【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は壬午で友引の土曜日、人を動かすおまじないの日!

13日の金曜日にやってはいけないこと

スポンサーリンク
スポンサーリンク

13日の金曜日にやってはいけないこと

数多くの伝説や迷信が世界各地に存在しますが、その中でも特に知名度が高いのが「13日の金曜日」という日にまつわるものです。この日は、多くの文化や国で不吉な日とされ、さまざまな行動や決定を控えるべきだという警告が伝えられてきました。しかし、なぜこの特定の日に関連する警戒心が高まるのでしょうか?そして、具体的に何を避けるべきなのか?このブログ記事では、古くから伝わる「13日の金曜日」の迷信を解明し、その背後に隠された意味や起源を探求していきます。

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

13日の金曜日にやってはいけないこと

古来、数多くの文化や宗教で特定の日や数字が不吉とされることはよくある話。中でも「13日の金曜日」は西洋文化において特に恐れられる日である。その起源や背景について掘り下げながら、この日に関連する一般的な迷信や行動を紐解いてみましょう。

13日の金曜日にやってはいけないこと、13人で一つの机に座る

金曜日や数字の13が不吉であるという概念は、ビクトリア朝の後期に流行するようになりました。一部では、キリスト教でイエスの最後の晩餐が金曜日に行われ、その席に13人が座っていたという事実(実際にはこの説は定かではない)が、これらの日と数字の不吉さの根源とされることがあります。

13日の金曜日にやってはいけないこと、13階はNG

多くのホテルには13階が存在せず、アドレスに13という数字が含まれることも珍しいです。実際、ブルームバーグによると、マンハッタンの13階建てのアパートでは、13という数字を用いるものは10%未満であり、イギリスも同様の傾向があるとされています。

13日の金曜日にやってはいけないこと、13日に結婚式を挙げる

聖書に基づいた信仰の中では、13人が丸いテーブルを囲むのは不吉とされる。そのため、13日に結婚式を挙げることを避けるカップルもいます。一方で、この日に結婚式を挙げると費用が安くなる、という見方も。
日本の仏滅みたいですね!

13日の金曜日にやってはいけないこと、重要な契約や取引を避ける

この日に商談や契約をすると、不吉な結果を招くと信じられています。特にビジネスの新規開始や大きな取引は、他の日に延期することが推奨されることが多いです。

13日の金曜日にやってはいけないこと、旅行を控える

13日の金曜日に旅行をすると、事故やトラブルに見舞われる可能性があるとの警戒心が持たれています。特に海外への旅行や長距離の移動は避けるべきとの声も。

13日の金曜日にやってはいけないこと、新しいプロジェクトや始まりの行動を控える

新しい仕事やプロジェクトを始めるのも避けるべきとされています。新しいものを始めると、不運や障害が起こるという恐れから控えられることが多いです。

13日の金曜日にやってはいけないこと、特別なお守りを身につける

不運を避けるために、特別なお守りや護符を身につける習慣が一部の地域や人々に見られます。これは、不吉な力を打破するためのものと信じられています。

「13日の金曜日」に関する信仰や迷信は、古くから伝わるものと新しいものが混在している。しかし、これらの迷信を信じるか信じないかは、個々人の価値観や背景に左右される。重要なのは、自分自身の信じるものを大切にすること。そして、どんな日であっても、ポジティブな心持ちで過ごすことが最も大切である。

13日の金曜日はなぜ不吉な日なのか

「13日の金曜日」に関する迷信は多くの人々に知られていますが、実際のところ、その背後には具体的な根拠は存在していないことをご存知でしたか?様々な研究や実験が行われていますが、結論としてこの日に特に不幸が起こる確率は他の日と比べて高くはないことが示されています。

それでは、なぜこの日が「縁起が悪い」と広く信じられているのでしょうか。その答えは、金曜日と13という数字の古い信仰や迷信が組み合わさって生まれたと考えられます。

金曜日の背景

金曜日に関連する縁起の悪さの原因は、主に以下の伝承や出来事から来ていると言われています

  • イエス・キリストが磔刑にされたのが金曜日であること。
  • 聖なる神殿「ソロモンの神殿」の破壊が金曜日に行われたこと。
  • 北欧神話における美しい女神フリッグが悪魔と結託して企てる悪事が金曜日に行われていたというウワサ。これが”Friday”(金曜日)の名の由来ともされています。

13という数字の背景

「13」が不吉な数字とされる理由は以下の通りです:

  • イエス・キリストの最後の晩餐の際、席についたのは13人であり、13番目の人物が裏切り者のユダであったこと。
  • 北欧神話において、12人の神々の宴が行われている際、13番目として不穏な神ロキが現れ、太陽神バルドルを殺害する事件が起こったこと。

これらの出来事や伝承が組み合わさり、13日の金曜日が「最も不吉な日」として認識されるようになったと考えられます。しかし、これは西洋の文化における考え方の一つであり、例えばエジプトでは13は死を意味しますが、彼らにとって「死」は新たな生を迎える前の通過点として捉えられています。また、スペインや一部のラテン系国では「13日の火曜日」が縁起が悪いとされています。

最後に、これらの信仰や迷信は、人々が不運や困難な状況を乗り越えるための心の支えとして存在しているのかもしれません。何か不運なことが起こったとき、それを「ただの偶然」ではなく「特定の日や数字のせい」と捉えることで、精神的な安堵を得ることができるのです。

13日の金曜日はいつ

13日の金曜日一覧です。

曜日 備考
2023 1月 13日 先負
2023 10月 13日 赤口
2024 9月 13日 赤口
2024 12月 13日 大安
2025 6月 13日 仏滅
2026 2月 13日 先勝
2026 3月 13日 先勝
2026 11月 13日 友引
2027 8月 13日 赤口
2028 10月 13日 友引
2029 4月 13日 先勝
2029 7月 13日 先勝
2030 9月 13日 大安
2030 12月 13日 大安
2031 6月 13日 先負
2032 2月 13日 先負
2032 8月 13日 友引

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

タイトルとURLをコピーしました