種類の「曜」があり、それぞれの曜に意味があります。その日の吉凶に加え、時間帯による吉凶や「やってはいけないこと」が存在しているのです。
この六曜は、14世紀ごろに中国から日本に伝えられた考え方といわれており、時代とともに名称や順序の変遷を経て現代の姿になったようです。

六曜の成り立ちについては「三国時代に諸葛亮孔明が孔明六曜星として確立し、それを用いて軍略を立てていたという説」と「鎌倉時代の終わり頃から室町時代にかけて日本に伝来し、勝つ、負ける、引く、などの賭博・賭け事の場から広まった説」などがあります。他にも、中国は唐の時代に天文学者の李淳風という人物が考案したという説もあります。

六曜の成り立ちや今日の六曜についてはこちらのページをご覧ください!

日付上は全ての日に六曜が当てはめられて、並び順も基本的に決まっています。「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の順番です。「先負」の基準日は、3月、9月の1日です。その日に「先負」を当てて、それ以降は順番に、先負・仏滅・大安・赤口・先勝・友引が配されてます。大安から数えると「先負」は3番目に来る日となります。
この基本の並び方より優先される決まり事として、旧暦1日ごとに必ず来る六曜があり、この順番通りにならない時があります。例えば、今回の取り上げる「先負」は、旧暦3月1日と9月1日には必ず配置されます。先負の前の六曜は通常なら、「友引」ですが、旧暦3月1日は2月31日が友引きではなかったとしても強制的に「先負」になり、並びがリセットされます。
たまに順番通りに来ないのにはこんな理由があったのですね!

六曜(ろくよう)の基準日

国会国立図書館の日本の暦より、六曜それぞれの基準日の表を引用しています。

吉凶を表す言葉①六曜 | 日本の暦
六曜基準日意味
先勝1月、7月の1日急ぐことは吉。午前は吉、午後は凶。
友引2月、8月の1日友を引く。祝い事は良いが葬式などの凶事を忌む。朝夕は吉、正午は凶など。
先負3月、9月の1日何事も控えめに平静を保つ日。午前は凶、午後は吉。
仏滅4月、10月の1日万事凶。葬式や法事は構わない。
大安5月、11月の1日万事大吉。特に婚礼に良い。
赤口6月、12月の1日凶日。特に祝事は大凶。火の元、刃物に要注意。正午は吉、朝夕は凶。

先負の読み方は「せんぶ」「せんまけ」「さきまけ」「せんぷ」

「先負」の読み方は「せんぶ」となります。その他に「せんまけ」「さきまけ」「せんぷ」などがあります。

先負と時間、午前は凶で午後は吉

「先負」は時間帯によって吉凶が異なる日です。一般的に言われるのは「先負の午前は凶、午後は吉」とされています。

先負の午後と午前は何時か

この先負における午前と午後は何時かについてですが、現代風に捉えて12時までという説と午後2時を意味す説の二通りがあります。
六曜を解説した本などでは午後2時までは凶とすることが多いです。六曜が盛んだった江戸時代では昼刻といえば午の刻、すなわち11時から13時の2時間を指していました。その後は13時から15時のの未の刻で有名な「昼八つ時」になります。
昼八つ時のちょうど半分である午後2時はまだお昼ということなんでしょうね。

先負の午前は凶、午後は吉

先負は午前は凶となりますので「午前中は急いだりせずに何事も起こさずにゆっくり過ごして、何かをするなら午後に行動した方がいい」という日になります。
そのため「先負」の日の午前中は、お祝い事を避けるのが一般的です。

先負とは反対に「先勝」(せんしょう、せんかち、さきかち)は「急いだ方が吉。午前は吉で午後は凶」になります。「なるべく先回りして行動すると良い日」とされています。

先負にしてはいけないこととやってはいけないこと、先負にしてもいいこと

それでは先負にしてはいけないこととやってはいけないことをご紹介します。

先負の日に結婚式や入籍などのお祝い事をしてもいいのか

午前は凶だが午後は吉の「先負」では、午後であれば結婚式や入籍、お見合いや七五三などのお祝い事をしても本当に問題ないのでしょうか。
先負には「負」という漢字が入っているため、マイナスなイメージを持っている人も多く本当に良い日取りかどうか気になるところです。

先負は六曜の中では四番目に縁起の良い日

先負は大安、友引、先勝に次ぐ4番目とされ、6つある六曜の中では決して縁起が良い日に関して上位とは言えません。しかし全てが悪い仏滅や赤口に比べるとマシな日であるとも言えます。
結婚式や入籍、お見合いや七五三などのお祝い事では、自分の都合だけではなく相手の都合や親族の都合、式場や寺社の都合も加味すると、なかなか大吉や友引ばかりを選ぶことは難しいです。

どうしても先負に結婚式や入籍、お見合いや七五三などのお祝い事をする方法

「先負」の日にお祝い事をするなら、午後からは吉とされているますので気になる午後に行うと良いでしょう。「大安」などの日に比べると、さまざまな予約も取りやすく、役所も混まないというメリットもあります。
先負は午後は吉と言われていますが、この吉は小吉くらいの吉で「何事も穏やかに」という日なのです。そのため大安、友引、先勝が難しかった時の候補として考えましょう。

先負の日に納車はしてもいい

「先負」の日に納車を行っても特に問題はありません。ただし、車は命に関わるような事故を起こすこともあります。その車が加護を得られるように少しでも縁起を担ぎたいなら午後の時間帯に行うといいでしょう。

ちなみに、六曜の中で最も納車に向いている日は「大安」です。反対に納車に向いていない日は「赤口」となります。「赤」という文字が、血を連想させるということからです。気になる方は参考にされてみてくださいね。

先負の日にお葬式などの弔事はしてもいい

法事やお葬式、通夜などの弔事は縁起を担ぐ行事ではありません。そのため「先負」の日に行っても問題ないといわれています。時間帯も気にする必要はありません。

お葬式や火葬で一番避けるべき日は「友引」です。「友を引く」という言葉から「故人を迎えに来た死者が友を連れいく」と考えられ、縁起が悪いと言われています。火葬場や葬儀社もお休みしていることが多いです。

先負の日に宝くじ

先負には負けるという漢字が入っているため、宝くじを買うと当たらなそうなイメージがありますね。
しかし、先負に宝くじを買って当たらないということはありません。
縁起を担ぐなら先負の吉の時間帯である午後に購入しましょう。
また、宝くじの高額当選者が買った日を調べたら仏滅が多かったというデータもあります。以外と「絶対当たる!」という予感の方がいいのかもしれません。

吉日・凶日の種類と説明

吉日と凶日の種類と説明です。先勝以外の吉日も見てくださいね!

縁起のいい吉日

名称
(よみかた)
種類説明すると良い事【吉】、してはいけない事【凶】
大安
(たいあん)
六曜何事にも大吉、物事を進めるのに良い日。【吉】結婚、引っ越し、開店、慶事
【凶】なし

(みつ)
十二直世の中の全てが満たされる良い日。【吉】建築・移転・婚礼など
【凶】なし

(き)
二十八宿「鬼が宿にいて外を出歩かない日」と言われ、全てにおいて良いとされる大吉日。二十八宿における最上の吉日。「鬼宿日(きしゅくび)」と呼ばれる。【吉】建築・移転・財布の新調・宝くじの購入
【凶】結婚
天赦日
(てんしゃにち)
選日“百神が天に上る日”とされる、最上の吉日。凶日と重なっても、凶を消すと言われる。ただし、慶事では少しでも痂皮があることを嫌うため、仏滅や不成就日などと重なると行わないことが多い。【吉】結婚、引っ越し、開店
【凶】なし
大明日
(だいみょうにち)
選日「天と地の道が開けて隅々まで太陽の光に照らされる日」と言われています。天と地が明るく照らされる、太陽の恵みを受ける大吉日です。凶日と重なっても、凶を打ち消すと言われています。【吉】結婚、引っ越し、開店、契約、建築、納車
【凶】隠しごとや悪事が明るみに出る
一粒万倍日
(いちりゅうまんばいにち)
選日一粒のモミから万倍もの実りをもたらすという意味の吉日。
他の吉日と重なると幸福度が倍になり、凶日と重なると半減する。
【吉】仕事始め、投資、開店、結婚
【凶】金銭や物を借りる
天恩日
(てんおんにち)
選日天恩日は「天の恩恵で万民が福を受ける」とされ、天から恩を受けることができる吉日とされ、七箇の善日の中でも最上級の吉日です。結婚や祝い事に良い日です。 黒日(受死日)以外の凶日と重なった場合凶を消す。黒日(受死日)と重なると吉の力が打ち消される。

この日に病気や怪我などの凶事があると、悪化したり長引いたりする恐れがあるとされています。

【吉】結婚、祝い事
【凶】葬儀、病気、怪我、借金
母倉日
(ぼそうにち)
選日母のように天が人を慈しむ日とされる吉日。黒日以外の凶日と重なった場合、凶を消す。「結婚や土木・建築や造作の開始につながる行動が吉」とされ、何かを作り始めることにとてもいい日といわれています。【大吉】結婚、子作り、建築
【凶】なし
月徳日
(つきとくにち)
選日月徳日は「月の福徳を得られる日」とされ、万事に支障がない吉日です。住居の建築や改装など、土を動かすのに良い日。【吉】建築、修繕
【凶】なし
神吉日
(かみよしにち)
選日神吉日は「神様や仏様の御加護がある日」とされています。「神事、祭礼、遷宮、祈願など神事に関して万事において吉」と言われ神社への参拝や、祖先を祀る祭礼をするのに良い日。凶日と重なった場合には慎重に過ごした方がよい。【吉】神社参拝
【凶】なし
寅の日
(とらのひ)
干支虎は、千里を行って千里を帰るとして、旅立ちや、お金に関して良い日。【吉】金運全般、旅行
【凶】結婚
巳の日
(みのひ)
干支巳(へび)は、財宝や福徳を司る弁財天のお使いとされ、金運に良い日。【吉】金運全般
【凶】なし

縁起の悪い凶日

名称
(よみかた)
種類説明すると良い事【吉】、してはいけない事【凶】
仏滅
(ぶつめつ)
六曜何事も上手くいかない日。【吉】なし
【凶】結婚、取引、新しい事

(あやぶ)
十二直全てにおいて危険が案じられる日。【吉】なし
【凶】旅行、登山

(じょ)
二十八宿全てにおいて大凶。【吉】なし
【凶】結婚、訴訟、葬式
黒日
(くろび)
受死日
(じゅしにち)
選日受死日(じゅしにち)とも呼ばれる。
暦注の中で最悪の凶日。
天赦日と大明日と重なると凶が消える。
【吉】葬儀は障りなし
【凶】全て
不成就日
(ふじょうじゅにち)
選日何事も成就しないとされる凶日。【吉】なし
【凶】結婚、引っ越し、開店・開業、子の命名

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

タイトルとURLをコピーしました