【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
日曜日の再会のおまじない。10月14日(月)06:08に満月!

結婚生活を義両親に干渉させない、結婚の危機を乗り越えさせるおまじない

結婚生活を義両親に干渉させない、結婚の危機を乗り越えさせるおまじない

結婚したからといって、二人の仲が永遠とは限りません。結婚生活は山あり谷ありで、長い年月(長くない方もいますが…)を二人で過ごせば、喧嘩や誤解、他の異性にうつつを抜かしてしまうことも…。

特に男性はどうしても「釣った魚には餌をやらない」「俺はハンター」みたいな方が多いように思います。女性からしたらたまったものではないのですが…。
男性は「こいつは絶対に俺を裏切らない」という安心感があってとても居心地がいい場所だと、他の異性に走り安くなると言われていますね。どんなことでも許して、「自分が至らないから」と自己評価を低くして接するのはやりすぎなのかもしれません。
そして同時に家庭が居辛く、安らげる場所でなければ、やっぱり他の異性に安らぎを求めてしまうというのもよく聞きます。ネガティブな愚痴ばかり聞かせ、激しく束縛して一緒にいるのが辛くなるようにしてもダメということなのでしょう。
どちらにしろ、お互いにお互いの立場を思いやって、いたわりあう関係が長続きするといいことですね。

スポンサーリンク

結婚の危機を乗り越えさせるおまじない

結婚生活の危機を感じた時に、二人の仲を復活させ、元の状態に戻すおまじないです。

結婚している二人の危機を乗り越えさせるおまじないに必要なもの

紙(白い紙でカードくらいの大きさ)
黒ペン
キャンドル(ピンクか赤、二人の愛と結婚を表します。ふさわしいキャンドルを探してみてくださいね!)

結婚している二人の危機を乗り越えさせるおまじないのやり方


キャンドルに火を灯します。
紙にできるだけ大きく五芒星を書きます。周りを円で囲みます。
五芒星の中の五角形の左半分に彼の名前、右半分に自分の名前を書きましょう。
キャンドルの炎で名前を照らしながら
「この二人の愛をもう一度燃やして、二人の間の疑念を取り払って、二人を再び一緒にして」
と唱えましょう。
唱え終わったら、紙を名前が重なるように半分にし、キャンドルの蝋(二人の愛の象徴)で紙を覆いましょう。
出来上がったものは愛のお守りになります。人目につかない場所に保管するか、持ち歩くかするといいそうです。

夫婦のマンネリ解消のおまじない

二人で思い出の場所へデートしに行きましょう
その場所で直径5cmある石を拾っておいてください。
(この時パートナーに気付かれないようにしてください。効果がなくなります)
デートした日の夜、持って帰った石を包めるくらいの紙を用意します。
その紙に赤系のマジックペンで「円満」とかきます。
「円満」という文字を内側にして、文字がなるべく崩れないようにその紙で石を包んでください。
紙で包んだ石は誰も見つからないところにしまっておきます。

夫婦共通の楽しみをつくるおまじない

夫婦で同じ趣味があれば仲良く過ごせるものです。共通の楽しみができるおまじないです。

右手小指に「☆」を書きます。
その上に絆創膏を巻いて1週間経ったあとに取ってください。
☆が消えていなければ成功しています。

義両親に結婚生活に干渉されないおまじない

結婚生活に干渉してくる、義両親、両親、親族などなど…そういった人たちを遠ざけるおまじないです。

義両親に結婚生活に干渉されないおまじないのやり方

結婚式の新郎新婦で写っている写真の焼き増しかコピーを使用します。
裏に赤のボールペンで大きくハートを描きます。
ハートの中に黒のボールペンで夫婦の名前を書きましょう。
ハートの外にはあなたたち夫婦生活に干渉してきそうな名前を書いていきます。
最後は書いたハートに沿って、切っていきます。
切り落とした外側は燃やしてしまいましょう。

このおまじないによって干渉してきそうな人達は、こちらに連絡してくる回数が減ったり、家を訪ねてくる回数が徐々に減っていくことでしょう。

コメント 読むとモチベーションアップ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました