「 ハロウィンの復縁、願いが叶うおまじない 」 一覧

ハロウィンは毎年10月31日に行われるお祭りです。このお祭りは古代ケルトの秋の収穫を祝う祭り、サウィンが起源となったと言われています。
英語の表記は「Halloween」もしくは「Hallowe’en」。これは「諸聖人の祝日の前夜」を意味する「All Hallow’s Even」が短縮されたものだと言われています。

古代ケルトでは、この日はあの世とこの世の扉が開かれ、死者たちが戻って来ると同時に悪霊や魔女たちが町を闊歩し、作物を荒らして悪さをすると信じられていました。
ハロウィンはいわば日本のお盆のような祭事で、この日は収穫を感謝するとともに、死者を悼み懐かしむ日でもあったようです。

ちなみにハロウィンの日には「足音がしても振り返っては行けない、それは死者の魂で振り返ると連れていかれる」「ハロウィンの日の蜘蛛は死者の魂が宿っているから殺してはいけない」「ハロウィンの日の夕食は沈黙が少しでもあってはいけない。沈黙すると悪霊がやって来る」といったいかにもな言い伝えがあります。

「トリック・オア・トリート」の呪文の意味や由来

ハロウィーンの有名な呪文「トリック・オア・トリート」…子供たちがお菓子をもらいに家々を回る時に唱えるものです。これはトリック(Trick)は悪戯、トリート(Treat)はご馳走という意味で「ご馳走くれなきゃイタズラするぞ!」という呪文になります。
このハロウィンでお菓子をもらう風習はキリスト教の「souling(ソウリング)」と呼ばれる風習が由来となっています。昔、キリスト教徒は魂のケーキ「ソウル・ケーキ(Soul Cakes)」という四角い干しぶどう入りのパンを乞いながら村々を歩き、死んだ人の魂を悼んでいました。この風習が、ハロウィンの元となった古代ケルトのサウィン祭の「徘徊する霊に食べ物とワインを残す風習」に代わるものとなり、キリスト協会が推奨して現代まで残ったのです。

ハロウィンこそおまじないや魔術にぴったりの日

さてハロウィンは魔力の扉が開く日でもあります。普段は見えないものが見えたり、未来を読めたり…。魔力も高まり願いが叶いやすい日でもあります。ぜひ、この日に願いを叶えるためのおまじないをしましょう。簡単にできるおまじないがたくさんあります。

ハロウィンの願いが叶うおまじない、復縁のおまじない、恋占い(未来を占う)

ハロウィーンの日にはあの世の扉が開き、死者や亡霊が訪ねてくると言われています。 …

ハロウィーンのキャンドルマジック!運気が上がるキャンドルマジックも!

だんだんハロウィーンが近づいて来ました! 秋らしい飾り付けやハロウィーンの飾り付 …