【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は庚申で大安の月曜日です。自分を守るおまじない。

処暑のスピリチュアル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

処暑のスピリチュアル

激しい暑さは終わり、立秋…秋が来て処暑になりました。
二十四節気の処暑についてです。

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

処暑とは

処暑は、厳しい暑さがやわらぐ時期を指します。この頃になると、朝夕は涼しく感じられ、心地良い虫の声が聞こえてきます。しかし、一方で台風の季節の到来でもあるため、注意が必要です。

2024年の処暑は、8月23日

2024年の処暑は、8月23日。地域によっては、この頃から心地よい夜風を感じ、長くなる夜を楽しみながら、秋の到来を待ち望むことでしょう。

「処暑」の気候は、昼間はまだ暑いものの、朝夕は涼しい…この時期は外での夕涼みや散歩が特に心地よく感じられることでしょう。

1年を24に区分した季節の目安:二十四節気

8月下旬、まだまだ残暑厳しい日々が続きますね。二十四節気という古来からの季節の区分によれば、この時期は「処暑」に位置します。二十四節気は、太陽の動きをもとにした季節の変化を示すもので、年を24の節気に分け、農作業や行事の目安として使われてきました。

冬至、夏至、春分、秋分などの耳慣れた言葉も、この二十四節気の中から来ています。そして、何月何日「ころ」とされるのは、実際の日付が年によって1日ほど前後するからです。

秋の節気

秋は次のように6つに区分されます。

  • 立秋:暦の上での秋の始まり。
  • 処暑:暑さが和らぐ頃。
  • 白露:朝露が草花につくころ。
  • 秋分:昼夜の長さがほぼ同じ。
  • 寒露:さらに冷え込み、冷たい露が草花につく。
  • 霜降:霜が降りるころ。

秋の風の名前

秋には、独特な風の名前がいくつかあります:

  • 秋の初風:立秋頃の涼しい風。
  • 初嵐:処暑頃の強い風。
  • 野分:9月1日頃の強い風。

秋の雨の名前

日本の雨の名前は多岐にわたります。特に秋には以下のような名前がつけられています:

  • 御山洗:8月下旬の雨。
  • 秋霖:しとしとと降る秋の長雨。
  • 秋時雨:秋の終わりの雨。

処暑の七十二候

処暑の七十二候のご紹介です。

綿柎開(わたのはなしべひらく):8月23日〜8月27日頃

この時期には綿を包む花の萼(柎)が開き、綿毛が飛び出してきます。この綿毛は後に木綿の糸や布として利用されます。

天地始粛(てんちはじめてさむし):8月28日〜9月1日頃

暑さが和らぎ、天気図には秋雨前線が現れます。しかし日中はまだ暑く、夏の名残を感じることができます。

禾乃登(こくものすなわちみのる):9月2日〜9月6日頃

稲穂が重くなり、実りの時期を迎えます。しかし、台風の影響も懸念され、多くの場所で農作物を祈願するお祭りが行われます。

処暑の花

秋といえば、紅葉が美しいとよく言われますが、それだけでなく多くの花が開花する季節でもあります。以下に、二十四節気に合わせた代表的な秋の花をご紹介します。

  • 立秋:朝顔、百日紅(さるすべり)、向日葵
  • 処暑:芙蓉、酸漿(ほおずき)、白粉花(おしろいばな)
  • 白露:秋海棠(しゅうかいどう)、山牛蒡(やまごぼう)
  • 秋分:彼岸花、薄(すすき)、撫子
  • 寒露:金木犀、秋桜(こすもす)
  • 霜降:竜胆、野紺菊(のこんぎく)

また、「春の七草」と同様に、秋にも「七草」が存在します。萩、薄(すすき)、女郎花(おみなえし)、桔梗、藤袴(ふじばかま)、撫子、葛という、和歌や日本の美術品にも登場する花々です。

処暑の食べ物、行事食

秋は食材の宝庫。多くの食材が旬を迎え、食卓が彩りを増す季節です。

【秋の果物】

  • 無花果
  • すだち
  • 葡萄

その他、茄子や栗、松茸や他のきのこ類、さつま芋、銀杏なども秋の味覚として人々に親しまれています。

【秋が旬の海の幸】

  • 秋刀魚
  • 戻り鰹
  • 白鮭(秋味)
  • イクラ
  • 芝海老
  • 帆立貝
  • 真鯖
  • 真河豚

処暑のスピリチュアル

近年は暑くない夏はあまり見なくなりました。毎年、厳しい夏を迎えています。長期の天気予報を見ても、この暑さの終息は見えません。日々の暑さに疲れ切ってしまう気持ちも分かります。

暦の示す夏の節目

暦の上では、8月8日に立秋を迎え、夏と秋の狭間の季節が始まります。そして、8月23日には処暑がやってきます。処暑とは、文字通り「暑さが収まる」という意味の日です。猛暑の最中、本当に暑さが収まるのか疑問に思うかもしれませんが、この時期には朝夕の風に少しずつ秋の気配を感じることができるでしょう。

夏の楽しみ方

8月は多くの人々が夏休みを取る時期であり、夏を満喫するのに最適な月です。特に、朝夕の涼しい時間帯に川や海で水浴びをすることは、心身をリフレッシュさせる最高の方法と言えます。また、夏祭りや花火大会もこの時期に数多く開催されるので、日常のストレスから解放され、夏の楽しみを堪能しましょう。

お盆の時期とその意義

8月中旬にはお盆の時期がやってきます。お墓参りや家族との再会は、この時期の日本の伝統的な過ごし方の一つです。お墓を綺麗にすることで、ご先祖様を敬い、同時に自分自身の気持ちもリセットすることができるでしょう。心の浄化と運気の回復を目指して、お盆の時期を大切に過ごしてみませんか。

天空の変化を楽しむ

8月の天空にも注目してみてください。8月12日頃から、夜空で明るく輝く金星が「宵の明星」から「明けの明星」へと変わっていきます。この美しい天の動きも、夏の夜空の魅力の一つです。

処暑を迎えるこの時期は、自然の中でのリラクゼーションや天空の美しさ、そして伝統的な行事を通じて、心と体のリフレッシュを図ることができます。夏の疲れやストレスを忘れ、この特別な時期を最大限に楽しんでください。

 

処暑の時候の挨拶

8月下旬、夏の終わりを迎え、次第に秋の足音が聞こえてくるこの時期。手紙やメールでの挨拶には「残暑の候」や「処暑の候」を使いましょう。それでは、8月下旬の挨拶と使い方を、分かりやすくご説明します。

8月下旬の挨拶の基本ポイント

  • 漢語調と口語調の違い: 漢語調は公式な文書やメール向け。口語調は親しみやすい文面に適しています。「残暑の候」「処暑の候」は、公式な漢語調です。
  • 送付日に注意: 送る日付に合わせて挨拶を選びます。8月は大暑、立秋、処暑の三つの節気が含まれているので、それに応じて選ぶのがコツ。
  • 季節の気配を感じさせる: 8月下旬は暑さが少し和らぎ、秋の気配も近づいてきます。その変化や残暑の疲れを気遣う表現を取り入れましょう。

8月の挨拶の一覧

  • 8月上旬: 「盛夏の候」「大暑の候」
  • 8月中旬: 「立秋の候」「晩夏の候」
  • 8月下旬~9月上旬: 「残暑の候」「処暑の候」「早涼の候」「初秋の候」

それぞれ下記のような時期になります。

・大暑:7月23日頃~8月7日頃
・立秋:8月8日頃~8月22日頃
・処暑:8月23日頃~9月7日頃

8月下旬の挨拶の具体的な例

公式な場面では「拝啓、残暑の候、皆様いかがお過ごしでしょうか」といった形が適しています。一方、もっと親しい相手には「まだ暑い日が続いていますね。体調には気をつけてください」というような気遣いのある言葉を選びましょう。

スポンサーリンク
著作者
この記事を書いた人

おまじないで復縁を叶えたのがきっかけで、おまじないだけじゃなく、魔術や潜在意識を学び、そして海外に渡って、魔女に弟子入りし術師になった管理人が紹介するおまじないと占いのサイトです。
おまじないパワーでみんなの願いが叶うように、このサイトを始めました。
復縁、片思い、不倫成就、金運、仕事運、強運、復讐など人生の悩みや迷いごとをおまじないや魔術、スピリチュアルパワーで叶えていきます。
詳しくはプロフィールを読んでね!
02omajinaiのSNSです!更新してます!フォローしてね!
塩まじないの本も出しました!amazonで読んでね!

twitter
instagram
pintarest
facebook
アマゾン著者ページ
amazon.comならブログの更新履歴も!
youtubeチャンネルも始めました!登録してね!

omajinai3-24をフォローする
二十四節気と七十二候
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おまじない占いスピリチュアル待ち受け画像吉日-強力絶対叶う恋愛金運仕事人間関係

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

タイトルとURLをコピーしました