【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は甲子で先負の金曜日!愛のおまじないの日。モテモテになる媚薬のおまじないや待ち受けを変更して恋の願いを叶えましょう。

入梅と梅雨のスピリチュアル2024入梅いわし

スポンサーリンク
スポンサーリンク

入梅と梅雨のスピリチュアル

6月になれば入梅…梅雨が始まりますね。この梅雨の時期のスピリチュアについてです。

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

入梅とは

入梅とは梅雨の季節にはいること。季節の移り変わりを知らせる雑節の一つになります。農作業をする上で雨期を知るために、江戸時代に「入梅」が設けられ、雑節のひとつとなりました。

入梅はいつ

毎年6月10日頃が入梅となります。入梅がいつになるかは下記のようになっています。2024年は6月10日が入梅です。

旧暦では二十四節気の芒種から最初の壬(みずのえ)の日、立春から135日目を入梅としていましたが、新暦では太陽の黄経が80度に達した日となってます。
二十四節気の芒種から最初の壬(みずのえ)の日としているところも多いので注意してくださいね!

入梅の読み方

入梅の読み方は「にゅうばい」です。

入梅の意味と由来

入梅は、暦上で梅雨の始まりとされます。
しかし実際の梅雨の開始は地域や気候により変わります。そのため、気象庁の「梅雨入り宣言」が正確な梅雨の始まりとなります。日本の地形が南北に細長いため、梅雨の開始と終了は南部から順に進みます。

梅雨の期間

梅雨の期間は約1.5から2ヶ月ほどで、年により変動します。「入梅」が梅雨の開始を指すのに対し、梅雨が終わることを「出梅」と呼びます。カレンダー上の入梅は毎年6月11日頃とされています。一方、関東地方では、梅雨入りの平均日は6月8日頃、梅雨明けの平均日は7月21日頃とされています。

北海道には梅雨の季節が存在しないと言われていますが、近年では蝦夷梅雨といった名称で7月の中旬ごろに雨がよく降るようです。

出梅

入梅後およそ30日めのことを出梅と言います。梅雨の終わりの意味です。 ふつう梅雨は七月中旬に明け、年により遅速があるが、旧暦では夏至の後の最初の庚(かのえ)の日を梅雨明けとしていました。

入梅は日本独自の雑節の一つ

季節を示す言葉として「二十四節気」や「五節句」がありますが、それらとは別に、季節ごとの節目を表す日を「雑節(ざっせつ)」と呼びます。雑節には節分、彼岸、土用などが含まれ、入梅もその一部です。

日本には、独自の暦日である雑節が存在します。雑節は、二十四節気や五節供のように中国から伝わったものではなく、日本人の生活文化に根ざしたものです。また、貴族や武家の儀式とは異なり、主に農作業と関連した季節の目安として機能しており、日本の気候風土に適応しています。これにより、長い間に培われた知恵と経験が集約されていると言えます。

雑節 説明 日付
節分(せつぶん) 立春の前日 2月3日頃
彼岸(ひがん) 春分・秋分を中日とする7日間
社日(しゃにち) 春分・秋分に近い戊の日
八十八夜(はちじゅうはちや) 立春から88日目 5月2日頃
入梅(にゅうばい) 立春から135日目 6月11日頃
半夏生(はんげしょう) 夏至から11日目 7月2日頃
土用(どよう) 立春・立夏・立秋・立冬の前18日間
二百十日(にひゃくとおか) 立春から210日目 9月1日頃
二百二十日(にひゃくはつか) 立春から220日目 9月11日頃

入梅の食べ物と行事食

入梅の時の行事食は、絶対にこれ!というものがあるわけではないのですが、梅と鰯が旬を迎えますので、梅と鰯を使った料理が行事食となります。この入梅と梅雨の時期である6月に旬を迎える食べ物についてご紹介します。

入梅の食べ物、入梅いわし

6月の鰯は、「入梅鰯」として知られています。この季節の鰯は脂がのり、年間を通じて特に美味しいとされています。焼いても刺身としても煮ても美味しい時期です。

入梅の食べ物、梅

入梅の季節は、梅が収穫のピークを迎える時期でもあります。梅はクエン酸、リンゴ酸、カリウムなど、夏バテ防止に役立つ栄養素が豊富に含まれています。そのため、この季節には、自家製の梅ジュースや梅酒を作り、楽しむことがおすすめです。

入梅の食べ物、赤じそ

赤じそは梅干しを漬けるために使用されることが多いですが、それだけでなく、この季節には赤じそを使って自家製のしそジュースを作るのも一興です。

入梅の食べ物、そら豆

そら豆もこの時期に旬を迎えます。そら豆にはタンパク質やカリウム、ビタミンCなどが豊富に含まれており、むくみを改善したり、食欲を促進したりする効果があります。

入梅の食べ物、とうもろこしやピーマンなど夏野菜

とうもろこしは、7月頃に収穫期を迎え、食物繊維とビタミンB1が豊富に含まれています。これにより、便秘の改善や疲労回復が期待できます。ピーマンは7月から9月にかけての夏野菜の定番で、ビタミンCや鉄分が豊富に含まれています。これにより、夏バテ対策として積極的に取り入れたい食材となります。

入梅の食べ物、アナゴ

鰯と同じく、アナゴも入梅の時期に旬を迎えます。この季節に捕獲されるアナゴは「梅雨アナゴ」と呼ばれ、その美味しさが年間で特に評価されます。

入梅と梅雨の違い

一般的に、「入梅」は梅雨の季節が始まることを意味します。この時期は、暦の上では6月11日頃に設定されています。しかし日本は南北に長く、そのため実際の梅雨の始まり、「梅雨入り」は地域により沖縄から東北地方まで、約1ヶ月の差が出ることがあります。

そのため、暦上の表現では「入梅」を使いますが、気象学では「梅雨入り」を使い、実際の天候を表現します。

入梅と梅雨のスピリチュアル

6月、関東にも梅雨の季節が訪れます。すでに沖縄や四国、九州地方では梅雨入りしています。梅雨の季節は降り続ける雨が鬱陶しく、気持ちも落ち込む方も多いかもですね。ですがスピリチュアル的はとてもいい時期なんですよ〜。

梅雨は、私たちが自身の内側を見つめ、感じることを深め、新たなインスピレーションを見つける絶好のチャンスです。この季節を最大限に活用し、水のエネルギーがもたらす洞察力を利用して、新たな可能性を引き寄せましょう。

スピリチュアルな視点からの梅雨

空から降ってくる雨は、私たちをリラックスさせ、心と体の興奮を鎮める効果があります。さらに、雨は私たちの直感を研ぎ澄ませ、集中力を向上させ、特定のテーマを深く掘り下げることをサポートします。したがって、梅雨の時期は、リーディングに集中するためや、新たなテーマを学ぶための最適な時期と言えます。

梅雨の季節は直感が冴える

梅雨の季節はアートやクリエイティブな人にとっても特別な時期です。
雨は直感やインスピレーションをもたらします。この季節に、水のポジティブなエネルギーを意識的に受け取ってみてください。

水の神様、サラスバティーと弁才天

癒しの女神として知られる弁才天は、元々ヒンドゥーの神様サラスバティーであり、その名前は「水の流れる音」を意味します。
彼女は芸術や音楽の神様…この梅雨の時期は特に生き生きと恩恵を受けられますよ!また巳の日は彼女の御使である蛇を祀り、弁財天のご縁日です!

水は人の念や穢れを流す

水には、人の穢れを流す性質があります。この性質は特に流水で顕著であり、滝行や水浴びが霊的な修行の一部として重視されてきた一因です。

梅雨と霊的な影響:湿度と霊的エネルギー

湿度が高まる梅雨の季節は、霊が現れやすいとも言われています。
まあ、水場って集まりやすいですよね〜…そのため梅雨時って霊的なパワーが溜まりやすいのでご注意を!

特に梅雨の季節の湿度は、私たちの周囲のエネルギーを濃縮させると言われています。これは霊的なエネルギーが水分子によって拡散され、その結果、感じやすくなるためです。梅雨の季節には霊的なエネルギーが強まると感じる人も多いです。

梅雨とリフレッシュ

水は、身体を洗うだけでなく、精神や魂も清める力があります。雨が降ると、エネルギーの溜まった場所が浄化され、新鮮なエネルギーが流れ込みます。この新鮮なエネルギーはリフレッシュにつながり、より良い物事への道を開きます。

梅雨の終わりと新たな始まり

梅雨が明けると、自然界は新たな活力とエネルギーに満ち溢れます。それはまるで我々自身が新たなステージに進むように、私たちの人生の新たな章の始まりを示しています。梅雨の終わりは、過去のことを手放し、新たな可能性に心を開くための最適な時期と言えるでしょう。

 

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

タイトルとURLをコピーしました