【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は甲子で先負の金曜日!愛のおまじないの日。モテモテになる媚薬のおまじないや待ち受けを変更して恋の願いを叶えましょう。

ブルームーン青い月のスピリチュアルな意味

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブルームーンのスピリチュアルな意味

ブルームーンはひと月の間に2回満月があることを意味しています。
そう、特別な満月なんですよ〜。
このブルームーンは非常に珍しい現象で、「once in a blue moon」という英語の慣用句があるほど…。このブルームーンのスピリチュアルな意味についてです!
2023年8月には2日と31日に満月があるブルームーンです!そして31日はスーパームーン!特別な満月ですね!

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

ブルームーンとは

“ブルームーン”とは、基本的には1つの暦月(グレゴリオ暦の1ヶ月)の間に2回満月が起こる現象を指します。
2回目の満月が「ブルームーン」と呼ばれます。
この現象は約2.5年に1度起こるため、非常に稀に起こる現象です。

どうして約2.5年に1度ブルームーンになるの?

1つの暦月に2度満月が見られるということは、月の周期(約29.5日)とグレゴリオ暦の月(28日から31日)との間の微妙なずれにより起こります。

月の満ち欠けの周期、つまり月が新月から新月へと変わるまでの期間は約29.5日です。この周期をシノディック月とも言います。一方、グレゴリオ暦(西暦)の1ヶ月(暦月)は28日(2月)から31日までの間で変わります。

これら二つの周期が一致しないために、まれに一つの暦月に二度満月が現れることがあります。これが「ブルームーン」です。

例えば、1日に満月が出て、その月が31日ある場合、29.5日後には再び満月が見られます。その結果、同じ暦月内に二度満月を観測できることになります。

さらに、この月の周期と暦年の日数(365.24日)も完全には一致していません。シノディック月(29.5日)を12回繰り返すと約354日になり、これは暦年の日数より約11日短いです。このため、一年に13回満月が見られる年もあり、これが四季の中に4回の満月が現れる、もう一つの種類の「ブルームーン」を生み出します。四季通常は3回の満月が見られますが、この年に限ってはその3番目と4番目の間の満月を「ブルームーン」と呼ぶのです。

ブルームーンの由来は1940年代のアメリカのアマチュア天文学者による誤解から

ブルームーンという言葉の起源は完全には確定していませんが、16世紀のイングランドで初めて記録されたとされています。ただし、現在の意味で使用されるようになったのは、1940年代のアメリカのアマチュア天文学者による誤解からだと考えられています。それ以前は、一年の季節(通常4つの満月)に5つ目の満月がある場合、その3つ目の満月を「ブルームーン」と呼んでいました。

元々ブルームーンは本当に月が青く見えたことを指している

“ブルームーン”という言葉は、現在では「非常にまれな」という意味で一般的に使われています。これは英語の成句「once in a blue moon」(ブルームーンに一度)からも分かる通りです。「非常に稀に」または「非常にまれに」発生する出来事を指すために使われます。

実際に月が青く見える事象は非常に珍しいのです。ひと月の間に2回満月があることよりもはるかに珍しい出来事です。

ブルームーンが実際に青く見える現象は非常に稀で、これは特定の大気条件下、特に火山噴火や森林火災の後に、大気中に微粒子が大量に放出されたときにのみ起こります。これらの粒子が青色の光を散乱させ、その結果、月が青く見えることがあります。

1883年のクラカトア火山の大噴火では月が青く見えた

この現象の実例としては、1883年のクラカトア火山の大噴火がよく引き合いに出されます。この噴火は、インドネシアのスンダ海峡にあるクラカトア島で発生し、その爆発力は驚異的でした。その結果、大量の火山灰と微粒子が大気中に放出されました。

この火山の噴火によって、地球全体の大気中に微粒子が広がりました。その結果、太陽光が大気中のこれらの粒子によって散乱し、空の色が変わるという現象が数年にわたって観測されました。その間、太陽は赤く見え、月は青く見えるといった報告が世界各地から寄せられました。

同様の現象は、1983年のフィリピンのピナトゥボ火山の噴火や、2003年のカナダの森林火災の後でも報告されています。これらの事件の後、大量の微粒子が大気中に放出され、その結果、一時的に月が青く見えるという報告が寄せられました。

これらの例からわかるように、ブルームーンが実際に青く見える現象は、特定の大気状況下でのみ発生します。これは稀な現象であり、ブルームーンが青く見えるという一般的な誤解を生む原因ともなっています。

ブルームーンはいつ

現代では太陰暦によるブルームーンはほとんど用いられず、「一ヶ月に二回満月があること」をブルームーンと呼んでいます。この定義によるブルームーンは下記の日程であります。

  • 2015年7月2日、31日
  • 2018年1月2日、31日
  • 2018年3月2日、31日
  • 2020年10月2日、31日
  • 2023年8月2日、31日
  • 2026年5月2日、31日
  • 2029年1月1日、30日
  • 2029年3月1日、30日
  • 2031年10月1日、30日
  • 2034年7月2日、31日

ブルームーンのスピリチュアルな意味

スピリチュアルな視点からは、ブルームーンは新たな開始、自己啓発、変化、変換の象徴とされています。これは、自己成長や人生の新たな章を追求するための特別な時間とされています。特別なエネルギーと関連があるとされています。以下に、いくつかのスピリチュアルな観点からのブルームーンの意味を紹介します。

ブルームーンの願い事や幸せになる言い伝えはこちら!

  1. 新たな始まりとチャンス: ブルームーンは「二度とないチャンス」や「一度きりの機会」を象徴しているとされています。これは、「ブルームーン」が起こる現象が比較的まれであることに由来します。スピリチュアルな視点からは、この時期は新しい道を開始するための理想的な時間であり、新たな目標を設定し、古い習慣を捨てる機会ともされています。
  2. 内省と自己啓発: ブルームーンの期間は、自分自身を深く見つめ直し、自己啓発を進める絶好の時間とされています。これは、ブルームーンが月の満ち欠けのサイクルで特別な位置を占めているため、自己の内面に焦点を当て、自分が何を必要としているのか、何を手放すべきかを理解する機会と考えられています。
  3. 強力なエネルギー: ブルームーンは特別に強力なエネルギーを持つともされています。そのため、この時期は特に意識的な思考、瞑想、意図の設定、またはエネルギーヒーリングに最適とされています。
  4. 奇跡と魔法: “Once in a blue moon”(ブルームーンの時に)という表現は、非常にまれな出来事を示す言葉としてよく使われます。そのため、ブルームーンは奇跡的な出来事や「魔法のような」変化が起こる可能性を象徴するとも言われています。

ブルームーンにやること

ブルームーンは強力なエネルギーを持つとされ、その特別な時間を使って自己啓発や新たな始まりを迎えるための行動を取るといいでしょう。

  1. 瞑想: ブルームーンの期間は、自己の内面と繋がり、自分自身を深く理解する絶好の機会です。この時間を利用して、瞑想を行い、自己の内面と深く繋がることを試みると良いでしょう。
  2. 目標設定: ブルームーンは新たな始まりの象徴ともされています。この特別な時間を利用して、新しい目標を設定したり、古い習慣を手放すための行動を取ると良いでしょう。
  3. 感謝の表現: この期間は、あなたの人生にある恩恵について思い巡らせ、感謝の気持ちを表現するのにも最適な時期です。感謝のリストを作成したり、日記に感謝の言葉を書くことで、ポジティブなエネルギーを引き寄せることができます。
  4. エネルギーヒーリング: ブルームーンは強力なエネルギーを持つと言われているので、この時期は特にエネルギーヒーリングの行為に適しています。レイキ、クリスタルヒーリング、または他のエネルギーワークを行うと良いでしょう。
  5. 意図の設定: ブルームーンは奇跡や変化が可能とされている特別な時間です。この時期に何を実現したいか、何を引き寄せたいかについての意図を設定することをお勧めします。

 

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

タイトルとURLをコピーしました