【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は火曜日です。勝利のおまじないに向いた日。

大寒の過ごし方、運気アップのおまじない!2022年の大寒は1月20日!

大寒の過ごし方、運気アップ!2021年は1月20日
今年は寒波に見舞われて、大雪が各地で続いてますね〜!!!そして大寒の日が近づくにつれ寒くなってきました。
大寒らしい季節になりました。暦の中で一番寒い日、大寒についてです。

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

大寒とは

大寒は、二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、春分(しゅんぶん)や秋分(しゅうぶん)もそのひとつです。
この大寒の日は太陽と地球の位置から決まります。
だいたい1月20日前後になり、2022年は1月20日です。

二十四節気は立春から始まり、大寒で終わります。冬の最も寒い最後の時、それが大寒です。

寒の入り(小寒)

2022年の大寒の日(節入り日)は1月20日です。2022年の大寒の期間は1月20日から2月3日までです。あまり有名ではないですが、この寒の入り(小寒)の日から2月3日までを寒と言います。寒中水泳や寒中見舞いなどはこの寒の間に行われます。

寒の入りと寒の明けの期間

二十四節気で小寒→大寒→立春となるこの期間を「寒」と呼びます。

寒とは、暦の上で寒さが最も厳しいとされる期間のこと。寒中、寒の内ともいう。 二十四節気の小寒の日から立春の前日までの約30日間で、大寒の日がほぼ中間となる。小寒の日を寒の入り、立春の日を寒明けという。 寒中見舞いが出され、後半には寒稽古が行われる。

寒 - Wikipedia

寒の入りは「小寒」で一年で最も寒さが厳しい時期の始まりを意味しています。その後の「大寒」は一年中で最も寒さが厳しい時期を意味します。そして、寒の明けである「立春」が寒さの終わり、すなわち春の始まりを意味しているのです。
立春になれば梅も咲き始め、春の匂いがしてきますよね〜。

寒中見舞いも大寒に

寒中見舞いは暑中見舞いと同じで、この大寒の時期に出す物でした。しかし近年はもらった年賀状の返事や喪中葉書の返事などに使われることが多いですね。
寒中見舞いを出すのは松の内(1月7日)があけてから立春(2月4日)までが最適です。投函は1月末、大寒前後がマナーです。

  • もらったけど返信していない年賀状への返事
  • 喪中の人への寒中見舞いや喪中はがきへの返事
  • 喪中にもらった年賀状への返事
  • 喪中と知らずに間違って年賀状を出したときのお詫びとして

二十四節気(にじゅうしせっき)とは

二十四節気(にじゅうしせっき)とは、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたものです。大まかに15日間隔ですね。

季節二十四節気名新暦の日付
立春(りっしゅん)1月節2月4日頃
雨水(うすい)1月中2月19日頃
啓蟄(けいちつ)2月節3月5日頃
春分(しゅんぶん)2月中3月21日頃
清明(せいめい)3月節4月5日頃
穀雨(こくう)3月中4月20日頃
立夏(りっか)4月節5月5日頃
小満(しょうまん)4月中5月21日頃
芒種(ぼうしゅ)5月節6月6日頃
夏至(げし)5月中6月21日頃
小暑(しょうしょ)6月節7月7日頃
大暑(たいしょ)6月中7月23日頃
立秋(りっしゅう)7月節8月8日頃
処暑(しょしょ)7月中8月23日頃
白露(はくろ)8月節9月8日頃
秋分(しゅうぶん)8月中9月23日頃
寒露(かんろ)9月節10月8日頃
霜降(そうこう)9月中10月24日頃
立冬(りっとう)10月節11月7日頃
小雪(しょうせつ)10月中11月22日頃
大雪(たいせつ)11月節12月7日頃
冬至(とうじ)11月中12月21日頃
小寒(しょうかん)12月節1月5日頃
大寒(だいかん)12月中1月21日頃

2022年の二十四節気

2022年の二十四節気です。

名称日付
立春(りっしゅん)2022年2月4日(金)
雨水(うすい)2022年2月19日(土)
啓蟄(けいちつ)2022年3月5日(土)
春分(しゅんぶん)2022年3月21日(月)
清明(せいめい)2022年4月5日(火)
穀雨(こくう)2022年4月20日(水)
立夏(りっか)2022年5月5日(木)
小満(しょうまん)2022年5月21日(土)
芒種(ぼうしゅ)2022年6月6日(月)
夏至(げし)2022年6月21日(火)
小暑(しょうしょ)2022年7月7日(木)
大暑(たいしょ)2022年7月23日(土)
立秋(りっしゅう)2022年8月7日(日)
処暑(しょしょ)2022年8月23日(火)
白露(はくろ)2022年9月8日(木)
秋分(しゅうぶん)2022年9月23日(金)
寒露(かんろ)2022年10月8日(土)
霜降(そうこう)2022年10月23日(日)
立冬(りっとう)2022年11月7日(日)
小雪(しょうせつ)2022年11月22日(火)
大雪(たいせつ)2022年12月7日(水)
冬至(とうじ)2022年12月22日(木)
小寒(しょうかん)2022年1月5日(水)
大寒(だいかん)2022年1月20日(木)

2022年の「雑節」一覧

「雑節」とは、二十四節気・五節句などの暦日のほかに、季節の移り変りをより適確に掴むために設けられた「特別な暦日」のことです。二十四節気と同じく年によって日付が変わります。

名称日付
冬の土用(どよう)2022年1月17日(月)
節分(せつぶん)2022年2月3日(木)
春の社日(しゃにち)2022年3月16日(水)
春の彼岸(ひがん)入り2022年3月18日(金)
春の土用(どよう)2022年4月17日(日)
八十八夜(はちじゅうはちや)2022年5月2日(月)
入梅(にゅうばい)2022年6月11日(土)
半夏生(はんげしょう)2022年7月2日(土)
夏の土用(どよう)2022年7月20日(水)
二百十日(にひゃくとおか)2022年9月1日(木)
二百二十日(にひゃくはつか)2022年9月11日(日)
秋の彼岸(ひがん)入り2022年9月20日(火)
秋の社日(しゃにち)2022年9月22日(木)
秋の土用(どよう)2022年10月20日(木)

大寒の日に運気が上がるおまじないの水と寒仕込み

この大寒の日に汲んだ水は痛まない、という言い伝えがあります。
寒さのために雑菌の少ない時なのでそう言われているのでしょう。そしてこの日に汲んだ水には特別な霊力があると言われており、この日に荒業(滝に打たれたり、水垢離をしたりします)を行うと霊力が開くといわれています。

荒業はできませんが大寒の日はお風呂にゆっくり浸かって、できたら早朝にお水を汲んでたくさん飲んでくださいね!

寒仕込みは大寒の日から

一年で最も寒いこの日、お味噌やお酒、凍み豆腐、寒天などを仕込む風習が日本各地に残っています。
一年で一番寒いこの日、朝一番に汲んだお水は寒さのためか冷たく澄んで腐りにくい不思議なパワーをもつ水とされてきました。この水を使って仕込むからこそおいしくなるというわけです。
寒仕込みの日本酒なんて、よくありますがこの日に仕込まれたお酒なんですね!
最近は手作り味噌も流行っていますので、この日に手作りのお味噌を仕込んでみるのもいいかも知れません。

寒の入りから9日目に汲んだ寒九の水

大寒の水だけではなく、寒の入りから9日目に汲んだ「寒九の水」は病も治すほど良質とされています。特に酒造りではこの水を使えば最高の酒ができるといわれています。

大寒卵で金運、健康運、運気アップのおまじない!大寒で運気が上がる食べ物

この大寒の日に生まれた卵、大寒卵を食べると金運、健康運がモリモリ上がる、と言われています。
食べたその年はお金に困らない、金運が二倍になる!などいろいろあります。
寒さにも負けずに生まれた卵を食べ、栄養をつけることが運気アップにつながるのでしょう。
大寒の日に食べる必要はありませんが、大寒卵を使った大寒スイーツなどが出ていていかにも運気アップしそうです!
もし売られているのを見たら、ぜひ食べてみてくださいね!
大寒卵が売られていなくても、大寒の時期に生まれた卵を食べるのもありです。最近は売られている卵に産卵日のあるものも増えました。購入するときにチェックしてくださいね!大体、1〜3日で出荷されてきますので、翌日以降が狙い目です。
また寒の入りの「小寒」から「大寒」、そして、寒の明けである「立春」までの期間に生まれた卵は寒卵と呼ばれ、大寒卵と同じく金運アップ、健康運アップのラッキーフードです!毎年1月5日から2月3日(その年によってずれることも…)までの間の卵は開運フードです。
大寒卵だけではなく、この時期は卵料理をたくさんチョイスしてくださいね!

私も毎年大寒卵を購入しています。やっぱり金運って重要ですよね!

楽天で大寒卵を探す

この田子たまご村は、 「満天☆青空レストラン」で紹介されたこともあって、大寒たまごは入手が困難なんですよ〜。でもすごくおいしかったです。

ぜひ、皆さんも美味しい卵を食べてくださいね!そして美味しい卵を教えてくださいね!

大寒の火伏せのおまじない、厄除のおまじない

さて、大寒のおまじないには、金運アップのおまじないの大寒卵だけではなく、火伏せのおまじないもあります。
大寒の日の朝一番に、組んだお水には大変なパワーがあり、一年置いても腐らないとされてきました。このお水を一升瓶にいっぱい入れて、台所のシンクの下に置いておくと、火伏せ(火事にならない)のおまじないになるのです。
大寒は一年で一番寒い時期。その時期は寒さで微生物もいなくなり、腐敗しないためでしょう。現代ではちょっと当てはまらないおまじないかもしれませんが、大寒の朝に組んだ水にはパワーがあります。ぜひ、そのお水を一升瓶にいっぱいではなくても取って置かれると、厄除けになりますよ!

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました