【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は壬午で友引の土曜日、人を動かすおまじないの日!

13日の金曜日が日本でも不吉な理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

13日の金曜日が日本でも不吉な理由

日本、古来の風物詩や四季の移ろい、そして多種多様な伝統や文化が息づく国。しかし、その伝統的な文化の中に、西洋の影響を強く受けた現代の迷信も混在しています。中でも、西洋起源とされる「13日の金曜日」が不吉とされる背景は、一体どのようなものなのでしょうか。この記事では、外国の文化がどのようにして日本の日常に浸透し、そして私たちの生活や心にどのような影響を及ぼしているのか、その謎を解き明かしていきます。

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

13日の金曜日が日本でも不吉な理由

13日の金曜日の不吉なイメージは、主に西洋の文化や信仰に由来しています。日本においても、この日が不吉とされる理由は主に以下のような背景があります:

西洋文化の影響

近代以降、アメリカやヨーロッパとの文化交流が増えるにつれて、多くの西洋の文化や習慣が日本に取り入れられました。映画、テレビ、文学などのメディアを通じて、13日の金曜日が不吉な日であるという考えが広まった可能性があります。

映画やメディアの影響

「13日の金曜日」というホラー映画は、世界中で非常に有名です。この映画が日本でも公開されたことで、13日の金曜日に関する不吉なイメージが強化されたと考えられます。

翻訳や解釈の違い

西洋の文献や情報を日本語に翻訳する際、文化的な違いや背景知識の違いから、13日の金曜日の不吉さが強調されて伝えられることがあったかもしれません。

人間の好奇心と迷信

人は未知のものや他の文化の迷信に興味を持ちやすいです。13日の金曜日のような、外国の特定の日や数字にまつわる話は、興味を惹くものとして受け入れられやすいです。

日本自体には独自の迷信や不吉な数字が存在します。たとえば、「4」は「死」を意味する「死(し)」と発音が似ているため、不吉とされることが多いです。同様に「9」も「苦」を意味する「苦(く)」との発音の類似から、不吉とされることがあります。13日の金曜日が日本で不吉とされる背景には、西洋文化の影響やメディアの普及、人々の好奇心などが絡み合っています。しかし、それが日常生活にどれだけ影響を与えているかは、個人や地域、文化によって異なるでしょう。

なぜ13日の金曜日は不吉なのか

欧米の文化において数字の13が縁起が悪いとされる背景には、キリスト教の影響が大いに関与しています。

最後の晩餐と13番目の弟子

イエス・キリストの最後の晩餐の際、13人の弟子の中で13番目に着席したとされるのは、裏切り者として知られるユダです。このユダは、後にイエスを銀貨と引き換えに当局に引き渡しました。このエピソードは、レオナルド・ダ・ビンチの名作『最後の晩餐』にも描かれ、ユダの手には銀貨が入った袋が描写されています。

13日の金曜日とキリスト教の伝承

一般的に言われることですが、実際にイエス・キリストが13日の金曜日に処刑されたかという確証はありません。ただし、この日が縁起が悪いとされる背景には、キリスト教の伝承が影響しています。

映画『13日の金曜日』の影響

殺人鬼ジェイソンを主人公とするホラー映画『13日の金曜日』は大ヒットし、13日の金曜日が不吉な日というイメージを世界中に強化しました。

13階は作らない

このような伝統的・文化的背景から、欧米の多くの建物では13階を避ける傾向が見られます。12階の次の階が14階になっていたり、12A階や12B階と表記することもあります。

キリスト教の伝承や文化的な要因から、13という数字は欧米で長らく不吉とされてきました。これは建築や芸術など、さまざまな場面で確認することができ、数字にまつわる文化の違いを感じることができます。

13の不吉なイメージはこじつけに近い

数字の「13」が不吉とされる背景に、キリスト教の伝承や物語が関わっていると広く信じられていますが、実は多くの点で誤解やこじつけが含まれていると言われています。

イエスの処刑の日について

イエス・キリストが十字架にかけられた日が13日であったかという主張は、実際のところ根拠が不明確です。聖書自体には、処刑された具体的な日付の記述は存在しません。さらに、天文学者のケプラーをはじめとする学者たちが計算によって推測するには、イエスの処刑日は13日ではなかったとの結論が得られています。

ユダの弟子としての位置づけ

新約聖書において、ユダが13番目の弟子だとされる情報は不正確です。福音書『マタイ』『ルカ』『マルコ』の3つには、ユダが12番目の弟子として明示的に記述されています。ユダが13番目の弟子とされる説は、ユダの裏切り後に弟子として迎えられたマティアが12番目の位置に加わったことからの誤解が起こったと見られています。

13のイメージの流布

13という数字が不吉とされる背景には、文化や伝統、迷信などが影響している可能性があります。歴史的に、この数字に対するネガティブなイメージが強化され、広く受け入れられていく中で、事実と異なる情報や誤解も混ざって伝わってきたと考えられます。

「13」の不吉なイメージには、キリスト教の伝承や物語が関与していることは確かですが、その背景には誤解やこじつけがあると指摘されています。歴史や文化を通じて、どのようにこの数字のイメージが形成されてきたのかを知ることは、我々の持つ先入観や信念を見直す上で非常に有意義です。

13日の金曜日はいつ

13日の金曜日一覧です。

曜日 備考
2023 1月 13日 先負
2023 10月 13日 赤口
2024 9月 13日 赤口
2024 12月 13日 大安
2025 6月 13日 仏滅
2026 2月 13日 先勝
2026 3月 13日 先勝
2026 11月 13日 友引
2027 8月 13日 赤口
2028 10月 13日 友引
2029 4月 13日 先勝
2029 7月 13日 先勝
2030 9月 13日 大安
2030 12月 13日 大安
2031 6月 13日 先負
2032 2月 13日 先負
2032 8月 13日 友引

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

タイトルとURLをコピーしました