【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は丙戌で赤口の水曜日!試験や資格のおまじないに向いた日!

お雛様の本当の意味と食べ物と行事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お雛様の本当の意味と食べ物と行事

お雛様の由来や歴史、本当の意味、お雛様の食べ物の意味や行事についてです!
お雛様とは誰なのかなどお雛様の本当の意味についてです!

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

ひな祭りの本当の意味と由来

ひな祭りやお雛様の意味や由来についてです。なぜ三月三日に雛人形を飾るようになったのか、どうして女の子のお祭りなのか…これには色々な理由があります。

ひな祭りの本当の意味、上巳の節句

雛人形は「上巳の節句」に、人形(ひとがた=藁などで作った人形)で体を撫で、穢れを移したものを川に流し厄払いをする行事と、貴族の女児が行っていた紙の人形のおままごと遊びである「ひいな遊び」が合わさってはじまった…というのがよく言われるお雛様の通説です。
しかし、このひな祭りの由来に関してはさまざまな説があり、特に厄祓いのために川に流されていた人形が、なぜ飾るようになったのかについては、その経緯を伺うことができる文献はほとんどありません。

さてこの上巳の巳は巳の日の巳です!巳の日は金運に良い日で弁天様の御縁日ですね!

巳の日にやってはいけないことするといいこと買い物支払い契約食べ物借金2024
巳の日は弁財天様の日!金運が上がる日と言われています。 この巳の日についてご紹介です!借金、支払い、契約、買い物などやっていいいこととやってはいけないことについ...

平安時代の五節句とひな祭り

平安時代には年中行事として『五節句』というものがありました。
「節」は季節の変わり目という意味です。昔から日本人は奇数を縁起が良い数として好無傾向がありましたが、奇数が重なると偶数になることからこれらの日に穢れを祓う目的で節句が行われるようになりました。奈良時代に中国から伝わったと言われています。
日本では、稲作中心の生活リズムに合わせて、うまく適合させてきました。昔はたくさんの節句がありましたが、江戸時代に幕府が節句を元に公的な祝日とした5つの節句が現代まで残っています。

1月1日は元旦として別格扱いなので、7日をあてるようになったと言われています。これらの節句は、無病息災を願い、身体の邪気を祓うための大切な行事でした。

ひな祭りの本当の意味はひいな遊び

もともと3月3日の『上巳』の節句は、年齢性別の関係なく、人々がワラや草で作った人形(ひとがた)で身体を撫でて穢れを移し、それを川や海に流すことで穢れを祓う行事でした。

同じ頃、平安貴族の子女の間では『ひいな遊び』という、紙の人形をつかったおままごとのような遊びがありました。「ひいな」とは小さくて可愛らしいもののことをさしています。やがて紙で作った男女一対の人形を川や海に流して穢れを祓う『流しびな』が行われるようになり、これがひな人形の始まりと言われています。

室町時代になると、紙ではなく立派な人形が作られるようになり、人形は流すものではなく飾る物へと変わっていきました。

上巳の節句の元となる徐肇

この「上巳の祓い」の元は漢の時代の中国に遡ります。ただしこの話はちょっと眉唾な気がします。

昔々、中国は漢の時代に徐肇(じょちょう)という男がいました。ある年の三月の初めに、徐肇は三人の娘を授かりました。ところが三人の女の子はみんな3日で亡くなってしまったのです。
娘の死を嘆き悲しむ徐肇に代わって、村人たちは酒で徐肇の娘たちの亡骸を清め川に流して弔いました。

この徐肇の娘が亡くなったのが三月の最初の巳の日だったと言われています。この徐肇の娘が亡くなったこと、その娘を水葬にしたこと、それらが三月の最初の巳の日に厄を祓う儀式となり、「上巳の祓い」が始まったという説になります。

3月3日の雛祭りは本当は不吉な日?

お雛様の上巳の節句は「上巳祓い」を行う日でした。上記に徐肇の逸話を掲載していますが、この徐肇の逸話は本当かどうかはちょっと眉唾です。
もう少し信憑性の欠けるのが中国の陰陽道からという説になります。

3月3日は3という奇数が重なる日…これは陰陽では「陽の極まる日」で不祥日、すなわち不吉な日なのです。中国では奇数を陽数として好み、偶数を陰数として嫌う思想があり、「一」は陽の本源、「二」は陰の本源で陰陽の本源が合体して、森羅万象を創り出すと考えらていました。陽数は三から始まり九に極まる、また奇数(陽)が重なると陰になります。この奇数が重なった状態を不吉として厄払いの行事が行われました。これが「上巳祓い」となります。いかにももっともらしく感じますが、巳の日はどこに行ったんだ…となりますね…。

この「上巳祓い」では人の厄をのせた身代わり人形を川や海に流して、厄払いを行うものです。この「ひいな流し」がひな祭りの元となった…という説です。
ただ3月3日に厄払いをした、というのは確実なので、なぜそれが祝いの日となったのか、日本では独特の発展をたげたのか、その後の変遷がとても気になりますね。

日本書紀の曲水の宴がひな祭りの由来?

「曲水の宴」というと平安貴族!という感じですが、これも中国発祥だと言われています。水辺に出て禊ぎ・祓いを行う風習である「曲水の宴」は秦の昭王の時代から始まりました。3月3日あるいは3月の最初の巳の日に催され『蘭亭序(王羲之が催した修禊の雅会で詠まれた詩集の序文として自ら書写した草稿)』に353年の3月3日に開かれたとあります。
この曲水の宴は日本にも伝わり、485年3月に宮廷の儀式として催されたことが、日本書紀に記されています。この曲水の宴で汚れを移した人形を流したのがひな祭りの由来とも言われているんですよ。

江戸時代に制定された五節句

江戸時代になると幕府によって「五節句」の制度が定められました。古代に大陸から伝来し、根付いていた節句の行事を公式の祝日として位置づけたものです。『上巳』が女子の節句として定められ、ひな人形はより豪華なものへと変化していき、武家や商家などの富裕な階級では嫁入り道具の一つとされるようになりました。

その後も時代に合わせて様々な人形が作られるようになり、次第に現在のひな人形の形になりました。

雛人形の本当の意味、お内裏様って誰のこと?

「うれしいひなまつり」という童謡の歌詞に「お内裏様とおひな様」という部分がありますね。このお内裏様とおひな様って一体誰のことを指しているのでしょうか。

お雛様は結婚の儀

内裏というのは宮廷における天皇の私的区域のことです。御所(ごしょ)、禁裏(きんり)、大内(おおうち)などとも呼ばれます。紫宸殿は内裏の正殿になり、雛人形はその紫宸殿にて行われた天皇陛下と皇后さまの結婚の儀をもしたものです。
そう、雛人形というのは陛下と皇后様のように幸せな結婚をする、女の子の幸福を願っているのです。

お内裏様って陛下と皇后様二人のこと、じゃあお雛様は?

雛人形が陛下と皇后様の結婚の儀となると、お内裏様は即ち陛下と皇后様お二人のことになります。
すると「お内裏様と おひな様、二人ならんで すまし顔」の部分に問題が生じてきます。お雛様も女雛と男雛で一対として扱いますので、並ぶのは「二人じゃなくて四人」になってしまうのです。

サトウ ハチローの「うれしいひなまつり」は間違ってる?

「うれしいひなまつり」の歌詞を生み出したサトウ ハチローは日本を代表する詩人です。
サトウ ハチローは文化水準の高い家庭に生まれたのですが、父親の浮気による離婚から反発し、中学を退校、勘当、感化院入りなどを繰り返し、そして詩人となっています。ちなみに東京や神奈川、千葉などの小中学校の校歌を大量に作詞されています。卒業した学校の校歌がサトウ ハチローだという方も多いでしょう。

サトウ ハチローはもう亡くなっているので、この歌詞について詳しく聞くことはできませんが、メロディ上「お内裏様と おひな様」が収まりが良く、さらに陛下と皇后様を歌詞に練り込むのには抵抗があり、「お殿様とお姫様」もひな祭りらしくないので「お内裏様と おひな様」が苦肉の策だったのかもしれません。
お雛様という言葉自体には「雛人形すべて」という意味もありますので、特別な内裏雛とそのほかの雛人形、という気持ちで一旦区切り、お内裏様だけが「二人ならんで すまし顔」につなげたのかもですね!

「うれしいひなまつり」
あかりをつけましょ ぼんぼりに
お花をあげましょ 桃の花
五人ばやしの 笛太鼓
今日はたのしい ひなまつり
お内裏様(だいりさま)と おひな様
二人ならんで すまし顔
お嫁にいらした 姉様に
よく似た官女の 白い顔
金のびょうぶに うつる灯(ひ)を
かすかにゆする 春の風
すこし白酒 めされたか
あかいお顔の 右大臣
着物をきかえて 帯しめて
今日はわたしも はれ姿
春のやよいの このよき日
なによりうれしい ひなまつり

日本では知らない人を探す方が難しいほど浸透した、ひな祭りの代表曲でしょう。
和のメロディと随所にある「もも」「白酒」「ぼんぼり」「五人囃子」「官女」「はれ姿」「春」というひな祭りを連想させる歌詞…自分の未来に健やかな願いを持つ小さな女の子が、楽しみしていたひな祭りを余すことなく表現しています。

作曲した河村光陽は東京音楽学校(現:東京芸術大学大学院)卒業後、東京都文京区の国立竹早小学校で音楽教師を務めながら作曲活動をし、1934年に『グッドバイ』が大ヒット!翌年にポリドール・レコード、1936年にはキングレコードの専属作曲家となり、音楽教師を辞めてプロの作曲家となった人物です。
この「うれしいひなまつり」もそうですが、楽しいのに懐かしい、でもどこか悲しい胸にグッとくる曲をたくさん作曲しています。耳に残るメロディラインが特徴です。
みなさんが聞いたこのある曲をたくさん作っているんですよ〜!

お雛様を飾って恋愛運アップ!

お雛様をもう飾っていない方も多いかもしれません。ご自分のお雛様を持っていたら開けて飾ってあげましょう。飾る時期は節分が過ぎてからが一般的です。
また、二十四節気の雨水に飾ると良縁に恵まれるという風習もあります!
もしなければ、折り紙でもいいです。小さなものでもいいです。お雛様を飾って、雛祭りが過ぎたらしまいましょう。(しまう時期には諸説有り、4月過ぎても飾る地方があるようですが、一般的にはひな祭りが終わった当日か翌日にはしまうようです。)
早く仕舞わないと「婚期が遅れる」という言い伝えがありますが、「厄払いとしてのひな人形をいつまでも出すと厄がもどってしまう」「早く片付けない=だらだらした家の女の子=しつけがなっていない」「ひな人形が結婚の様子なので、出しっ放しでは結婚が遅くなる」という所から始まったようです。

雛祭りの食べ物と行事とその由来と意味

せっかくの雛祭りです。食べ物は上記の桃だけではなく伝統的な行事食も食べましょう。
それぞれ由来があり、ひな祭りに食べると邪気を払って運気をあげてくれます!

菱餅

三つの赤(桃の花をイメージ、邪気を払う)・白(雪のイメージ、清浄さ)・緑(ヨモギで健康に)のエネルギーを取り込み、菱形の大地を食べることで、病や災いを追い出し健康で元気で過ごす

ひなあられ

白色は雪、緑色は木々の芽、桃色は生命をあらわしている、というものと白、赤、緑、黄の4色は季節を表していて、女の子の一年が健やかに過ぎるように願っている、という説があります。

白酒

白酒は体から邪気を払います。大人になれば飲めますので、これまで甘酒だった方も飲んでみましょう。甘酒も栄養分がたっぷりで捨てがたいですが、やはりひな祭りは白酒です!

甘酒と白酒の違い

甘酒は、ご飯やおかゆなどに米こうじを混ぜて保温し、米のデンプンを糖化させたもので、アルコールをほとんど含まない甘い飲み物です。
白酒は、みりんや焼酎などに蒸したもち米や米こうじを仕込み、1ヶ月程度熟成させたもろみを、軽くすりつぶして造った酒のことをいいます。
農林水産省のページより

はまぐり

ぴったりと二つの貝があわさる様子が、すてきな結婚相手を連れてくるそうです。

ちらし寿司

おせちと一緒で具材に意味があります。
れんこん:先を見通す
海老:長寿
豆:健康でまめに働ける

などです。

素敵な雛祭りを過ごしてくださいね!

お雛様のこと、雛人形のこと

お雛様についてもっと知りたかったら、下記の記事も読んでね!

 

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

タイトルとURLをコピーしました