【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は木曜日です。木曜日は金運アップのおまじない!

お雛祭り、お雛様のおまじない、恋愛運アップの方法

お雛祭り、お雛様のおまじない、恋愛運アップの方法

もうすぐ雛祭りです。女の子だけのお祭りには、結婚運をあげる、恋人を引き寄せる、女性の全体運をあげる日でもあります。ぜひこの日に特別なおまじないをしていきましょう!
雛祭りの過ごし方や、恋愛運アップの方法です。

スポンサーリンク

お雛様の由来

雛人形は「上巳の節句」に、人形(ひとがた=藁などで作った人形)で体を撫で、穢れを移したものを川に流し厄払いをする行事と、貴族の女児が行っていた紙の人形のおままごと遊びである「ひいな遊び」が合わさってはじまったようです。

平安時代には年中行事として『五節句』というものがありました。

五節句について

「節」は季節の変わり目という意味です。昔から日本人は奇数を縁起が良い数として好無傾向がありましたが、奇数が重なると偶数になることからこれらの日に穢れを祓う目的で節句が行われるようになりました。

  • 1月7日 『人日(じんじつ)』…七草の節句・七草がゆ
  • 3月3日 『上巳(じょうし)』…桃の節句・ひな祭り
  • 5月5日 『端午(たんご)』…菖蒲の節句・こどもの日
  • 7月7日 『七夕(しちせき)』…笹の節句・星祭
  • 9月9日 『重陽(ちょうよう)』…菊の節句

1月1日は元旦として別格扱いなので、7日をあてるようになったと言われています。これらの節句は、無病息災を願い、身体の邪気を祓うための大切な行事でした。

もともと3月3日の『上巳』の節句は、年齢性別の関係なく、人々がワラや草で作った人形(ひとがた)で身体を撫でて穢れを移し、それを川や海に流すことで穢れを祓う行事でした。

同じ頃、平安貴族の子女の間では『ひいな遊び』という、紙の人形をつかったおままごとのような遊びがありました。「ひいな」とは小さくて可愛らしいもののことをさしています。

やがて紙で作った男女一対の人形を川や海に流して穢れを祓う『流しびな』が行われるようになり、これがひな人形の始まりと言われています。

室町時代になると、紙ではなく立派な人形が作られるようになり、人形は流すものではなく飾る物へと変わっていきました。

江戸時代になると『上巳』が女子の節句として定められ、ひな人形はより豪華なものへと変化していき、武家や商家などの富裕な階級では嫁入り道具の一つとされるようになりました。

その後も時代に合わせて様々な人形が作られるようになり、次第に現在のひな人形の形になりました。

お雛様を飾って恋愛運アップ!

お雛様をもう飾っていない方も多いかもしれません。ご自分のお雛様を持っていたら開けて飾ってあげましょう。飾る時期は節分が過ぎてからが一般的です。
もしなければ、折り紙でもいいです。小さなものでもいいです。お雛様を飾って、雛祭りが過ぎたらしまいましょう。(しまう時期には諸説有り、4月過ぎても飾る地方があるようですが、一般的にはひな祭りが終わった当日か翌日にはしまうようです。)
早く仕舞わないと「婚期が遅れる」という言い伝えがありますが、「厄払いとしてのひな人形をいつまでも出すと厄がもどってしまう」「早く片付けない=だらだらした家の女の子=しつけがなっていない」「ひな人形が結婚の様子なので、出しっ放しでは結婚が遅くなる」という所から始まったようです。

雛飾りを飾る、恋愛運アップ、結婚運アップのおまじない

ひな祭りで一番簡単なおまじないは雛人形を飾る、というものです。
今は100円ショップでも可愛いミニミニお雛様が売られています。そして、ここが重要なポイントなのですが、雛人形を飾ったら、三月三日には必ずひなあられや菱餅(ひなケーキでもいいですよ〜)などを飾って、自分でも食べましょう!
そして、さらに大切なのは三月三日の夜には、お雛様に「ありがとうございました、今年もいい運をお願いします」と感謝とあなたの願いを伝えてしまいましょう。
お雛様自体は、地域によっては4月中も飾るところがありますが、必ず夜に感謝を込めてしまうのです。そして翌年のひな祭りの前(三月三日より前)には再び取り出して、今年の願いを伝えて飾ってあげましょう。

雛飾りを飾る、恋愛運アップ、結婚運アップのおまじないが効いた、叶った、効果あった口コミ体験

自分だけの雛人形を毎年飾ると、恋愛運が上がって恋の願いが叶うって聞いて、去年から百円ショップの雛人形を出してる。去年出した後に、会社で気になる人ができて、年末に告白されて付き合うことになりました。今年は結婚したいって、お願いするつもりです。
雛人形を毎年飾ってます。飾らない時よりすごくモテるようになって、これまで全然縁がなかったのに、去年から恋人ができたよ〜。

ひな祭りに桃のお花を飾って恋愛運、結婚運アップのおまじない

桃のお花は邪気を払い、恋愛運をアップしてくれます。ひな祭りではなくても飾りたいお花…。ちなみに桃の香りを寝室に使うと子宝に恵まれるというジンクスまであります。
ひな祭りには、お部屋に桃のお花を飾りましょう。

恋愛運アップのその他のおまじない(美しくなるとか彼氏ができるとかもあり)
恋愛運アップのために自分を美しく磨くことは大切なことです。 美しくなるためのおまじないや、いいことがあるおまじない、恋愛運も運気の一つ、アゲアゲなおまじな...

桃を食べる雛祭りのおまじない

お雛祭りの日に、缶詰でいいので桃を食べましょう。桃の実はとてもおめでたくて、神聖な実です。恋愛運をあげ、邪気を払ってくれる食べ物です。特におひな祭りの三月三日に桃を食べることで、恋愛運、結婚運、女性の全体運が上がります。
そしてせっかくのお雛様です。桃の素敵なスイーツで女子会を開くのもいいでしょう。

おひな祭りは、女の子のお祭りとして女性を多く呼び集めて祝ったものでした。せっかくの三月三日は気のおけない仲間と桃を食べる女子会をお勧めします。

ちなみに片思いが叶うおまじないにピーチ味のカクテルを飲むというものがあります。

【片思いが叶う】絶対に恋が叶うおまじない【超強力・即効】
絶対にこの恋を叶えたい!!恋をすればみんな盲目です。 特に効果が高く、「恋が叶った」「告白された」「両思いになった」「片思いが叶った」と口コミが多いも...

ピーチ味のお酒もいいですね!

雛祭りに食べる行事食とその由来、効用

せっかくの雛祭りです。食べ物は上記の桃だけではなく伝統的な行事食も食べましょう。
それぞれ由来があり、ひな祭りに食べると邪気を払って運気をあげてくれます!

菱餅

三つの赤(桃の花をイメージ、邪気を払う)・白(雪のイメージ、清浄さ)・緑(ヨモギで健康に)のエネルギーを取り込み、菱形の大地を食べることで、病や災いを追い出し健康で元気で過ごす

ひなあられ

白色は雪、緑色は木々の芽、桃色は生命をあらわしている、というものと白、赤、緑、黄の4色は季節を表していて、女の子の一年が健やかに過ぎるように願っている、という説があります。

白酒

白酒は体から邪気を払います。大人になれば飲めますので、これまで甘酒だった方も飲んでみましょう。甘酒も栄養分がたっぷりで捨てがたいですが、やはりひな祭りは白酒です!

甘酒と白酒の違い

甘酒は、ご飯やおかゆなどに米こうじを混ぜて保温し、米のデンプンを糖化させたもので、アルコールをほとんど含まない甘い飲み物です。
白酒は、みりんや焼酎などに蒸したもち米や米こうじを仕込み、1ヶ月程度熟成させたもろみを、軽くすりつぶして造った酒のことをいいます。
農林水産省のページより

はまぐり

ぴったりと二つの貝があわさる様子が、すてきな結婚相手を連れてくるそうです。

ちらし寿司

おせちと一緒で具材に意味があります。
れんこん:先を見通す
海老:長寿
豆:健康でまめに働ける

などです。

素敵な雛祭りを過ごしてくださいね!

コメント 読むとモチベーションアップ

  1. ユキ より:

    好きな人を落としたいです。
    いいおまじないは、ありますか?

  2. 匿名 より:

    ありがとうございます!
    未来日記ですが、それっぽいことを最近やり始めてました…笑
    運気が上がるよう、部屋を掃除したり、おまじないの前にはお風呂に入ったりと行動に気をつけようと思います!

    • 02omajinai より:

      °+(*´∀`)b°+°
      きっとお掃除パワーが運気を上げてくれますよ!
      願いが叶いますように!

      • ユキ より:

        ありがとうございます。
        本気で、本当に、ありがとうございます。ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

  3. 匿名 より:

    このおまじないの質問ではないのですが、卒業式で好きな人から第二ボタンをもらいたいんです。
    「好きな人から物がもらえる」みたいなおまじないなどあったりしますでしょうか…?
    関係がなくてすみません!!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました