【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
水曜日のおまじない。試験や資格のおまじない。7月27日(土)は土用の丑の日!

願いが叶う流れ星のおまじない!もう直ぐペルセウス座流星群!(2018年は8月11日〜14日、見頃は8月13日の未明)

milky-way-451599_640

流れ星に願いを唱えると願いが叶う…昔からあるおまじないですね!
でも流れ星ってなかなか見ることができません…。
そんな時にぜひ知ってもらいたいのが流星群の存在です。この時期は流れ星がかなり見えやすい時期になります。ぜひ、この流れ星のおまじないで願いを叶えましょう!

流れ星のおまじないはこちら

その他の流星群はこちら!

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群!(2018年は8月11日〜14日、見頃は8月13日の未明)

ペルセウス座流星群は毎年8月12日、13日頃を中心に活動する流星群です。
気になるのは流れ星がもっとも多く流れる「極大時刻」ですね!
2018年のペルセウス座流星群は8月13日10時頃に極大を迎えると予想されています。今年は8月11日が新月のため月明かりの影響はまったくなく、たいへんよい条件で流星を観察することができます。暑い時期ですが、夜間は夜露などもあり冷え込みます。服装や防寒具にも注意しましょう。
日本からはピーク時間が日中とはなりますが、13日未明に注目です。8月12日から13日にかけての夜が最も見頃だと考えられます。13日から14日にかけての夜、11日から12日にかけての夜も、ある程度の数の流星が出現すると考えられます。

街明かりの中や、極大ではない時期に観察したりした場合には、見ることのできる流星の数はかなり少なくなります。

このペルセウス座流星群は8月7日頃から15日頃まで活動が比較的活発な状態が続いているため、普段より多くの流星を見ることができます。出現する流星の数は、極大から日が離れるほど少なくなって行きます。
そしてペルセウス座流星群の全活動期間はさらに長く、7月17日頃から8月24日頃まで続いています。夏の夜空に流星が多いのはこの流星群のおかげなんですね!

流れ星のおまじない

流れ星のおまじないはこちら https://omajinai3-24.net/post-856/

流星に願いをかけるときは、黙って心の中でつぶやきます。あっという間ですから、がんばって!流星は北東のカシオペア座とペルセウス座の間から放射状に出現するそうですが、どこからでも観測できるようです。とにかく広範囲を見渡せるように見上げましょう。

ペルセウス座流星群は1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」とともに「三大流星群」の一つとして知られています。季節柄、観察しやすい流星群です。

ペルセウス座流星群観測ポイント

日時

2018年8月11日~14日
もっとも見やす時期:2018年8月12日から13日にかけての夜

観測の仕方

空全体を広く見渡せる場所がむいています。暗い場所で観測しましょう。

コメント 読むとモチベーションアップ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました