【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は二十四節気の穀雨、癸丑で先勝の金曜日は愛のおまじないの日。モテモテになる媚薬のおまじないや待ち受けを変更して恋の願いを叶えましょう。

13日の金曜日は縁起が良い13日の金曜日はいつ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

13日の金曜日は縁起が良い13日の金曜日はいつ

欧米を中心に「13日の金曜日は不吉」という言い伝えが知られていますが、実は縁起が良いと感じる人も少なくありません。一般的な迷信や映画などのエンターテインメントの影響で受け入れられた概念を超えて、異なる視点から13日の金曜日を再評価することで、私たちの持つ先入観や固定概念に挑戦しましょう。この記事では、なぜ13日の金曜日が縁起の良い日として捉えられるのか、その背景や意外な事実を探っていきます。

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

13日の金曜日は不吉?

確かに、多くの国や文化で13日の金曜日は不吉とされていますが、その一方で、この日をポジティブな視点から捉える人々や習慣も存在します。全ての迷信や伝承が必ずしも悪いことを意味するわけではなく、場所や文化、時代によって異なる解釈があるのです。

たとえば、一部の文化では、13は女神や月のサイクルと関連付けられ、神聖な数字として見られています。さらに、13日の金曜日は週末の前日であり、多くの人々にとっては仕事や学校の一週間が終わる日。そのため、週末を迎える前の楽しみや期待を感じる日として、ポジティブな意味を持つことも多いのです。

また、ビジネスの視点から見れば、多くの人々がこの日を避けるため、逆に13日の金曜日にイベントやセールを開催することで、注目を集める戦略を取る企業もいます。

縁起が良い、悪いと一概に言えるものではなく、それぞれの捉え方や価値観によって変わるのが、13日の金曜日の魅力の一つかもしれません。

日本における13は縁起の良い数字

西洋文化において13は不吉な数字とされている一方、日本では縁起が良いと広く信じられています。その背景や由来について、詳しく見てみましょう。

十三参りは祝い事

関西地方で行われる「十三参り」は、子どもが13歳になったことを祝う伝統的な儀式です。平安時代の清和天皇が数え年で13歳になった際に行われた法要が起源とされています。13歳は干支が一回りして生まれた年の干支に戻ることから、健康に過ごせたことへの感謝と、今後の幸福を祈る儀式として現在も続いています。

「十三」は「とみ」

数字の「十三」は、「とみ」と読むことができます。これは縁起が良いという意味合いを持つことから、ポジティブな数字として受け入れられています。
人の名前としても「十三」と書いて「じゅうぞう」や「とみ」と読む語呂合わせ的な名前もあります。決して不吉な意味ではなかったんですよね〜。

街の名前としての十三

大阪には「十三(じゅうそう)」という名の街が存在します。この名前も、13が縁起の悪い数字と見なされていたら、名付けられることは考えられないでしょう。

陰陽道と13の意味

陰陽道の教えによれば、偶数は縁起が悪いとされています。しかし13は奇数であり、この教えに従うと縁起が悪くないと解釈することもできます。
風水でも十三という数字は決して縁起の悪い数字ではありません。
日本でも人気の占い師シウマさんも13は吉数字としてますね!

13という数字は、文化や地域によってその解釈が大きく異なります。日本においては、歴史や伝統、言葉の遊びから、13は縁起の良い数字として受け止められています。日本の文化や習慣を知る上で、このような背景を理解することは非常に興味深いことでしょう。

13日の金曜日が不吉な理由

13日の金曜日が不吉とされるのには、いくつかの伝承や歴史的背景が関連しています。以下はその主な理由と考えられるものです:

  1. キリスト教の背景
    • 最後の晩餐: キリスト教の伝承によれば、最後の晩餐にはイエス・キリストを含む13人が参加していました。翌日、金曜日にイエスは十字架にかけられて処刑されました。この連続した出来事が、13人と金曜日という組み合わせを不吉とする背景となっています。
    • ユダの裏切り: また、最後の晩餐での13人の中で、ユダ・イスカリオテがイエスを裏切り、その結果としてイエスが捕らえられる原因となりました。この裏切りも、数字の13に不吉な意味合いを持たせる要因となっています。
  2. 北欧神話
    • ヴァルハラの宴において、12の神々が集まっていたところ、13番目の招かれざるゲスト、ロキが参加し、バルダーという善神を死に至らしめました。これが13という数字の不吉さの起源ともされています。
  3. 歴史的な出来事
    • 1307年10月13日の金曜日に、フランス王フィリップ4世はテンプル騎士団の逮捕を命じました。多くのテンプル騎士団員が拷問を受け、何人かは火刑にされました。この事件も13日の金曜日の不吉さを強化する要因となったと言われています。
  4. 現代文化:
    • 映画や文学などのエンターテインメントメディアは、13日の金曜日を恐ろしい、または不吉な日として描写することが多い。特にホラー映画『13日の金曜日』は、この日に関する現代の認識を大きく影響しています。

以上のような歴史的・宗教的背景により、多くの文化や国で13日の金曜日は不吉な日として認識されています。

13日の金曜日はいつ

13日の金曜日一覧です。

曜日 備考
2023 1月 13日 先負
2023 10月 13日 赤口
2024 9月 13日 赤口
2024 12月 13日 大安
2025 6月 13日 仏滅
2026 2月 13日 先勝
2026 3月 13日 先勝
2026 11月 13日 友引
2027 8月 13日 赤口
2028 10月 13日 友引
2029 4月 13日 先勝
2029 7月 13日 先勝
2030 9月 13日 大安
2030 12月 13日 大安
2031 6月 13日 先負
2032 2月 13日 先負
2032 8月 13日 友引

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

タイトルとURLをコピーしました