サイトをリニューアルしました。不具合があったらコメントしてね!
【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は月曜日です。自分を守るおまじない。今日は一粒万倍日!3月21日(木) 10:43に満月!卒業式、入学式、クラス替え、転職、新入社員…新しい環境に向かうおまじない

【冬の土用も夏の土用も】土用の丑の日の運気が上がる過ごし方、金運を上げるあじさいのおまじない

【冬の土用も夏の土用も】土用の丑の日の運気が上がる過ごし方、金運を上げるあじさいのおまじない

「土用の丑の日にはウナギ」と言われ、各スーパーさんやコンビニ、レストランなどでウナギフェアを行っていますね!
この「土用の丑の日にはウナギ」は江戸時代の発明家平賀源内が設定したもの、というのが定説になっています。
もともとは季節の変わり目に体力をつけよう!という行事から始まったようです。最近はうなぎで有名な夏の土用だけではなく冬の土用にもセールが開催されるようになりました。冬は大寒もありますので、こちらも運気を上げていきたいですね!

大寒の日のおまじない

スポンサーリンク

そもそも土用の丑の日とは何か?

ウナギを食べる夏の『土用丑の日』ですが、2019年7月27日です。
土用の丑の日と呼ばれる日は実は年に何度かあリます。春・夏・秋・冬にあります。4つの土用のそれぞれは、春土用、夏土用、秋土用、冬土用とも呼ばれ、大体の目安としては次のようになります。

  • 冬土用:1月後半~2月初め
  • 春土用:4月後半~5月初め
  • 夏土用:7月後半~8月初め
  • 秋土用:10月後半~11月初め

2019年の夏の土用の丑の日は7月27日

2019年の土用の丑の日は以下のとおりです。

1月28日、4月22日、5月4日、7月27日、10月31日

ちなみに2020年の土用の丑の日は下記になっています。
1月23日、4月16日、4月28日、7月21日、8月2日、10月25日、11月6日

風水の基礎となっている東洋暦で、季節が変わる二十四節気の立春、立夏、立秋、立冬。この4つの節気の前の18日間を土用と呼んでいるのです。丑は干支の「子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、兎(う)・・・」の丑のことで、土用の18日間の丑の日がいわゆる「土用の丑の日」になります。

2019年の土用期間は

  • 冬の土用
    2019年1月17日(木)冬の土用入り
    ↓(18日間)
    2月3日(日)冬の土用明け
    2月4日 立春

     

  • 春の土用
    2019年4月17日(水)春の土用入り
    ↓(18日間)
    5月5日(日・祝)こどもの日 春の土用明け
    5月6日(月)立夏

     

  • 夏の土用
    2019年7月20日(土)夏の土用入り
    ↓(18日間)
    ※8月27日(土)土用の丑の日
    8月7日(水)夏の土用明け
    8月8日(木)立秋

     

  • 秋の土用
    2019年10月21日(月)秋の土用入り
    ↓(18日間)
    11月7日(木)秋の土用明け
    11月8日(金)立冬

となっていますので、この期間の丑の日なんですね!

この「土用の丑の日」にはもともと「う」のつくものを食べると元気になると言われ「梅干し」や「うどん」などが食されてきました。季節の変わり目は病気にかかりやすく、流行病も多かったため殺菌作用のある「梅干し」、消化がよく力のつく「うどん」などを食べて健康に過ごしましょう、という知恵だったのでしょう。
そこに平賀源内が夏になかなか売れず困っていた「ウナギ」を食べて精力をつけて、夏を乗り切ろう!と言い出したわけです。
うなぎにはタウリンがたっぷり含まれていて、夏バテ予防にはぴったりでしたしね!

土用の丑の日には鰻もいいけど、土用餅に土用蜆、土用卵もあるよ!

土用の丑の日の鰻はとても有名で、夏になればスーパーでもコンビニでも競争のように売られていますね。最近はうなぎの稚魚が激減し、国産の鰻が高騰しているとか…確かに国産鰻、ものすごくお高いですね…。
ですが、土用の丑の日は、鰻を食べるだけの日じゃないのです!
「う」のつくうどんや梅干し以外にも「土用餅」と言うあんころ餅を食べる風習が京都や金沢を中心に今も残っています。
その昔、宮中の公家の間では、ガガイモの葉を煮出した汁で練ったお餅をみそ汁に入れ、土用入りの日に食べると暑気あたりしないと言われていたのです。
このガガイモの葉のお団子が年月を経て、あんころ餅になりました。あまり知られていない風習ですが、最近では和菓子屋さんだけではなくコンビニやスーパーでもこの土用餅を見かけるようになってきました。
三重県伊勢市(伊勢神宮)の「赤福」や「御福餅」はこの土用餅にぴったりな銘菓です。年に一度は食べたいですね。

そして土用に食べる物のもう一つは「土用蜆」です。
夏に旬を迎えるしじみは夏の土用が一番美味しいとき!
「土用しじみは腹ぐすり」ということわざが残っているほど、江戸時代から土用の入りは「しじみ」というのが庶民の定番でした。
江戸、すなわち東京では蜆が名産品で、しじみには二枚貝の中でも良質なたんぱく質を豊富に含み、アミノ酸の一種であるタウリン、アラニン、グリコーゲンなど、肝臓の働きを助けてくれる作用がある栄養に富んだ食材なのです。
鰻を食べるほど食欲が無くても、しじみのお味噌汁なら美味しくいただけるかもしれません。

さらに土用卵というのもあります。夏の土用の期間に取れる卵は滋養に飛んでいると言われ、夏バテを防ぐと言われています。
そして冬の土用期間は大寒や寒の入りに重なる時期…この時期の卵は大寒卵、寒卵と呼ばれ一年の金運、健康運を授けてくれる大変縁起のいい卵となっています。

大寒の日のおまじない

恐ろしいほど暑い夏ですが、しじみや鰻、あんころ餅で乗り切っていきましょう!
そして運気も上げていきたいですね!
季節の食べ物は食べるだけでも運気アップ!!

土用の丑の日は運気を上げるための準備日!

風水ではこの立春、立夏、立秋、立冬の4つの節気は運気が切り替わる日だと言われています。この日を境に天界からの気の流れが変わるのだそうです。
運気がいつも安定していい人は、常に先を読んでいることが多いものです。行き当たりばったりで行動して、いいことがあった!ように見せかけておいて、実は綿密に計算されていたり…。
運気は非常に移り変わりのあるものです。運気がいいのを良いことに、適当に物事を進めていると大変な目にあったりします。ぜひ、土用の丑の日からは、自分の周りを見回してちょっと気をつけて暮らしてみてくださいね!
また、これまで運気が上がらず困っていた人は、逆にチャンスの時かもしれません。
部屋を掃除して不要物を捨てる、人気のあるスポットでパワーを分けてもらう、運気の上がっている友達と楽しく出かける、など運気上昇のきっかけになりそうなことをして、運気を上げるべく準備を整えましょう!

夏の土用の丑の日の紫陽花のおまじないで、金運アップ

紫陽花の綺麗な時期になりましたね!
紫陽花の花言葉は英語圏では「移り気」「高慢」「冷酷」などちょっと悲しい感じですが、日本では「平和」「家族団欒」など素敵な意味が多いお花です。
あのたっぷりと重そうで、優しいそうなお花は、まさに初夏の花としてふさわしいでしょう。
また、日本に古くから伝わる言い伝えとして、「出入口に植えておくとお金が貯まる」「家の中にアジサイを生けると小遣いに困らない」などがあり、金運アップに良い縁起の良い花です。
もともと商売繁盛のおまじないとして軒下に蜂の巣を吊るす風習がありました。この蜂の巣がたくさんの花をつける紫陽花と取って代わったようです。

この紫陽花、夏の土用の丑の日の朝に2枝摘んで、玄関の外と内に吊しておき、花びらを4枚とって、白い紙に包んでお財布や通帳に挟んでおくと、次の土用の丑の日までお金に困らないそうです。
ちなみに吊るし方は白い紙に包んで水引をかけ、花を下にして吊るすそうです。

この行い方には諸説あり、一つはトイレに飾るといいと言われたりします。
またこのおまじないを夏至の日に行う、というものや、6月の6のつく日に行って、トイレに飾ると婦人病にかからない、年を取ってからシモの世話にならない、などもあります。

夏至の日のおまじない

地域によってかなり違うみたいで、関西では特に多いおまじないです。

紫陽花、私もとても好きな花です。鎌倉のあじさい寺…ハート型の紫陽花を待ち受けにすると恋が叶うとか…。私も探しに行きたい!

ハートの紫陽花

コメント 読むとモチベーションアップ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました