【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は金曜日です。愛のおまじないの日。待ち受けを変更して恋の願いを叶えましょう。もうすぐ秋分の日!

盛り塩のやり方、するべき場所、注意点【正しくお清め、盛り塩で運気をあげる、悪縁を切る】

【正しくお清め】盛り塩のやり方、するべき場所、注意点【盛り塩のおまじない】

皆さんは盛り塩をされたことがありますか?
お店の玄関先などで、よく見かける盛り塩…。商売繁盛や開運、千客万来などの目的でされているところが多いですね!
この他にも、お清め的な意味で行うこともあります。
お清め、縁切り、開運、商売繁盛とお手軽なのにも関わらず、効果が万能な盛り塩の正しいやり方やおまじないのご紹介です。

塩まじないもよろしくね!

塩まじないで願いを叶えるやり方、彼から連絡が来る書き方、嫌な事を解決する書き方、塩まじないの効果を高くする方法
すっかり、願いを叶えるおまじないとして定着した塩まじない…でもやってもやっても効果が出ないという方も多いですね。特に恋愛系で効果が出づらいという方が多いです...
塩まじないの代償とは?失敗しない書き方と注意点、危険性
塩まじないについては下記のページで、願い別の書き方、やり方や注意点などを掲載してきましたが、「代償がない」「猿の手現象が起きない」書き方、というか「なん...
塩まじないの前兆・予兆【頭痛、眠気、シンクロ、スッキリ感…願いが叶う前兆・予兆とは?】
塩まじないについては下記のページで、願い別の書き方、やり方や注意点、「代償がない」「猿の手現象が起きない」書き方などを紹介してきましたが、塩まじないで願...
塩まじないで縁切り(嫌いな上司、浮気相手、夫婦、離婚、略奪愛)
塩まじないについては下記のページで、願い別の書き方、やり方や注意点、「代償がない」「猿の手現象が起きない」書き方、塩まじないの予兆・前兆などを紹介してき...
塩まじないでお金がない時の願い方、宝くじの当て方
塩まじないで比較的叶いやすい願いにお金に関する願いがあります。お金がなくて困った時、切羽詰まっている時の塩まじないの願い方についてです。宝くじに当たる塩...
スポンサーリンク

正しい盛り塩でお清めして開運、商売繁盛、悪縁切り

お清めから開運、商売繁盛まで幅広くカバーする盛り塩…その底知れぬパワーをご紹介します。

盛り塩でお清めのやり方

塩には場を清めるパワーがあります。香典返しに入っている塩の小袋や、お葬式の帰りなどに肩に向かって塩を投げるのもその一つ。
日本書紀でイザナギノミコトが黄泉の国から帰った後に、穢れを祓うために「潮禊(しおみそぎ)」として海水で体を洗ったことが、塩=浄化の始まりではないかと言われています。味がつくだけではなく、腐敗を防止する塩のパワーを昔の人もよく知っていて、浄化にも利用していたのでしょう。

お清めしたい時の盛り塩の塩の置き方

この盛り塩を使ってお清めしたい、浄化したい…そんな時は玄関の内側に盛り塩をするといいでしょう。この場合の盛り塩は塩を使って、家の外と内を分ける、すなわち穢れ、不浄なものが家の中に入らないようにすることが大切だからです。
特に玄関内の両側に対にして二つの盛り塩を置き、その間を通って出入りするようにすることで塩が結界になって、強力に穢れを払ってくれます。二つおくのが無理なら、片側一つでも大丈夫です。

盛り塩で商売繁盛の縁起担ぎのやり方

盛り塩で商売繁盛を願うのは、日本古来から縁起担ぎのあるおまじないの一つです。
この盛り塩が客を読んで商売が繁盛する…という縁起担ぎのおまじないは日本発祥なものと、中国発祥のものと二つの由来があるようです。
日本では平安時代からすでにあったと言われる盛り塩…これは当時の貴族たちが牛車で移動していたため、牛車の牛が塩を舐めるために止まってくれることを目的としていました。平安時代の貴族は通い婚でしたので、たくさんの側室たち・正室は自分を選んでもらうために知恵を絞ったのでしょう。

そして中国由来のものも日本の牛車と同じで、後宮の女性たちが皇帝を自分のところへ引き寄せるために行ったのが始まりと言われています。皇帝の乗っている羊車を引く羊に塩を舐めさせて、止まらせようとしたのですね!

商売繁盛のおまじないの盛り塩の塩の置き方

お清めの盛り塩と違って、商売繁盛、千客万来を目的とした盛り塩は、玄関の外に置きます。一つで十分です。左右はどちらでもオッケーですので、出入りに邪魔にならない場所に置きましょう。

盛り塩で開運!風水的な盛り塩のパワー

さて、盛り塩は風水的に見ても浄化と開運のパワーをもつ、非常に重要で手軽なのに効果的なものです。
風水では、盛り塩は水場(トイレ、台所、風呂)などの気が滞りやすい場所や悪い気が入ってくる玄関、家自体に欠けや張りがある場合(家の形が四角じゃないこと、へこんだ部分を「欠け」出っ張った部分を「張り」という)にはその部分に置きます。また、鬼門に当たる部分におくことも。
風水では気の流れを大切にします。
それが滞る場所におくのがいいということですね!

また、商売繁盛の縁起担ぎのおまじないとしても重要で、この場合は玄関に盛り塩を置きます。

風水的な盛り塩の塩の置き方

風水で非常に強いパワーを持つ形は八角です。八つの方位が全宇宙を表していると考えられており、風水の縁起物に八角形をしたものが多いのはそのためです。
風水での盛り塩では、塩の置き方に特徴があり、八角錐の形(八角形で先が尖ってる)にして、八角形の皿に乗せると最強の運気をもたらしてくれると言われています。

盛り塩のやり方

盛り塩の塩はどの塩がいいの?

盛り塩に使う塩はやはり「天然塩」が一番いいでしょう。この中でも特に「海塩」となっている、海からできた塩がよりいいと言われています。また、天然塩の方が盛り塩を形良く作るときに作りやすいというメリットもあります。

天然塩の見分け方

購入された時の塩のパッケージの成分表などが書いてあるところを見てみましょう。
製造方法が「イオン膜 立釜 乾燥」となっているものは精製塩です。また原材料などに「塩化ナトリウム 99.9%以上」と書かれているのも精製塩です。
天然塩は「天日塩」とか「岩塩」とか「海塩」などが原材料に表記してあります。
パッケージに天然塩など書いてあることも多いです。

神社のお清めされた塩

もし浄化目的で盛り塩をするならば、神社で売られていたり配布されていたりする、お清めされた塩を使うのもいいでしょう。大きな神社ではよく販売されていますので、神社に行かれた時はぜひ、みてくださいね!

盛り塩するといい場所

玄関に盛り塩

玄関はいいものも入ってきますが、悪いものも入ってきます。悪いものが入ってこれないように玄関に盛り塩を置いたり、商売繁盛や千客万来を願って、玄関の外に盛り塩をするのもグッド!

お風呂や洗面所、台所などの水場に盛り塩

水を使う場所は気の流れが滞りがち…浮上や穢れがたまりやすい場所です。ここに盛り塩をおくことで、浄化と開運パワーで運気がアップ!

トイレの盛り塩ってやっていいの?ダメなの?逆効果?

トイレの盛り塩は賛否両論あります。
「トイレは不浄の場所、厄を落とすべき場所、そこに盛り塩すると落とすべき厄を塩が吸ってそこにとどめるので逆効果派」と「トイレは健康運を司っている場所、浄化と開運のために盛り塩すべき派」がいるわけです。

風水ではトイレの盛り塩はオススメの場所として推奨されています。
トイレは厄落としの場所、不浄なものを流す場所で、その場所に塩をおくことで厄を落とすパワーをあげて、もっと健康に開運!というわけなのです。
盛り塩をこまめに取り替えれば、吸った厄も溜まらずに厄落としで開運できるでしょう。

盛り塩の塩の盛り方(乗せ方)、どれくらい載せればいいの?

民家の玄関先や商店の店先に置かれている盛り塩…みてみると様々な形のものがあります。円錐形にうず高く盛られている物、小皿にさらっと乗せてある物…。
基本的に盛り塩で塩を乗せる量や形に決まりはありません。絶対にこの量でこの形じゃなきゃダメ!という決まりはないのです。

決まりはありませんが、縁起が良いと言われて、よく行われている盛り塩の盛り方をご紹介します。

盛り塩を八角形にする

風水での八卦からきている八角形の盛り塩です。八角形は森羅万象、宇宙の全て、この世の理の全てを表す形です。その八角形の盛り塩はまさに最強の開運。

盛り塩を五角形にする

陰陽師でよく使われる五芒星…これはドーマン、セーマンのみならず、世界的にみても厄除け、悪魔払いなどに使われる形です。最強の清めと厄除けを盛り塩に込めることができます。

盛り塩を円錐にする

神の依代として作られる「立砂」(盛砂・斎砂(イミズナ))の形は円錐…それに似せられて盛られた円錐の盛り塩。
日本ではもっとも多い形。安心と安定の開運盛り塩。

盛り塩を四角にする

ピラミッドと同じパワーをもつ盛り塩を作り上げることができる。ピラミッドパワーと盛り塩パワーが見事に融合。

盛り塩の処分の仕方

盛り塩は「トイレや台所で流す」「庭に捨てる=土に返す」などの方法で処分することが多いです。また、白い紙(半紙)に包んで燃えるゴミに捨ててもいいでしょう。

やってはいけない盛り塩の処分の仕方

ここでやってはいけない盛り塩の処分の仕方は、「料理に使う」「バスソルトの代わりに使う」「掃除に使う」など、塩を再利用することです。
せっかく厄を吸わせた塩を再利用するということは吸った厄を取り込むということです。絶対にやめましょう。

盛り塩の取り替え時期

盛り塩は最低でも月に二回は取り替えましょう。
これは神様がいらっしゃる日とも言われる一日と15日に行うといいと言われていますが、自分の都合に合わせて、必ず定期的に変えることが望ましいです。

盛り塩を載せると開運する器

盛り塩を乗せる器にも決まりはありません。ただ、風水的にいうならば自然の素材でできた器、陶器の器がいいと言われています。そしてカラーは無難な白が多いです。
白は穢れの浄化としても、開運として優秀なカラーです。

盛り塩をおくとラッキーな風水の色と方角

風水でこの方角におくと運気が向上するというカラーをまとめました。

  • 金運向上=西の方角に黄色のお皿
  • 恋愛運向上=東南の方角にピンクのお皿
  • 仕事運向上=東の方角に赤のお皿
  • 人間関係向上=東南の方角に白のお皿

セリアの盛り塩の陶器

100円ショップのセリアで売られている、盛り塩専用容器がすごく出来が良い…という噂を聞いて、思わず買ってしまったのでご紹介です。

セリアの盛り塩の陶器

小さいです。高さ3センチほど。

セリアの盛り塩の陶器

八角形のお皿は別売りです。

セリアの盛り塩の陶器

盛り方も懇切丁寧に書かれている!!

セリアの盛り塩の陶器

理想と現実は違うなって…思いました…。
でも練習すればうまくできそうかも…。

盛り塩のおまじない

盛り塩は玄関先に行うことで、非常に強い運気を上げる、金運向上のおまじないとなります。良い縁を呼び込み、悪縁を寄せ付けません。

この縁を呼び込むパワーを使った復縁できる盛り塩のおまじないとして、こちらのページもお読みください!

折り紙で復縁のおまじない
古くから花柳界に伝わるおまじないのご紹介です。 男女の仲のことは昔も今も変わりません。恋しい人ともう一度復縁したい…もう一度会いたいという気持ちがおま...

盛り塩の由来

盛り塩の由来を知って「どうして盛り塩をするのか」を考えてみましょう。

中国で始まった盛り塩

中国の故事として有名なのは武帝と秦の始皇帝です。

武帝の後宮には、胡国出身の胡貴賓(きひん)と言う女性がいた。
彼女は自分の門前に、羊の好きな塩水を濯いだ竹の葉を挿して置き、武帝の羊車を惹きつけ武帝の寵愛を独り占めにした。他の女人たちは、胡貴賓が羊車を惹きつけた方法を知るや否や競って竹葉を各々の門前に挿し、帝の車を引き付けようとしたのだった。この故事が「挿竹灑塩(そうちくさいえん)」 という「住居などの入り口に竹を挿し、その葉に塩水を降り灑ぐ縁起担ぎの始まりとなった。

秦の始皇帝の妾が館の前に塩を盛り、皇帝の牛車を惹きつけた。彼女は始皇帝の寵愛を受け、愛妾となった。

日本のお清めの盛り塩と商売繁盛の盛り塩

日本でも由来はいくつかあるようです。
日本では古くからあるいくつかの祭事で、神様が降りていらっしゃる場所を清める目的で民家の軒先に塩を盛って飾るというものがあります。場を清めるための盛り塩ですね!
また、江戸時代の花柳界では、中国の始皇帝の故事に倣って、客引きのために盛り塩をしていたそうです。
こういった客寄せの盛り塩は、平安時代にはすでに行われていたという説もあります。平安時代の貴族の牛車を引きとどめるために、行われていたというものです。
当時は通い婚でしたので、殿方に通ってもらうための知恵だったのかもしれませんね。

コメント 読むとモチベーションアップ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました