サイトをリニューアルしました。不具合があったらコメントしてね!
【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は木曜日です。木曜日は金運アップのおまじない!今日はホワイトデー!今日は満月、 10:43に満月!そして春分の日!卒業式、入学式、クラス替え、転職、新入社員…新しい環境に向かうおまじない

立秋!夏の節分で運気をあげる!

plum-939348_640

最近はセブンイレブンやイオンなどでかなり力をいれてプロモーションをかけている、夏の節分についてです。

今年の夏の節分は8月6日の土曜日です!のの字巻き、恵方巻きなど食べるのが楽しみです!

前回の土用の丑の日の記事も合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

節分は年に4回

節分とは「季節を分ける」つまり季節がかわる日のことで、立春・立夏・立秋・立冬の前日にあり、1年に4回あります。
日本では特に立春の節分が有名で、恵方巻きの丸かぶりや豆まきをして鬼や邪を払っていますね!

節分の由来、土用の丑の日との関係

もともと中国からやって来た節分。これは陰陽五行思想から成っています。自然は木火土金水の5つの元素から成り立っているので、これをそれぞれ季節にあてはめます。春は木、夏は火、秋は金、冬は水で、土が余ります。
そこで、各季節から最後の18日間を土に当てはめてこれが土用の期間になります。18日が4回で72日間あり、ちょうど365日の5分の1といわけで、うまくできていますね。

この季節の変わり目は運気の変わり目、これまで運気が低めだと感じていた方も、この期間を境に運気が上がるかも知れません。

2016年土用の期間

  • 冬土用:1月18日~2月3日
  • 春土用:4月16日~5月4日
  • 夏土用:7月19日~8月6日
  • 秋土用:10月20日~11月6日

最初の日を「土用入り」最後の日を「土用明け」というそうです。
入りの日によって18日間でない場合も…約18日間と解釈してくださいね。

土用の注意事項

ちなみに土用にはしてはいけないことがあります。

土を掘り起こす作業をしない

土用の期間は、土を司る神様(土公神さま)が支配しているので、土にふれないようにしましょう。
建築屋さんなども、縁起をかついでこの期間は作業を休みがちにするところもあるそうです。
ただ生活には困りますので、間日(まび)というものがあります。

土用の間日(まび)

土公神が天上に行かれて、地上をみなくなる「間日(まび)」には土を掘り起こしても大丈夫です。

冬土用の間日:寅・卯・巳の日
※2016年は1月21日・22日・24日・2月2日・3日
春土用の間日:巳・午・酉の日
※2016年は4月17日・18日・21日・29日・30日、5月3日
夏土用の間日:卯・辰・申の日
※2016年は7月20日・21日・25日、8月1日・2日・6日
秋土用の間日:未・酉・亥の日
※2016年は10月20日・28日・30日、11月1日

夏土用に運気を上げる方法、するといいこと

暑中見舞いをだす

懐かしい人や、お世話になった人に連絡をとってみましょう。土の神様がつかさどるこの時期は人の縁を大切にする時期です。

部屋のインテリアを整え、衣類や書物の虫干しをする

土の神様がつかさどる土用は、足元固めの時期です。出掛けたり物事大きく動かそうとするよりも、部屋を居心地良くする事に力をつかいましょう。
家中を整理して不用品を捨て、新しい運気を取り入れていきましょう!
また虫干しを行う時期でもあり、じめじめを追い出して、カビや雑菌から衣類や書物を守るのに必要でした。

梅干しの天日干し

梅干しの天日干しはこの夏の土用に行うのが良いとされています。
梅雨も明け、風通しも良く成る時期、美味しい梅干をつくる知恵ですね!
梅干しの天日干しを失敗すると、良くないことが起こる、という言い伝えがありますが、「梅干しもうまく干せない天気では体調も崩す」ということなのかもしれませんね。

「う」のついたもの、黄色いものを食べる

ウナギ、うどん、梅干しなどや南瓜、トウモロコシを食べると運気が上がる、とされています。

コメント 読むとモチベーションアップ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました