【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は辛卯で友引の金曜日は愛のおまじないの日。モテモテになる媚薬のおまじないや待ち受けを変更して恋の願いを叶えましょう。

七夕🎋のスピリチュアル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

七夕のスピリチュアル

七夕は織姫と彦星が出会うロマンチックな愛の日…しかし、その背後には深いスピリチュアルな意味が隠されています。七夕は、中国から日本に伝わったロマンティックな物語で、天の川を挟んだ恋人たち、織姫と彦星の物語を描いています。ここでは、そのスピリチュアルな意味について紹介します。

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

七夕の物語、織姫と彦星

七夕は「たなばた」または「しちせき」とも呼ばれる古くから行われている日本のお祭り事で、五節句(人日(1月7日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、重陽(9月9日))のひとつです。

七夕の由来は奈良時代に中国から伝わってきた「乞巧奠(きこうでん)」という風習と、日本の神事であった「棚機(たなばた)」の風習が混じり合って誕生したもというのが主力です。
平安時代にはすでに宮中行事として行われており、宮中では桃や梨、なす、うり、大豆、干し鯛、アワビなどを供えて星をながめ、香と音楽と詩歌を楽しみました。
このときすでに「短冊に願い事を書く」という原型があり、サトイモの葉にたまった夜つゆを「天の川のしずく」として、それで墨を溶かし梶の葉に願いを込めた和歌を書いていました。梶はクワ科の木で、古くから神聖な木とされ、祭具としてよく使われています。
この里芋の葉に願いを書く風習が江戸時代には庶民に広がり、笹の葉に願いを書くものになり、現在の短冊に書いて笹の葉に吊るすスタイルになりました。

織姫と彦星

織姫様と彦星様の物語を紹介しますね!

天の神、天帝の娘である織女(織姫)と、牽牛(彦星)という牛飼いの青年は、とても愛し合っていましたが、その愛情が高じて仕事を疎かにしてしまいます。その結果、天帝に罰せられ、天の川の両岸に引き離されるのです。二人は泣いて悲しみ、何も手につかなくなってしまいます。その悲しみを見て、天帝は毎年7月7日だけ二人が会えるように取り計らったのでした。

七夕のスピリチュアル

織姫と彦星の愛の物語と思える七夕ですが、スピリチュアル的にはどんな意味があるのでしょう。

七夕のスピリチュアル、七夕は自分の使命に気がつく日

七夕はスピリチュアルな観点から見ると、”自己の使命に気づく日”と解釈できます。織姫と彦星は、愛に溺れ自分の職務を疎かにした結果、罰を受けるのです。二人は年に一度会うために、また元の日常に戻ります。これは自己の役割や魂の成長を再認識する日とも言えます。

七夕のスピリチュアル、七夕は厄払いの日

元々奇数が重なる7月7日は「陰と陰が重なる」特別な日でした。
上巳の節句であるお雛様が女の子の穢れを払う日であったように、七夕も穢れを払う日なのです。
七夕の付近には6月30日に大祓え、7月2日に半夏生があることからもこの日が半年分の厄を落とした方が良い日なのがわかりますね!

七夕のスピリチュアル、七夕は陰陽のバランスが戻ろうとする日

七夕は”陰と陽が統合する日”とも解釈できます。織姫(陰=女性性)と彦星(陽=男性性)が一年に一度出会うことから、この日は自分自身の内なる陰陽、つまり、男性性と女性性のバランスを見つめ直す絶好の機会とも言えます。

七夕のスピリチュアル、恋愛運が上がる

七夕は”恋愛運がアップする日”とも言われています。愛し合う織姫と彦星が一年に一度だけ会えるこの日は、恋人たちが絆を確認し、新たなステップを踏み出す絶好の日と言えるでしょう。

7という数字から考える七夕のスピリチュアル

七夕という行事は、7月7日に行われます。この日付には、いくつかのスピリチュアルな意味が存在します。また、数字の7もまた、神秘的な力を持つと言われています。それでは、七夕と数字7とのスピリチュアルな関連について説明します。

七夕と7月7日

七夕は7月7日に行われることから、「7」はこの祭りにとって特別な数字です。この日は、天の川が最も美しいとされる夜で、人々は自分の願い事を書いた短冊を笹に結びつけ、その願い事が天に届くことを願います。

また、七夕は中国の伝説に基づいています。牛飼い星(アルタイル)と織女星(ベガ)は一年に一度だけ、7月7日の夜に天の川を越えて会うことが許されています。これは、「7」が絆や愛を象徴することを示しているとも解釈できます。

数字7のスピリチュアルな意味

数字の7は、世界的に見ても神秘的な数とされています。7つの海、7つの大陸、一週間の7日、虹の7色など、自然界や文化において7は重要な数字とされています。

スピリチュアルな観点から見ると、7は完成や完全性を象徴します。また、神聖な数字ともされ、高次元のエネルギーを持つとされています。さらに、7は直感や内省、精神的な覚醒を表すとも言われています。

七夕と数字7

以上のことから、七夕と数字7は深く結びついていると言えます。七夕は願い事を神に託す祭りであり、その日付である7月7日や願い事の数である「7」は神聖で完全性を表す数字であるため、これらの結びつきは願い事が叶う可能性を高めると言えるでしょう。

また、7が直感や精神的な覚醒を表すとすると、この日は自己の内省に適した日とも言えます。それは、自分自身の真の願いや目標を探求し、それを短冊に書き留める良い機会であると言えます。

総じて、七夕と数字7のスピリチュアルな関連性は、自己の内省と願望の実現に重要な役割を果たしていると言えるでしょう。

七夕の願い事を叶えるスピリチュアルなポイント

七夕の夜、短冊に願い事を書き、それを笹に飾るという習慣は、日本全国で行われています。では、どのようにすれば願い事はより叶いやすくなるのでしょうか。ここではそのポイントをご紹介します。

願い事の内容によって短冊の色を選ぶ

七夕の歌には「五色の短冊」のフレーズがあります。この五色とは、「青(緑)、赤(朱・紅)、黄、白、黒(紫)」のことで、それぞれが中国の五行思想に基づいています。それぞれの色には、特定の意味があります。

青:自己の成長や他人への思いやり
赤:感謝や愛情
黄:人と人とのつながり
白:約束や決意を守ること
黒:学びを深めること
例えば、愛情に関する願いであれば赤い短冊、自己の成長や学びに関する願いであれば黒い短冊を選びましょう。

自分主体で具体的に願い事を書く

次に、願い事を自分が主体となって、具体的に書くことが重要です。例えば、「好きな人に告白されますように」よりも、「自分から好きな人に告白をしますように」の方が、自己が主体となった具体的な願い事と言えます。具体的な日付や期間を設定することも、願いをより現実的なものにします。

ポジティブに他人も幸せになる願い事を書く

最後に、自分だけでなく、他の人々にも幸せをもたらすような願い事を書くことが良いとされています。その願いが叶った際に、自分だけでなく、周囲の人々も幸せになることは、最高の結果と言えるでしょう。ただし、他人の不幸を願うような願い事は避け、ポジティブで愛に満ちた願い事を心がけましょう。

以上が七夕の願い事を叶えるための3つのポイントです。七夕のこの特別な夜に、自分の願いが叶うよう心から願い、その願いが自分だけでなく、周囲の人々にも幸せをもたらすことを願いましょう。

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

タイトルとURLをコピーしました