【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は木曜日です。木曜日は金運アップのおまじない!

ハロウィンのジンクスと迷信、由来、歴史

ハロウィンのジンクスと迷信、由来、歴史

10月31日のハロウィンは昔から死者とお化けのお祭りの人されてきました。この日は霊が墓場からよみがえって地上をさまよってきます。万聖節(諸聖人の日)の前の晩は死者が復讐できる最後のチャンスなのです。

人々は復讐に燃えて地上をさまよう幽霊にわからないように仮装して仮面をかぶるのです。

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

ハロウィンは万聖節のイブ

ハロウィンと言う言葉は「オールハローズイブ」から来ています。この言葉はオールハローの日(万聖節すなわち諸聖人の日である11月1日のこと)の前夜と言う意味です。諸聖人の日は多くのキリスト教徒にとってとても大切な聖なる日です。その翌日11月2日は万霊節(諸死者の日)です。

万霊節には死者のために祈りを捧げ、家族や親族で墓参りをすることになっています。この時期は世界各地が死者を思い出し敬う日としています。死んだ人を思い出す事はそれだけ死が近くになると言うことです。死者と生きている私たちの世界がいつもより近づいて死んだ人が家族や友人の元へ帰ってくるのです。

多くの国でこの聖なる万聖節と万霊節の二日間は、良き物の力が再生し邪悪な悪魔や魔女たちは力を失うと考えられています。その前日であるハロウィンは悪霊と魔力が最高潮に高まり最強となる日なのです。

ハロウィンは秋祭り

寒い地方ではハロウィンは秋のお祭りとして開催されていました。秋の食べ物を使ったアップルポピングやかぼちゃのジャック・オランタンを楽しむお祭りなのです。

現代ではすっかり仮装パーティーやトリックオアトリートを楽しむお祭りとなってしまったハロウィンですが、もともとは死者と生者の境目が薄くなると言う神聖な日だったのです。

 

サウィンとハロウィン

古代ケルトのお祭りであるサウィンはハロウィンと同じ時期に開かれていました。このお祭りは「明るい半年」の始まりと「暗い半年」の始まりを告げるもので、秋の収穫のお祭りでもありました。

社員は大昔のケルトの社会の新年の始まりの日であり、現代における元旦であったと考えられています。サウィン祭りの儀式が何世紀もの時間が経つうちにもっと現代的なお祭りへと変化していきました。

例えば大きなかがり火は社員ではとても重要な役割を持っていました。今も多くの国ではハロウィンに篝火がつきものになっています。

イギリスでは11月5日のガイ・フォーク祭り(花火の夜)が有名ですね。ガイ・フォークナイトはハロウィンとは別であるという説もありますが、巨大な人形を焼く独特なお祭りです。

サウィン祭でも悪霊を遠ざけるために仮面や仮装を行っていました。また大きなかぶをくりぬいて顔の形にして中にろうそくを灯していました。

仮装とランタンは現代のハロウィンにもあります。現在ではかぼちゃを使ったジャック・オ・ランタンにかわりました。これはこの時期に株よりもかぼちゃの方が多く収穫できたからではないかと言われています。

サウィンとハロウィンの1番大きな共通点はサウィンも死者が生者の世界に帰ってくる人されていてやってくる車に充分な歓迎をしなくてはならないと信じられていたことでしょう。僧院祭の祝いのテーブルには死んだ人のための石を用意する習慣がありました。

どうしてハロウィンには仮装するの?

ハロウィンに仮装を行うのは仮面をつけて仮装していれば悪霊や復讐心に起こっている幽霊に見つかることがないと言う理由からなのです。

魔女や幽霊の姿に仮装していれば仲間だと思われて襲われることがないと言うことなのですね。

トリックオアトリートとは何か?その由来と歴史

トリックオアトリート」この言葉は「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!」と言う意味です。

この素敵なハロウィンの行事はアメリカで大変な人気があります。最近になってイギリスや他の国でも行う人が大きくなってきました。

この素敵なハロウィンの行事はアメリカで大変な人気があります。最近になってイギリスや他の国でも行う人が大きくなってきました。

ハロウィンの仮装した子供たちが近所の家々を回り、ドアをノックしてお駄賃をねだります。

お駄賃は甘いお菓子が多いです。日本でもハロウィン用のお菓子があちこちで売られるようになってきましたね。

トリックオアトリートを断るとどうなるの

もし「トリックオアトリート」を断るとどうなってしまうのでしょうか。

この場合子供たちは家のドアに小麦粉などを少量投げつけるというようなほんのちょっと意地悪ないたずらをするようです。

トリックオアトリートの由来と歴史

トリックオアトリートはスコットランドの子供や若い人々がハロウィンに仮装する習慣と、北イングランドの11月の初めに子供たちが悪ふざけをするミスチーフ・ナイト(いたずらの夜)が合わさって生まれたもののようです。

万霊節は復讐に燃える霊の最後のチャンスの日

「その年に死んだ人の魂は、すべての霊が安らぐ万霊節の日(11月2日)まで地上をさまよっている」これは昔のキリスト教徒が信じていたことの1つです。

このため、この日が近づくと生前にひどい扱いを受けていたと感じている霊がどんなことをしてでも復讐しようとして地上をさまよい歩くとされていたのです。

だからハロウィンの頃の数日間は霊的に最高に危険な夜になるのです。

ハロウィンの迷信とジンクス

ハロウィンで信じられている迷信とジンクスをご紹介します。

  • ハロウィンの日の日没後は絶対に旅を始めてはならない。なぜなら悪霊がついてくるからだ。
  • ハロウィンの日の日没後は絶対に旅を始めてはならない。なぜなら悪霊がついてくるからだ。
  • ハロウィンの日に出かけるならポケットにパンと塩を入れておく。悪霊が来たらパンと塩を渡すんだ。
  • ハロウィンの日のクモはあなたの知り合いが幽霊となってあなたの姿を見ている姿かもしれないので殺してはいけない。
  • ハロウィンの日に魔女に会いたい時は服を裏返しに着て後ろ歩きをすること。
  • ハロウィンの11時から真夜中までろうそくを持って歩くこと。その時炎が安定して燃えていればこれから半年間は安全に過ごせる。だが火が消えたらそれは霊が吹き消したので冬の間は用心して過ごさなければならない。

ハロウィンのおまじないや占いはこちらの記事を読んでね!

ハロウィンのおまじない、復縁のおまじない、恋占い(未来を占う)
ハロウィーンの日にはあの世の扉が開き、死者や亡霊が訪ねてくると言われています。 そんな夜は魔女や妖魔が最も力を発揮できる夜。魔力が最高に高まる日で...
ハロウィーンのキャンドルマジック!運気が上がるキャンドルマジックも!
だんだんハロウィーンが近づいて来ました! 秋らしい飾り付けやハロウィーンの飾り付けが町中に増えてきて、気持ちがとても盛り上がります。お店でも、ハロウィーン...
【ハロウィンの待ち受け】ハロウィーンで恋を叶える待ち受け 願いを叶える背景画像 【ハロウィンのスピリチュアルメッセージ】
ハッピーハロウィン!! ハロウィンは魔力が高まり、願いが叶いやすい日…そんなハロウィンにハロウィン期間限定の待ち受けで願いを叶えましょう! ハロ...

メキシコのハロウィン「死者の日」

メキシコは何百年も昔から、「死者の日」を祝う習慣がありました。これは死んだ祖先を思い出す人、とても大切な8月の行事でした。日本のお盆にとても似ていますね。
ですがカトリックを信仰するスペイン人がやってきたため11月1日の万聖節と一緒になるようにこの祭りの時期を移動したようです。

お祭りの日にはどの家も死者ための祭壇を作って供え物をして、一族のお墓をろうそくや花やご馳走や写真などありとあらゆる方法で飾り立てます。子供の頃に亡くなった人がいればおもちゃまやお菓子も持ってきて飾ります。死んでしまった人たちが家族のもとに帰ってくる気持ちになるように、楽しい我が家と歓迎の気持ちを表しているのです。

この日はメキシコ中のどこでもドクロと骸骨の飾りが至る所にあり、髑髏の形をした飴やケーキなどが売られて振る舞われます。

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました