【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は庚申で大安の月曜日です。自分を守るおまじない。

白露のスピリチュアル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

白露のスピリチュアル

白露の時期、早朝の露が草木を飾る景色は、まるで自然が私たちに何かを伝えようとしているかのようです。この時期は、夏の終わりと秋の始まりをつなぐ狭間であり、自然界のバランスが変わり始める瞬間です。多くの人々はこの時期に、自分自身の内なる変化や成長を感じ取ることができます。

白露のスピリチュアル性は、私たちが自分の心の中を見つめ直すことを助けてくれる。露の滴が日の出と共に輝き、草木に力を与えるように、私たちの心も新たなエネルギーと気づきで満たされるのです。この特別な時期に、自分自身の内面と繋がり、宇宙や自然との調和を求めてみませんか?

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

白露とは

白露(はくろ)は、二十四節気の中で、夜の気温が下がり、露が葉や草花につく時期を示すものです。この名前には、露が白く輝くように見えるという意味が込められています。まさに、この時期は日中の暑さが和らぎつつも、朝晩の冷え込みが増してきて、自然界には朝露が見られるようになります。

二十四節気は、年間を24に区切ったもので、太陽の動きとともに季節の移り変わりを感じるための指標です。白露の前には「処暑」があり、暑さが落ち着き始める頃を指し、その次は「秋分」となり、昼夜の長さがほぼ同じになる時期を示します。

白露の期間には、日が昇るとともに草木から滴り落ちる「露時雨(つゆしぐれ)」や、露が宝石のように輝く「露華(ろか)」「露珠(ろじゅ)」、「玉露(ぎょくろ)」などの美しい言葉とともに、自然の美しさが際立ちます。「月の雫」は、露の異称としても知られ、露の美しさを称えた言葉が日本の文化には数多く存在します。

江戸時代の暦の解説書「暦便覧」によれば、「陰気やうやく重りて、露凝りて白色となれば也」と記述されており、白露の名の由来が感じられます。

さらに興味深いのは、日本文化に根付く「五行説」で、秋は「白」とされることです。このため、「白秋」という言葉で秋を指すことができ、詩人・北原白秋が活躍した時代を「白露時代」と称するなど、白露という節気は日本の文化と深く結びついています。

2024年の「白露」はいつ?

2024年、白露は9月7日に訪れます。この特定の日付は、年によって変動することがあるので、1〜2日の誤差が生じることも珍しくありません。実際には、白露は毎年9月7日頃から次の節気、「秋分」の前日までの時期を示すこともあります。

この二十四節気のシステムは古代中国で生まれ、太陽の動きを基にした暦として採用されました。正確な日付や時刻を知るためには、太陽や星々の動きを正確に観測する信頼できる機関が必要とされます。日本では、このような正確な観測を行うための公的な機関として、国立天文台が存在しています。そして、国立天文台は各節気の切り替わりに関する公式な発表を行っています。

要するに、白露や他の節気の正確な日付を知りたいとき、国立天文台の公式発表を参照することが最も確実な方法となります。

白露のスピリチュアル

白露(はくろ)は二十四節気の一つで、日本の伝統的な季節の区切りとしての役割を果たしています。この期間は、夏の終わりと秋の始まりを示す時期であり、その変わり目のエネルギーはスピリチュアルな側面からも意味が深いと言えます。以下は、白露に関連するスピリチュアルな側面をいくつか紹介します。

  1. 変化と受け入れ: 白露の期間は、夏と秋の間の過渡期であり、自然界の変化を感じることができます。この変化をスピリチュアルに捉えると、自分自身の中での変化や成長を受け入れる時期として理解することができます。変わりゆく自分や環境を受け入れ、新しいエネルギーに適応する力を身につけることが求められる時期です。
  2. 浄化: 朝晩の冷え込みが強まるこの期間、露が草木につくことから「白露」と名付けられました。露は水の要素として、浄化や清めの象徴ともされます。この時期は、自らを浄化し、新しい季節に向けて心身ともに清める良い機会と言えます。
  3. 感謝の気持ち: 白露の時期は、夏の収穫が終わり、秋の収穫の準備が始まる時期でもあります。この時期には、夏の収穫物に感謝するとともに、これからの秋の収穫を期待して感謝の気持ちを持つことが大切です。
  4. 瞑想と内省: 白露の時期には、自然界が少しずつ静かになり始め、外の活動よりも室内での瞑想や自己反省の時間を持つのに適しています。この時期に心を落ち着かせ、自分自身と向き合うことで、心の奥深くに眠る真の自分を見つめることができます。

白露のスピリチュアルな側面を理解することで、この時期をより深く感じることができ、自分自身の成長や変化を受け入れる手助けとなるでしょう。

白露の七二候

二十四節気は、私たちが季節の変化を感じる手がかりとしていますが、更に細かく季節を感じるための「七十二侯」があります。この七十二侯は、各節気を3つに細分化したもので、日々の微細な変化を捉える指標としています。2024年の白露の間、以下のように三つの侯が訪れます。

初侯:草露白(くさのつゆしろし)9月8日頃

この時期は、草の上に朝露が白く輝き、その美しさが際立ちます。名前の通り、この侯は白露の名前の由来とも一致し、秋の初めの清涼感を表しています。

次侯:鶺鴒鳴(せきれいなく)9月13日頃

セキレイという小鳥の鳴き声が聞こえてくる時期です。セキレイは、日本神話にもその名を連ねる鳥で、「恋教え鳥」とも称される神聖な存在。この鳥が鳴く時期になると、秋の中盤を迎えることを感じさせてくれます。

末侯:玄鳥去(つばめさる)9月18日頃

春の訪れと共に姿を見せてくれたツバメが、この頃には南へと旅立っていきます。子育ての任を果たしたツバメたちが、再び温かい地へと帰ることで、秋の深まりを感じる瞬間となります。

白露の時期に訪れる七十二侯は、秋の深まりを静かに告げる素晴らしいものです。日常の中で、このような小さな季節の変化を感じることで、より一層四季の美しさや豊かさを楽しむことができるでしょう。

白露の行事や食べ物

白露の季節は、夏の暑さが和らぎ、秋へと移り変わる頃です。この期間中には様々な伝統行事や風習が訪れ、日常を彩ります。以下に、2024年の白露の時期に行われる主な行事や風習をご紹介します。

重陽の節句(9月9日)

もしくは、菊の節句とも呼ばれるこの日は、長寿を祈る行事が行われます。前夜に菊の花に綿をかけ、その綿に朝露を含ませ、「被せ綿(きせわた)」として体を拭くという美しい風習があります。また、季節の行事食や「後の雛」としてのひな人形の飾りも楽しむことができます。

重陽の節句についてはこちら

二百二十日(9月11日頃)

立春から数えて220日目となるこの日は、収穫の前の大切な時期。昔から、天候の変動や台風の影響による被害が心配されてきました。この時期、家の中でも特別な注意が必要です。

敬老の日(9月の第3月曜日)

敬老の日は、高齢者たちの長寿を祝い、彼らの社会への貢献を称える日。重陽の節句の行事食を取り入れることで、より一層の祝いになります。

彼岸の入り(9月20日頃)

この日から秋のお彼岸が始まります。自然の変化と共に、「おはぎ」を楽しみながら、彼岸花の咲き乱れる風景を眺めることができます。

中秋の名月

2024年は9月17日、白露の後の秋分の時期となります。この日は、お月見の伝統があり、月見団子やお供え物を用意して、明るく輝く十五夜の月を楽しみます。

中秋の名月についてはこちら

白露の季節は、伝統や自然の美しさに触れる絶好のチャンスです。様々な行事や風習を通じて、この時期の日本の深い文化を感じ、体験することができます。

スポンサーリンク
著作者
この記事を書いた人

おまじないで復縁を叶えたのがきっかけで、おまじないだけじゃなく、魔術や潜在意識を学び、そして海外に渡って、魔女に弟子入りし術師になった管理人が紹介するおまじないと占いのサイトです。
おまじないパワーでみんなの願いが叶うように、このサイトを始めました。
復縁、片思い、不倫成就、金運、仕事運、強運、復讐など人生の悩みや迷いごとをおまじないや魔術、スピリチュアルパワーで叶えていきます。
詳しくはプロフィールを読んでね!
02omajinaiのSNSです!更新してます!フォローしてね!
塩まじないの本も出しました!amazonで読んでね!

twitter
instagram
pintarest
facebook
アマゾン著者ページ
amazon.comならブログの更新履歴も!
youtubeチャンネルも始めました!登録してね!

omajinai3-24をフォローする
二十四節気と七十二候
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おまじない占いスピリチュアル待ち受け画像吉日-強力絶対叶う恋愛金運仕事人間関係

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

タイトルとURLをコピーしました