【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は一粒万倍日、戊午で仏滅の日曜日、再会のおまじない。

半夏生のスピリチュアルにタコと食べ物2024

スポンサーリンク
スポンサーリンク

半夏生のスピリチュアルにタコと食べ物

夏至が過ぎれば半夏です。半夏生は雑節の一つで、古くは物忌の日でした。
この半夏生に食べるもので有名なのはタコですね!
この日のスピリチュアルややってはいけないこと、食べ物についてご紹介します。

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

半夏生とは

半夏生は、日本の七十二候の1つで、半夏(烏柄杓)という薬草が生える頃、またはハンゲショウ(カタシログサ)という草の葉が半分白くなって見えることから名付けられました。

半夏生はいつ2024

かつては夏至から数えて11日目とされていましたが、現在では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日と定義されています。これは毎年7月1日頃に当たります。
2024年は7月1日です。

半夏生のスピリチュアル

半夏生は昔から「天から毒が降る 地から毒が涌く」と言われ、この日には井戸に蓋をしたり、この日に汲んだ水を妊婦に飲ませないようにしたり、野菜も半夏生の日に取ったものは食べないようにしていたそうです。物忌み(ものいみ)の日だったんですね。
「物忌み」は特定の期間に神事などを行うために、ある期間汚れを避けること…。ちょうど暑くなる前に行うのは非常に理にかなっていたのでしょう。
この日に土地神様、荒神様をお祭りする地方も多いです。ご近所の夏祭りなども参加してみると楽しそうですね!

半夏生は、日本の伝統的な暦の上での節目の一つであり、スピリチュアルな側面も持っています。それは自然のリズムと人間の生活が深く結びついていることを象徴しています。

  1. 陰陽のバランス:半夏生は夏至から数えて11日後にあたり、陰陽のバランスが大きく変わり始める時期とされています。この時期は一年の中で最も陽気が強まる時期とされ、ここから少しずつ陰の力が増していきます。スピリチュアルな観点からすると、陰陽のバランスの変化は自己の内面と向き合い、自身のエネルギーの流れを調整する絶好の機会となります。
  2. リフレッシュと浄化:半夏生は田植えが終わり、次の作物の育成に向けて農作業が一段落する時期でもあります。この時期は新たなサイクルに向けて自己を浄化し、リフレッシュする時期ともされています。疲れやネガティブなエネルギーをリセットし、新たなポジティブなエネルギーを引き寄せる機会となります。
  3. 自然とのつながり:半夏生には特定の食べ物を食べる風習があります。これは豊作を願ったり、作物の生育を祈ったりするためで、自然の恵みに感謝し、自然と人間が一体となって生きていくことの大切さを再認識する機会となります。

以上のように、半夏生はスピリチュアルな観点から見ても、自己の内面と向き合い、自身のエネルギーをリセットし、自然とのつながりを感じる機会となる節目と言えます。

半夏生と半夏雨

この時期に降る雨は「半夏雨」あるいは「半夏水」と呼ばれ、大雨になることが多いと言われています。この特異な気象現象は、旧来の農耕生活において重要な意味を持っていました。

半夏生と農作業「半夏半毛」「半夏半作」

半夏生は特に農家の方々にとって重要な日です。言葉にも「夏至は外せ、半夏生は待つな」や「半夏半毛」や「半夏半作」など、この日を目途に田植えやその他の農作業を終えるべきだという教えがあるためです。これは、半夏生までに田植えを終わらせないと、秋の収穫が遅れ、予想される収穫量が半分になるという教えです。これは稲だけでなく、粟(アワ)の種まきにも当てはまります。また、「半夏生の後に農作業はなし」とも言われ、この日を境に一段落つける習慣があります。この日から5日間は休みとする地域もあり、農家にとっての節目の日となっています。

「半夏」は「禿(はげ)」

「半夏」を「禿(はげ)」と解釈し、畑が禿げるとか、田畑に禿げ爺さんがいるからといって、この日には特に働かないことを重視する地域も存在します。

三重県ではハンゲという妖怪がウロウロするから夜は外に出てはいけない

また、三重県では「ハンゲという妖怪が出る」という伝説が語り継がれています。その姿や特性は詳しくは伝えられていませんが、その名前だけで人々に強い印象を与え、敬遠させています。妖怪ハンゲとの出会いは、興味深く、しかし少々怖ろしい経験かもしれませんね。

埼玉県では「竹の花を見ると命を落とすから、竹林に入ってはいけない」

埼玉県では「竹の花を見ると命を落とすから、竹林に入ってはいけない」といわれています。これは、竹の花が滅多に咲かないことから来る怖さが反映されているかもしれません。

神への感謝を捧ぐ半夏生

半夏生は、農作業の疲れた身体を休め、栄養を摂る時間を持つことが推奨されます。これは神々に感謝を示し、自身のエネルギーを回復するというスピリチュアルな意味を持ちます。ジメジメとした梅雨の中でも、この日は栄養のある食事を摂り、心と身体を休めることで、自然のリズムに合わせて生きる日本人の知恵とも言えるでしょう。

ドクダミ科の白い花、ハンゲショウ

この半夏生に由来した、白いお花ハンゲショウ。漢字では半夏生もしくは半化粧と書きます。「半夏生」の頃に花をつけ葉が白くなることから「ハンゲショウ」となったと言われています。葉の部分が途中まで白くなる、非常に優雅な形と色合いのお花です。他にもこの白くなる部分が「白粉(おしろい)」で化粧しているようだからという説もあります。花はドクダミの匂いがします。
この植物には毒性はないと言われていますが(むしろ漢方では利尿作用があるとされている)、毒があると流布されているのはこの物忌みの半夏生にちなんだのか、とても面白い植物です。

半夏生にたこを食べると開運、タコとの関係

そんな一見、不吉そうな半夏生ですが、この日にはたこを食べると開運すると言われています。
もともとは関西の風習ですが、たこの足のように大地に根をはって、豊作をいのる意味があるそうです。

半夏生にはなぜタコを食べるのか

半夏生にタコを食べる習慣の背景には、タコの8本の脚と多数の吸盤がしっかりと物に吸い付く様子を見て、「稲がしっかりと地面に根を張るように」という願いを神様に捧げるためとされています。 さらに、半夏生の時期は「田植えからの疲労を癒す休養期間」とも言われており、このこともタコを食べる理由となっているかもしれません。

タコの栄養とその効果

タコは特にタウリンという栄養素で知られています。タウリンは人間の体内でも生成される一種のアミノ酸で、甲殻類や魚類に多く含まれています。

魚介類の中でタウリンを多く含むのはカキですが、タコもアサリやアジの約3倍のタウリンを含んでいます。

タウリンは私たちの体の様々な部位、特に筋肉に多く存在し、体全体のタウリンの約7割が筋肉に含まれています。実は体内のタウリンの総量は、体重の約0.1%にも相当します。

タウリンは「肝臓や心臓の機能を強化」「血圧の正常化」「コレステロールや中性脂肪の代謝をコントロールする胆汁生成」「インスリン分泌の促進」「抗酸化作用」「網膜の成長を補助」など、体の各種生理機能を調整する重要な役割を果たします。 したがって、半夏生にタコを食べることで、タコ由来のタウリンによる疲労回復効果を期待し、夏バテ防止に繋がった可能性も考えられます。

半夏生の食べ物、行事食

半夏生の食べ物、行事食のご紹介です。
タコは有名ですが、それ以外のもたくさんあるんですよ〜!7月2日はたこやうどんを食べて、しっかり開運!していきたいですね!

半夏生の食べ物、行事食、福井県大野市の鯖

福井県大野市では、「半夏生さば」と呼ばれる伝統的な食事があります。江戸時代、大野藩藩主が農作業の疲労回復と盆地特有の蒸し暑さを乗り切るために、焼き鯖を奨励したことがその起源とされています。

半夏生の食べ物、行事食、奈良県と大阪府の「半夏生餅」

奈良県や大阪府の一部では、収穫した小麦で「半夏生餅」を作ります。これは田の神に感謝の意を表し、同時に神々しい力を借りて次の豊作を祈る風習と言えるでしょう。

半夏生の食べ物、行事食、香川県のうどん

香川県では、半夏生は「うどんの日」として知られています。ここでは収穫した小麦でうどんを打ち、農作業を手伝ってくれた人々への感謝を表します。うどんは「ん」がつく食べ物です。「ん」は運気の「ん」。おうどん、おいしいですよね!
おいしいうどんで、運気アップなんて、香川の方は本当にいい風習をお持ちです。
7月2日は「うどんの日」でもあります。1980年に香川県生麺事業協同組合が制定したそうです。

香川のハゲ団子

うどんが取り沙汰される香川ですが、ハゲ団子というお団子もあります!この時期に収穫された新鮮な小麦粉を使用して作られたもので「はげ団子」と言います。これらの団子は、一日の疲れを癒し、体力を再生するために用意されます。

「はげ団子」という名前の由来は二つの説が存在します。一つ目は、団子の滑らかで光り輝く表面に斑点状にあんこが付着している様子から来ているとされています。もう一つの説は、この団子が半夏生に食べられることから、「はんげ団子」と呼ばれていたものが、時と共に口語化され「はげ団子」になったというものです。

全国栄養士学校協議会のサイトにレシピがあります!

半夏生の食べ物、行事食、愛知県の無花果田楽

一方、愛知県の一部では、「無花果田楽」が半夏生の風習として存在します。無花果は不老長寿の実とされ、その上に豊作祈願の田楽味噌をかけて食べます。

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

タイトルとURLをコピーしました