【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は丙戌で赤口の水曜日!試験や資格のおまじないに向いた日!

小満の意味と食べ物と季語

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小満の意味と食べ物と季語

二十四節気の小満は、5月21日頃(2024年は5月20日)になります。
立夏から約15日後ですね。夏が始まって日差しも強くなり始める季節です。

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

小満の意味を簡単に

二十四節気の小満は、5月20日頃(2024年は5月20日)を指し、太陽黄径60度の位置になります。立夏から15日目頃にあたり、この時期は陽気が良くなり、万物が成長し始めることから小満と呼ばれます。

田植えの準備が始まる時期

小満の時期は麦の穂が育ち、山野の草木が実をつけ始め、紅花が盛んに咲き乱れます。梅の実がなり、西日本では走り梅雨が見られることもあります。また、田植えの準備が始まる時期でもあります。
ちなみに田植えをしてはいけない日ってあるんですよ〜。卯の日辰の日酉の日などになります。面白いですよね!

小満の読み方は「しょうまん」

小満の読み方は「しょうまん」です。

2024年の小満

2024年の小満は2024年5月20日です。

小満の期間は立夏の終わりから芒種(ぼうしゅ)の前日まで

小満の期間は立夏の終わりである5月20日頃から芒種(ぼうしゅ)の前日である6月4日頃となります。

立夏の意味とスピリチュアル開運でやるといいこと2024年5月5日
今年も夏が始まります。 2024年は5月5日が立夏になります。 この日から徐々に気温が夏らしくなっていきますよね〜! 若芽がぐんぐん育って大きな木になる、こども...

暦便覧での小満

暦便覧での小満は「万物が盈満(えいまん)すれば、草木枝葉が茂る」 となっています。自然界のあらゆるものが活気に満ち、草木が生い茂り、果実が実る様子を表現しています。盈満とはいっぱいになること、満ち足りていること。
これが小満(しょうまん)と呼ばれる所以でもあります。この時期には、木々や草の緑色が深まり、動物たちも活動が活発化します。

小満の七十二候

小満の時期は、自然界が生き生きと活動する季節です。小満の七十二候は、自然のサイクルを表しており、植物や動物が活発に活動する季節の美しさと、日本の情緒的な感性が詰まっています。小満の時期は、新緑の季節であり、多くの植物や動物が活動を始め、自然と人々の生活が繁栄する象徴でもあります。
以下に、小満の各候について簡潔に説明します。

小満の初候 「蚕起食桑」

蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ):5月21日から5月25日頃
蚕が孵化し、桑の葉を繰り返し食べて成長し、最終的には繭を作る時期です。

小満の次候 「紅花栄」

紅花栄(べにばなさかう):5月26日から5月30日頃
紅花が盛んに咲き、古くから染料として利用されるこの植物が栄える時期です。

小満の末候 「麦秋至」

麦秋至(むぎのときいたる):5月31日から6月4日頃
麦の収穫時期であり、美しい麦の穂が風に揺れる景色が見られる時期です。

小満にやること

この小満の期間の6月1日は衣替えの時期であるため、この頃から夏服の準備を整えておくと良いでしょう。

小満の食べ物

小満の時期に旬を迎える食材は、新鮮で栄養価が高く、美味しく食べられるだけでなく、それぞれに独自の健康効果があります。

小満の旬の食べ物、野菜や山菜

小満の頃の各食材の特徴や効果を説明します。

  1. たけのこ:食物繊維が豊富で、便秘解消や腸内環境の改善に役立ちます。また、カリウムが多く含まれており、むくみの解消や血圧を下げる効果があります。
  2. さやえんどう:ビタミンCやビタミンK、葉酸などの栄養素が豊富で、抗酸化作用や免疫力アップ、骨の健康に役立ちます。
  3. さやいんげん:ビタミン類やミネラルが豊富で、免疫力を高める効果があります。また、食物繊維が多く、消化を助けます。
  4. 新ごぼう:食物繊維が豊富で、腸の働きを活発にし、便秘解消に役立ちます。また、血糖値を下げる効果があり、糖尿病予防にも役立ちます。
  5. ほうれんそう:鉄分やビタミンKが豊富で、貧血予防や骨の健康維持に役立ちます。また、抗酸化作用のあるビタミンAやCも含まれています。
  6. 空豆:たんぱく質やビタミン類、ミネラルが豊富で、免疫力向上や疲労回復に役立ちます。
  7. にら:ビタミンAやビタミンCが豊富で、免疫力アップや美肌効果が期待できます。また、硫化アリルという成分が含まれており、抗菌作用や血流改善が期待できます。
  8. らっきょう:抗酸化作用があり、免疫力アップやがん予防に役立ちます。また、食物繊維が豊富で、腸内環境を整える効果があります。
  9. ふき:ビタミンCやカリウムが豊富で、免疫力を高めたり、血圧のコントロールに役立ちます。また、食物繊維が多く、腸の働きを助けて便秘解消に役立ちます。
  10. 玉ねぎ:抗酸化作用のあるケルセチンが含まれており、免疫力の向上やがん予防に役立ちます。また、硫化アリルという成分が含まれており、抗菌作用や血流改善が期待できます。
  11. びわ:ビタミンCが豊富で、免疫力アップや美肌効果があります。また、カリウムが多く含まれており、むくみの解消や血圧を下げる効果があります。
  12. メロン:ビタミンAやビタミンCが豊富で、抗酸化作用や免疫力向上に役立ちます。また、カリウムが多く含まれており、むくみの解消や血圧を下げる効果があります。
  13. なつみかん:ビタミンCが豊富で、免疫力アップや美肌効果があります。また、食物繊維が多く含まれており、腸の働きを助けて便秘解消に役立ちます。

小満の旬の食べ物、魚

小満の時期に旬を迎える魚介類は、新鮮で栄養価が高く、美味しく食べられるだけでなく、それぞれに独自の健康効果があります。以下に、各魚介類の特徴や効果を説明します。

  1. かつお:オメガ-3脂肪酸が豊富で、心臓病予防や抗酸化作用があります。また、たんぱく質やビタミンB群も多く含まれています。
  2. いさき:DHAやEPAなどのオメガ-3脂肪酸が豊富で、心臓病予防や脳の働きを助けます。また、ビタミンDやカルシウムも含まれており、骨の健康に役立ちます。
  3. かれい:たんぱく質が豊富で、筋肉や骨の健康に役立ちます。また、オメガ-3脂肪酸が含まれており、心臓病予防にも効果があります。
  4. きびなご:カルシウムやビタミンDが豊富で、骨の健康に役立ちます。また、オメガ-3脂肪酸が含まれており、心臓病予防や抗酸化作用があります。
  5. あなご:ビタミンAやEが豊富で、抗酸化作用や美肌効果があります。また、たんぱく質が多く、筋肉や骨の健康に役立ちます。
  6. かじき:オメガ-3脂肪酸が豊富で、心臓病予防や抗酸化作用があります。また、たんぱく質やビタミンB群も多く含まれています。
  7. くろたい:たんぱく質が豊富で、筋肉や骨の健康に役立ちます。また、オメガ-3脂肪酸が含まれており、心臓病予防にも効果があります。
  8. あおりいか:たんぱく質やビタミンB12が豊富で、筋肉や骨の健康に役立ちます。また、オメガ-3脂肪酸が含まれており、心臓病予防や抗酸化作用があります。

これらの旬の魚介類は、新鮮で美味しく、栄養価も高いため、健康的な食生活に役立ちます。オメガ-3脂肪酸やたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれており、心臓や脳、骨の健康に効果があります。

小満の時期には、これらの旬の魚介類を積極的に取り入れることで、健康的で美味しい食事を楽しむことができます。また、季節を感じながら、魚介類を使った料理を楽しむことができます。

小満の季語

「小満」はその言葉自体が夏の季語となります。
「万物が次第に成長して、生命が満ち溢れる」季節ですよ、という意味があります。

小満の頃の季語

この小満の頃の季語には「麦秋」「麦の秋」 があります。
どちらも夏の季語なのに「秋」という言葉が入っています。
これは麦の生育と収穫の時期が、夏の小満だからです。麦は冬に種を蒔き、年越しを経て、この頃に収穫が始まるのです。この時期は「麦秋(ばくしゅう/むぎあき)」や「麦の秋」とも呼ばれ、初夏の季節を象徴する言葉となっています。初夏でありながら「秋」と称されるのは、稲穂が実る秋との類似性から来ています。麦の穂が黄金色に輝く光景は、稲穂が黄金色になる風景と一緒なんですよね。

 

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

タイトルとURLをコピーしました