恋愛のおまじない

復縁、両思い、連絡がくる強力な恋のおまじないと魔術の公式サイト。無料占い、好きな人に会える、メールやLINEが来るおまじない、恋に効く、恋愛運がアップする、絶対効果のあるおまじないです。

こどもの日は端午の節句!端午の節句で運気をあげる過ごし方

      2018/05/02

a1380_000125

端午の節句の由来

もう少しで子どもの日、端午の節句です。
鯉のぼりが勇ましく空を泳ぎ、緑が濃くなりはじめる季節です。
桃の節句、雛祭りと同じく五節句の一つとなります。

五節句とは?

端午の節句と同じく、五節句にあるのは下記になります。

  • 人日(じんじつ)の節句(1月7日)七草粥を食べて1年の無病息災を願う
  • 上巳(じょうし)の節句(3月3日)雛人形を飾って女の子の成長と良縁をねがう桃の節句、お雛祭り
  • 端午の節句(5月5日)鎧兜や鯉のぼりを飾り邪気を払って男の子の武運長久を祈る
  • 七夕(しちせき)の節句(7月7日)笹に短冊を吊るして願い事をする(お盆とする説もあります)
  • 重陽(ちょうよう)の節句(9月9日)菊を浮かべた酒や菊の花を飾って長寿を願う

端午の節句、こどもの日は薬摘みの日

この日、昔は薬摘みの日として菖蒲を摘んだそうです。菖蒲が転じて尚武となり、端午の節句になったとか。元々は菖蒲やヨモギを軒先に吊るして、厄払いをした日なのですが、江戸時代から武士たちの中で尚武に転じて、跡継ぎの男の子を祝う日となったようです。その風習が町民にも広がっていきました。

 

端午の節句で運気をあげよう

古来からある行事を大切にして、楽しむだけで運気はあがります。ぜひ、こどもの日を楽しみましょう。

菖蒲湯に浸かる

菖蒲は刃先が剣のように尖っており、邪気を払う賭されています。この菖蒲をお風呂に入れて、厄払いをし無病息災を願いましょう。また、菖蒲の根は香り高く、薬として重宝されていました。

またヨモギと一緒に軒先につるす地域もあります。

菖蒲の葉を枕の下に入れる

菖蒲の葉を一枚枕の下に入れて眠ると邪気をはらい、無病息災になると言われています。

柏餅を食べる

柏餅は、柏の葉に上新粉とくず粉(片栗粉)を混ぜてつくった「しんこ餅」に、あんを挟んだものを、柏の葉を二つ折りにして包んだお菓子の事です。寛永年間(1624~1644)頃にはすでに登場していました。
この柏餅、中国由来の行事が多い中で、珍しく日本発祥のものです。
柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないという特徴があるので、冬の間も枯れ葉になっても落ちず、そのまま新芽がでます。 「子供が産まれるまで親は死なない」即ち「家系が途絶えない」という縁起に結びつけ、「柏の葉」は「子孫繁栄」につながります。
柏餅を食べて、運気をあげましょう!

粽(ちまき)を食べる

柏餅が日本のオリジナルな一方、粽は中国の行事とセットで日本へ伝わってきました。
中国は戦国時代、紀元前278年ごろのことになります。
楚(そ)の国の高名な詩人、屈原(くつげん)は国王の側近としてつかえ、人々からも慕われていました。しかし陰謀のため国を追われることになった屈原は、ついに川に身を投げてしまったのです。その日は5月5日。屈原の死を悲しんだ人々は、葉で巻いた蒸し米をたくさん川に投げ入れて弔いました。
ところが漢の時代に、里の者が川のほとりで屈原の幽霊に出会います。
幽霊曰く、「皆が毎年供物を捧げてくれるのは有り難いが、私に届く前に悪い龍に盗まれてしまう。だから、今度からは龍が苦手にしている楝樹(れんじゅ)の葉で米を包み、五色の糸で縛ったものを投げてほしい」 と言いました。

それ以来、楝樹(れんじゅ)の葉で米を包み五色の糸で縛って川へ流すようになりました。これが粽の始まりと言われています。屈原の故事から、中国では五月五日の節句には、節物として粽を作り、親戚や知人に配るという習わしが生まれました。

そしてこの風習が日本にも伝わって、端午の節句となったのです。
端午の節句で飾られる五色の糸もここからきたのかも知れませんね。

ちちんぷいぷいのおまじない、その由来と効果

端午の節句となると思い出すおまじないが「ちちんぷいぷい」です。「ちちんぷいぷい、痛いの痛いの飛んで行け」と小さな子供が転んだ時などに唱えているのを聞いたことがあるでしょう。
この言葉は「チチンプイプイ御代(ゴヨ)の御宝(オンタカラ)」というのが古くから伝わる言い方になっています。
語源は江戸幕府3代目の将軍である徳川家光の乳母である春日局が元となっています。
彼女は家光公がまだ竹千代と呼ばれていた幼少期に、彼が泣くと
「智仁武勇は御代の御宝」(ちじんぶゆうはごよのおたから)
と唱えたのだそうです。
「知恵とやさしさと武力と勇気を持つあなたは徳川家の宝なのよ、泣かずに大きくおなり」
という意味で、将来将軍として世を治める竹千代が力強く賢く優しく育って欲しいという彼女の願いが込められたものだったのでしょう。
この「智仁武勇(ちじんぶゆう)」が庶民に伝わり「チチンプイプイ」に変わったと言われています。

この端午の節句も、子供に健やかに育って欲しいという親の願いが詰まった祭事です。竹千代を育てた春日局も同じ気持ちだったのだろうと思うと、とても感慨深いおまじないです。

また、この「チチンプイプイ」にはもう一つ由来があり、民俗学者・柳田国男が唱えた説で「屁こき爺」という昔話によるものです。
竹取を生業とする老爺が、よその地主の山に竹を取りに入ったところ、運悪く地主の殿様に見つかってしまいました。とっさに老爺は「私は日本一の屁こき名人です」と言ってしまう老爺。殿様が「ではこいてみろ」というのに「チチンプイプイ」という見事な屁をこきました。喜んだ殿様が褒美をとらせ、老爺はとがめもなく褒美で裕福になったという話です。

この話から「チチンプイプイ」は幸福招来の呪いであるとされたそうです。
どちらの由来にしろ、幸運そうなおまじないであることには間違いありません。端午の節句にお子様のために、自分の幸運のために唱えてみるといいでしょう。

この記事のカテゴリーはこちらです。他のおまじないも見てみましょう!

 - その他のおまじない





  関連記事

ネガティブな気持をなくすおまじない

連休もおわり、明日から仕事開始の方も多いでしょう。 毎日の生活の中で貯まったネガ …

あなたの元を去った恋人(元彼、元カノ)が後悔する白魔法

元恋人を後悔させるおまじないは「ジプシーのろうそくチクチクのおまじない」が有名で …

面接や就活がうまく行くおまじない

春です。そろそろ就活を本格的に始動する方が多いのではないでしょうか。 面接がうま …

義理の家族に困っている時のおまじない

義理の家族に困っているときのおまじないです。 目次です。「開ける」を押してね!1 …

イースターの願いが叶う卵のおまじない!

今年もイースターがやってきました! なんとなく幸せになりますね!2018年は四月 …

おまじないへの質問、体験談、感想などをコメントください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


  関連記事

お仕事で疲れた心をクレンジングするおまじない

今週も一週間が始まりましたね! 年度末はどこの会社も忙しいものです。 忙しくて疲 …

古い友達から連絡が欲しい時のおまじない

連絡の取れなくなった古い友人から連絡が欲しい時のおまじないです。 元彼の知り合い …

イースターのおまじない

イースターはハロウィンと並んで魔力の高まる日。キリストが復活したこの日はもう一度 …

おまじないをやめたい時の儀式

「あれ?なんだか調子がよくない…」「おまじないでお願いしたのに、叶わないどころか …

あなたの元を去った恋人(元彼、元カノ)が後悔する白魔法

元恋人を後悔させるおまじないは「ジプシーのろうそくチクチクのおまじない」が有名で …