【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は土曜日、人を動かすおまじないの日。

厄年にやってはいけないこと厄年にやると良いこと男性女性

厄年にやってはいけないこと厄年にやると良いこと男性女性

女性の厄年は19才、33才、37才、61才、男性の厄年が25歳、42歳、61歳の時にあります。
女性は30代は前厄、後厄を含めるとほとんどの時期が厄年…しかし女の30代は昔と違い心も体も充実した最高に楽しい時期なのです。
厄年にやってはいけないことやると良いことを知って、もっと開運していきましょう!

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

厄年とは

厄災や心や体の障りが多く起こるので万事に気をつけなければならないとする年齢のことを厄年といいます。 数え年で女性の厄年は19才、33才、37才、61才、男性の厄年が25歳、42歳、61歳で、特に男の42歳と女の33歳は大厄 (たいやく) とされています。

起源は中国の陰陽五行説に基づく思想だと考えられています
日本では平安時代にはすでに中国から伝わっていたようで、厄祓いが行われていました。その風習は現代でも根強く残り、科学的根拠はないのですが、多くの方が信じています。

女性や男性、子供の厄年についてはこちらの早見表を見てくださいね!

また海外の厄年についてはこちらです!

厄年に起こる事

厄年では心や体に変調をきたしたり、人生の転機になるような事が起こったりする人が多いです。
それでは厄年に何が起こるか紹介していきます。

厄年には何が起こる?

数え年で女性の厄年は19才、33才、37才、61才、男性の厄年が25歳、42歳、61歳で、特に男の42歳と女の33歳は大厄 (たいやく) です。この年齢の時は、結婚、就職、昇進、転勤、転属、出産、退職、更年期など人生の転機となる出来事が起こる時期と重なっています。
人生で何か起これば、心にも体にも大きなストレスがかかります。また加齢による障りが出る年でもあるのです。
そのため厄年の時期は大きな病気をしたり、仕事でも差し障りがあったり、家族に問題が出たりと、要注意な時期なのです。

厄年で起こったことランキング

厄年に起こったことをアンケートされて集積したものを見つけましたので、引用させていただきます。

1位:大きな病気やケガ(13.4%)
「インフルエンザに2度かかった」(28歳男性)
「交通事故で骨折した」(40歳女性)
「手術が必要なほどの病気になった」(50歳男性)

2位:人間関係のトラブル(11.4%)
「親との関係が悪くなった」(39歳女性)
「人間性に問題がある上司とのトラブル」(49歳男性)

3位:失業や仕事のトラブル(8.8%)
「勤務先の倒産」(59歳男性)
「仕事上の顧客の減少」(46歳男性)

ほかにも、「事故や災難に遭遇」(6.0%)、「お金のトラブル」(4.6%)も厄年にあった不幸な出来事としてあげられました。

ちなみに、厄年にあたる女性の恋愛トラブルも目立ちました。厄年を経験した女性の10.0%、つまり10人に1人が、「長年付き合い、結婚も予定していたのにふられた」(38歳女性)、「厄年の時に離婚した」(36歳女性)などと、何らかの「厄年に恋愛トラブルがあった」と答えています。

3人に1人が「厄年には不幸があった」。いったい何があった? -
健康を害するのではないか、交通事故に遭うのではないか……。「厄年」には何かと不幸のイメージがつきまといます。「もしも」にそなえるため、厄年が近付くと、生命保険の加入や見直しを検討する人が少なくないのではないでしょうか。

やはり、病気や怪我が1位なんですね〜。そして人間関係のトラブル…。
大厄は男の42歳と女の33歳、この時期は女性も男性も仕事、結婚生活などが充実するのと同時に、肉体的な変化や社会的な変化が最も大きい時期です。20代ならできた無理が病気となってやってきたり、10年も会社で働けば敵も味方もできるものです。

厄年はいつがひどい?前厄、本厄、後厄で何が起こる?

やはり、大厄と言われる男の42歳と女の33歳のの役になります。厄年には前厄、本厄、後厄の三つがあり、合わせて三年は注意が必要とされており、この3年間はお祓いに行く方が多いです。特に本厄の年は要注意です。

前厄は本厄の前の年のこと、本厄とは一般的に厄年と言われる年齢、そして後厄は本厄の後の年になります。

厄年厄年に起こること
前厄厄の前兆が表れる年
本厄もっとも厄が表れる年
後厄厄の恐れが薄らいでいく年

厄年にやると良いこと2022

厄年にやると良いことは「お祓い」一択です。

躊躇されている方も前厄、本厄、後厄と続けていかれるか、本厄だけでも行かれるかした方がいいでしょう。

厄除け、厄払い、厄落としの違い

お祓いに行こうと思うと「厄除け、厄払い、厄落とし」と種類があります。それぞれ違いがありますので、ご紹介します。

お祓い払う内容
厄除け「災厄を寄せ付けないよう祈願する」もので、主にお寺でご祈祷を受ける
厄払いすでに自分の身についてしまった厄を神仏に祈ることとで取り払い、吉に転じる儀式
厄落とし厄年の厄を払う、落とすために行われる行事を指します。 もともとは、普段から身につけているものや大切にしているものを故意に落とすことを意味していましたが、現在では厄払いの行事として用いられることがほとんど

どれを選ばなければいけないという決まりは特にありません。普段からゆかりのある神社やお寺のやり方に従ったり、他の家族に合わせる人が多いようです。

厄年にやると良いこと 男性

男性の厄年は25歳、42歳、61歳、特に男の42歳は大厄 (たいやく) です。
この時にやるといいことはお祓いに行くになるでしょう。

厄年はやはり結婚、引越し、自宅の建設、転職、起業といった、人生の進路を変えるような思い切ったことは控えるべきという事が多いです。

しかし、厄年に結婚、自宅の建設、新規事業の開設といった慶事が厄を払って、悪い運気を寄せ付けないとする風習の地域もあります。新しい事や行動が新しい運気をもたらしてくれるのです。実際に厄年に引っ越しをして、祝い事が続いた方も多いです。特に自宅の建設や新規事業の開設などは複数の人の運気が絡む事なので、自分一人の運勢だけで決めない方がいいのかもしれません。

ご自身のお住まいの地域の風習を調べて、それに従うのが一番かもしれません。

厄年にやると良いこと 女性

数え年で女性の厄年は19才、33才、37才、61才、特に女の33歳は大厄 (たいやく) です。

女性が厄年にやるといいことはお祓いです。

しかし男性と違い、女性の厄年にはもう一つ注意したい事があります。
19才、33才、37才、61才は女性のホルモンバランスが崩れやすく、身体の調子が悪くなりやすい時期なのです。なるべく体を労って、バランスの良い食事に適度な運動をして、ストレスがかからないように過ごしたい時期です。
また、厄年には結婚、引越し、自宅の建設、転職、起業といった、人生の進路を変えるような思い切ったことは控えたほうが良いと言われています。もちろん、女性の場合も厄年に結婚、自宅の建設、新規事業の開設といった慶事を行うことで、厄を払う地域もあります。

厄年にやってはいけない事

厄年には結婚、引越し、自宅の建設、転職、起業といった、人生の進路を変えるような思い切ったことは控えたほうが良いと言われています。厄年は新しい事は控え、じっと大人しく過ごしている方がダメージが少ないという事です。

しかし、厄年でも結婚や転職、就職などをせざるを得ないときも多いです。厄年だからといって、せっかくのチャンスを逃せばその後、ずっと後悔します。
気になるならお祓いに行って、厄を祓ってことに臨みましょう。

60歳の厄年にやってはいけない事

男性の場合、60歳の還暦は厄年と重なっています。
この60歳の厄年…還暦のお祝いをしても差し障りはないのか気になりますね。神社によっては60年間無事に過ごしてきたことを神様に報告する「還暦参り」を受け付けているところもあります。
60歳まで頑張ってきたのですから、還暦のお祝いの前にお祓いに行って還暦参りもしてぜひお祝いしてくださいね!

厄年にやってはいけない事 結婚

厄年には入籍や結婚といった人生の大きな節目となることは控えた方が良い、と言われてはいます。しかし、明確に禁じたり、災いが起こるとしているものではなく、入籍や結婚をしても災厄が起きるものではありません。

ただ「厄年は災いの多い年だというイメージがありますので、気になる人は気になるものです。

そういう方は神社やお寺などでしっかり厄祓いをして、入籍・結婚して下さいね!

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

タイトルとURLをコピーしました