【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は金曜日です。愛のおまじないの日。モテモテになる媚薬のおまじないや待ち受けを変更して恋の願いを叶えましょう。今日は一粒万倍日!

秋のお彼岸、2020年9月22日は秋分の日!秋分の日で開運、魔女の秋分マボンのおまじない

reed-546250_640秋のお彼岸、2019年9月23日は秋分の日!秋分の日の運気があがる過ごし方、魔女の秋分マボンのおまじない

2020年9月22日は秋分の日です。この期間は十五夜も満月も近く秋のみのりと収穫を感謝して過ごしたいですね!

【2020年の十五夜は10月1日】中秋の名月、十五夜の運気の上がるおまじない
9月、10月は十五夜です。 中秋の名月をゆっくりと見つめ、開運フードで運気を上げていきましょう! 2020年の十五夜、中秋の名月 2020年の十五...
【2020年】財布を使い始める日(春財布、秋財布)、金運が上がる財布の色
持ってるだけで運気が上がる財布、風水的に運気の財布に色とは何か、財布を使い始めるのに一番いい日はいつか…最高の財布で運気爆上げ!金運アップのお財布につい...

この秋分が終わるとハロウィンですね。一年はあっという間です。

ハロウィンの復縁、願いが叶うおまじない
ハロウィンは毎年10月31日に行われるお祭りです。このお祭りは古代ケルトの秋の収穫を祝う祭り、サウィンが起源となったと言われています。 英語の表記は「Hallo...
スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

秋分の日とは?由来など

秋分の日とは、「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」として制定されました。
この日を境にだんだんと夜が長くなり、寒さが押し寄せて秋から冬へと季節が変化していきます。

国民の祝日に関する法律で、秋分の日は「秋分日」と書かれています。具体的な日付ではないのは、秋分日が二十四節気の秋分を含む日となるためです。太陽が秋分点を通過する日のことを秋分の日としているのです。

2020年9月22日はの秋分点通過は22:31:46頃

天文学上は秋分の日は昼と夜の長さが同じになります。太陽が秋分点を通過するのは22:31:46頃です。
この日をはさんで前後一週間が「お彼岸」となります。最初の三日間を「お彼岸の入り」、後の三日間を「お彼岸の明け」と言います。

お彼岸の中日、秋分の日の夕日に手を合わせるおまじない

「お彼岸の中日」である秋分の日の夕日には功徳があり、沈んでいく太陽の向こうには極楽浄土があるといわれます。
ぜひ、今日の9月22日の夕日に手をあわせてみてくださいね。お彼岸の夕日の向こうにある極楽浄土を拝み、功徳を積むのは大切なことです。

お彼岸は天体のバランスがリセットされる日

秋分点を通過する、この瞬間に天体のバランスがリセットされ、宇宙の陰陽が入れ替わる日だと言われています。
ぜひこの日は自分自身もリセットして、宇宙のパワーを取り入れたいですね!

そのため、この日の前には部屋(家全体)を掃除して、花を飾り、先祖参りをし、ゆっくりとした気持ちで過ごしたいものです。

秋分の日は開運できる、願いが叶う日

秋分の日は願いが叶いやすい日です。そのなかでも願いが叶いやすい時間が決まっています。それは日の出と秋分点です。太陽が昇った時、太陽が秋分点を通過する時、太陽(天)に向かって手を合わせ、願い事を念じましょう!

そして秋分の日の日の出の光を浴びることは、大きな開運になります!この日を境に運気の流れが大きく変わりますから、ぜひ開運体質を、開運の流れを掴んでおきましょう!

秋分の日の運気があがる過ごし方

一年に一度しかない秋分の日、運気をあげて年の後半を豊かに過ごしたいですね!
「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」の秋分はもちろん、先祖供養が大切です。
シルバーウィーク中の都合の良い日に、秋のお彼岸の日としてお墓参りもいいですよ。お仏壇もお掃除して、お供えやお線香を立てたりしましょう。

運気をあげる食べ物、おはぎ

秋のお彼岸に作る物と言えば、おはぎです。春は牡丹のからぼた餅と呼ばれますが、秋は萩からおはぎと言われています。
小豆もきな粉も餅米も、運気をあげる食べ物です。ご先祖様にお供えするのはもちろん、自分でも食べましょう。おはぎを食べて、懐かしい人たちや場所を想う事も大切です。

普段の掃除よりもっときれいに!大掃除

秋分の日には思い切って、大掃除をしましょう!普段の掃除や生活を見直して、不要な物を捨て、リセットしてみましょう!
不要な物を捨て、部屋を片付けて清潔にする事で、運気が良い方へ流れていきます。

魔女の秋分の日、メイボン(Mabon/マボン)とおまじない

この秋分の日は魔女にとっても大切な日です。

近年、秋分の日に関する宗教的な行事は少なくなりましたが、かつての北半球の人々にとって、この秋分の日は「冬の入り口」として大変重要な日でした。この日を境にぐっと気温が下がり、厳しい冬を生き延びなくてはならなかったからです。

北欧のペイガンたちはこの秋分の日を「Fall feast」と呼び、収穫物に感謝を捧げ、祝宴を開いていました。
ヨーロッパではメイボン(mabon)と呼んでいます。この呼び方はアメリカのウィッカ、エイダン・A・ケリー氏が名付けたそうです。

メイボン(mabon/マボン)では、第二収穫の時期として、リンゴやベリー、ナッツ、ブドウを捧げ、祝宴を開いたと言われています。また、詰んだベリーやブドウでワインを作ったとも。

魔女らしく、祭壇を作り秋の実りを捧げるのもいいですね!

秋分の日の玉ねぎの皮のおまじない

それでは、秋分の日にしかできない玉ねぎの皮のおまじないです。玉ねぎは「魔法の野菜」と呼ばれ、玉ねぎを使った魔術はたくさんあります。栄養が豊富で、匂いが強く、魔除けにもよく使われています。

秋分の日に、その年に収穫された玉ねぎの皮を一つ分はいで、その皮を燃やします。燃えている間にあなたの願いを唱えます。燃え終わるまでに唱え終われば、願いが叶うと言われています。

恋のおまじないでも、玉ねぎの皮を燃やすおまじないがありましたね。とても似ています。元々はこのメボンのおまじないから派生したものなのでしょう。

両思いになるおまじない

また、この玉ねぎを病人の部屋の窓辺に吊るしておくと、病魔を追い払ってくれるとか。玉ねぎパワーすごい!

その他の玉ねぎのおまじないも見てくださいね!

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました