サイトをリニューアルしました。不具合があったらコメントしてね!
【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は木曜日です。木曜日は金運アップのおまじない!今日はホワイトデー!今日は満月、 10:43に満月!そして春分の日!卒業式、入学式、クラス替え、転職、新入社員…新しい環境に向かうおまじない

双子座流星群!星に願いを!(2018年は12月13日〜14日が見頃!14日21時頃に極大!)

双子座流星群!星に願いを!(2018年は12月14日21時頃に極大!)
双子座流星群は毎年12月13〜15日頃を中心に活動する流星群です。
年間三大流星群のひとつで一晩に見られる流星数としては年間最大の流星群になります。
条件が整うと一晩の流星数が500個を越える時もあるそうです。
2018年のふたご座流星群は12月14日21時頃に極大を迎えると予想されています。今年は12月15日が上弦のため夜半頃に月が沈みます!そのためたいへんよい条件で流星を観察することができます。

特に多くの流星を見ることができるのは、13日の夜21時から未明まで、14日の21時から未明までの二日間です。いずれの夜も、20時頃から流星が出現し始め、夜明け前まで出現が続くでしょう。

流れ星のおまじないはこちら https://omajinai3-24.net/post-856/

流星に願いをかけるときは、黙って心の中でつぶやきます。あっという間ですから、がんばって!
ふたご座流星群はほかの流星群よりも、冬なためか観測もしやすく数も多いです。願い事もたくさん言えますから、ぜひメモにリスト化して練習しておくといいかもしれません。そして見える期間も13〜15日と長いので、機会があれば夜空を見上げましょう。

スポンサーリンク

双子座流星群観測ポイント

日時

日本では2018年12月13日から14日にかけての夜と、14日から15日にかけての夜が最も見頃となっています。

2018年のふたご座流星群の極大は、日本時間の12月14日21時頃と予想されています。そのためこの前後の夜、つまり、13日から14日にかけての夜と、14日から15日にかけての夜に最も見頃になるわけです。
22時頃から本格的に流星が現れ始め、放射点の高度が最も高くなるのは2時頃と予想されています。
特に月が沈む0時半過ぎには絶好の条件で見ることができます。

ふたご座流星群の全活動期間は上記以上あり、12月4日頃から17日頃まで続きます。ただし、出現する流星の数は、極大から日が離れるほど少なくなります。

観測の仕方

流星は特定の方角だけに出現するわけではありません。空の広い範囲を眺めましょう。どの方角からでも見ることができますが、なるべく暗くて空が広く見渡せる見晴らしのいい場所に行くのがいいでしょう。

熟達した観測者は明るい中でも多くの流星を探すことができるが、初心者は暗いところほど見つけやすいと言われています。
たいへん寒い季節ですので、寒さ対策をしっかりおこなって観察してください。特に今年は寒い!!

また、望遠鏡や双眼鏡で観察するのはかなり難しいので、肉眼で見るのが一番です。

コメント 読むとモチベーションアップ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました