【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は満月、仏滅で乙未の月曜日です。自分を守るおまじない。

卯の日2023年やるといいことやってはいけないこと田植えと子宝祈願

スポンサーリンク

卯の日2023年やるといいことやってはいけないこと子宝祈願

2023年は卯年、ということで卯の日についてです。
卯の日は子宝祈願に良い日と言われています。多産、繁栄のシンボルであるウサギの日についてご紹介します!

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

卯の日

卯の日は、干支(えと)である十二支のうちの卯が12日ごとに巡ってくる吉日です。
卯は4番目となります。東の方角の意味を持ち、「卯の刻」と言われる時間は5時から7時になります。

卯の日の読み方は「うのひ」

卯の日の読み方は「うのひ」になります。

干支と十二支

十二支とは紀元前の中国で、使われ始めた暦や時間を表すものです。
子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)の12種類の動物によって構成されています。
昔の中国では年を数える時に使われていたのが木星の動きで、人々は木星の位置で年を数えていました。そして木星の公転周期が12年であるために天を12等分し他のです。これが十二支の起源となります。子から亥の12個の漢字は、中国で数を表していたんだそうですよ〜。
この十二支を王充(おういつ)という人物が動物の名前に変更し、現在の干支となったのです。

卯の日にすること

それでは卯の日にすること、するといいことのご紹介です。

卯の日にすることするといいこと、初卯詣

「初卯詣」という言葉を聞いたことがない人も多いと思います。
これは「はつうもうで」と読み、「初詣(はつもうで)」とはちょっと違います。
「初詣(はつもうで)」は、「その年最初に参詣すること」ですが、「初卯詣(はつうもうで)」は「新年最初の『卯(う)』の日に参詣すること」を言います。

うさぎを神獣としてまつっている神社は全国にいくつかあります。うさぎの繁殖力の強さにあやかって、子宝祈願や安産祈願で人気ですよ〜。

初卯についてはこちらの記事を読んでくださいね!

初卯の日2023年1月9日卯杖と卯槌と亀戸天神
初卯は「はつう」と読みます。これはその年始まって最初の卯の日のこと。 この初卯の初卯詣や卯にまつわる神社をご紹介します。 令和5(2023)年の「初...

卯の日にすることするといいこと、子宝祈願や安産祈願

卯年は動物だとうさぎになります。うさぎは妊娠率が⾼く多産な動物で、その繁殖⼒の強さにあやかり⼦宝・⼦授け祈願、安産祈願を神社お寺で⾏うと⼦宝に恵まれる、安産になると⾔われています。

卯の⽇にしてはいけないことやてはいけないことダメなこと

卯の⽇にしてはいけないことやてはいけないことダメなことのご紹介ですが、ここに書かれていることのほとんどは「俗信」となります。
非常に地域色が強く、お住まいの地域やご家庭によっては全く知ることはないでしょう。そのため、聞いたことがなければ「そんなこともあるんだ〜!」程度に読んでくださいね!

卯の日は葬式や結婚式をしてはいけない、 卯の日重ね

「卯の日重ね」という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか?
これは「うのひがさね」と読みます。「卯重ね(うがさね)」とも呼ばれます。
「卯の日重ね」は「十二支の卯の日は、吉事を行なうと重なるからよく、凶事はますます悪くなる」という俗信のことを言います。
続けて死者が出ることを避ける「友引」に少し似ていて、お葬式が続かないように卯の日に葬儀や墓参りなどの凶事を避けたようです。
ただし吉事でも婚礼は2度あると困るので避けたようです。

卯の日に田植えをしてはいけない

卯の日には田植えを休む、田植えをしてはいけない、という俗信があります。
この風習は「卯の日重ね」と違い、かなり多くの地域で信じられています。

卯の日に田植えをしてはいけない理由

この卯の日に田植えをしない理由は色々ですが、下記のような理由が多いです。
ここには書かれませんが、休む間もない田植えに12日に一度回ってくる卯の日くらい休もうや、の気持ちも大きいようです。

  • 卯の⽇は⽥の神様も休む⽇(もしくは留守にする⽇)なので⼈も休むこと
  • 卯の⽇に⽥植えをするとその年のお⽶を⾷べられない⼈が家族に出る
    (⾷べられない⼈というのは病気になったり、亡くなってしまう⼈が出てしまうという意味)
  • 卯の⽇に⽥植えをすると、⼀家の⼤⿊柱場が地に埋(卯)まって死ぬ

卯の日に餅をついてはダメ!

この餅つきは卯の日を避ける、というのも俗信です。卯の日に餅つきをすると月に連れて行かれる「神隠しに遭う」と云う俗説があります。詳しくは餅つきのダメな日について読んでくださいね!

餅つきダメな日餅をつく日2023年
年末になって大晦日が近づけばお餅をつくご家庭も多いでしょう。 このお餅を鏡餅にしたり、お雑煮用や正月用ののし餅にしたり…。 この餅をつくのもダメな日...

卯の日にしてはいけないことと坎日

卯の日に「田植え」「葬式」「餅つき」などをしてはいけない、というのはどうも坎日(かんにち)からきたものではないかと推測しています。
坎日(かんにち)は九坎日とも呼ばれ、陰陽道での忌み日になります。1月の辰 (たつ) 、2月の丑 (うし)、3月の戌 (いぬ)、4月の未 (ひつじ)、5月の卯 (う)、6月の子 (ね) 、7月の酉 (とり) 、8月の午 (うま) 、9月の寅 (とら) 、10月の亥 (い) 、11月の申 (さる) 、12月の巳 (み) の日を指していました。
平安時代にはすでにあったようです。この日の外出や種まきなどは凶として避けました。

ちょうど田植えの季節の5月は卯の日が坎日になります。そのため凶日としての坎日が残り、卯の日の田植えを避けたのかもしれません。餅つきも、年末だけに行われるものではなく、田植えの前の豊作祈願にも行われていましたので、そこから不完全な形で伝わったのかもしれません。
この坎日は地方によってかなり異なり、長野県と高知県では酉の日が田植えのできない日であったり、熊本では午の日だったりします。

2023年の卯の日

日付六曜卯の日 うのひ旧暦
1月9日(月)大安丁卯(ていぼう/ひのとう)2022年12月18日
1月21日(土)大安己卯(きぼう/つちのとう)2022年12月30日
2月2日(木)赤口辛卯(しんぼう/かのとう)2023年1月12日
2月14日(火)赤口癸卯(きぼう/みずのとう)2023年1月24日
2月26日(日)友引乙卯(いつぼう/きのとう)2023年2月7日
3月10日(金)友引丁卯(ていぼう/ひのとう)2023年2月19日
3月22日(水)友引己卯きぼう(きぼう/つちのとう)2023年2月1日
4月3日(月)友引辛卯(しんぼう/かのとう)2023年2月13日
4月15日(土)友引癸卯(きぼう/みずのとう)2023年2月25日
4月27日(木)仏滅乙卯(いつぼう/きのとう)2023年3月8日
5月9日(火)仏滅丁卯(ていぼう/ひのとう)2023年3月20日
5月21日(日)大安己卯(きぼう/つちのとう)2023年4月2日
6月2日(金)大安辛卯(しんぼう/かのとう)2023年4月14日
6月14日(水)大安癸卯(きぼう/みずのとう)2023年4月26日
6月26日(月)先勝乙卯(いつぼう/きのとう)2023年5月9日
7月8日(土)先勝丁卯(ていぼう/ひのとう)2023年5月21日
7月20日(木)友引己卯(きぼう/つちのとう)2023年6月3日
8月1日(火)友引辛卯(しんぼう/かのとう)2023年6月15日
8月13日(日)友引癸卯(きぼう/みずのとう)2023年6月27日
8月25日(金)仏滅乙卯(いつぼう/きのとう)2023年7月10日
9月6日(水)仏滅丁卯(ていぼう/ひのとう)2023年7月22日
9月18日(月)大安己卯(きぼう/つちのとう)2023年8月4日
9月30日(土)大安辛卯(しんぼう/かのとう)2023年8月16日
10月12日(木)大安癸卯(きぼう/みずのとう)2023年8月28日
10月24日(火)赤口乙卯(いつぼう/きのとう)2023年9月10日
11月5日(日)赤口丁卯(ていぼう/ひのとう)2023年9月22日
11月17日(金)友引己卯(きぼう/つちのとう)2023年10月5日
11月29日(水)友引辛卯(しんぼう/かのとう)2023年10月17日
12月11日(月)友引癸卯(きぼう/みずのとう)2023年10月29日
12月23日(土)先負乙卯(いつぼう/きのとう)2023年11月11日

うさぎ年・卯年一覧と卯年生まれの年齢早見表

記は年齢早見表でうさぎ年・卯年生まれの人の年齢を一目で分かります。
2023年の年齢となっています。次の卯年は2034年辛卯 (かのとう)となっています。

生まれ年(和暦)満年齢十二支干支
2023年生まれ
(令和5年)
0歳卯(うさぎ)癸卯 (みずのとう)
2011年生まれ
(平成23年)
12歳卯(うさぎ)辛卯 (かのとう)
1999年生まれ
(平成11年)
24歳卯(うさぎ)己卯 (つちのとう)
1987年生まれ
(昭和62年)
36歳卯(うさぎ)丁卯 (ひのとう)
1975年生まれ
(昭和50年)
48歳卯(うさぎ)乙卯 (きのとう)
1963年生まれ
(昭和38年)
60歳卯(うさぎ)癸卯 (みずのとう)
1951年生まれ
(昭和26年)
72歳卯(うさぎ)辛卯 (かのとう)
1939年生まれ
(昭和14年)
84歳卯(うさぎ)己卯 (つちのとう)
1927年生まれ
(昭和2年)
96歳卯(うさぎ)丁卯 (ひのとう)
1915年生まれ
(大正4年)
108歳卯(うさぎ)乙卯 (きのとう)
1903年生まれ
(明治36年)
120歳卯(うさぎ)癸卯 (みずのとう)
1891年生まれ
(明治24年)
132歳卯(うさぎ)辛卯 (かのとう)
1871年生まれ
(明治12年)
144歳卯(うさぎ)己卯 (つちのとう)

卯年生まれの有名人

  • 永野芽郁  1999年生まれ
  • 長澤まさみ 1987年生まれ
  • 米倉涼子 1975年生まれ
  • 松重豊 1963年生まれ
  • 小林薫  1951年生まれ

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

タイトルとURLをコピーしました