【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は一粒万倍日で乙丑で仏滅の土曜日、人を動かすおまじないの日!

傘☂️の色と風水スピリチュアル魔除けと浄化と運気☂️

スポンサーリンク
スポンサーリンク

傘のスピリチュアル魔除けと浄化と運気が上がる風水ラッキーカラー

傘に関するスピリチュアルな意味やラッキーカラーです。

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

風水と傘

それでは風水における傘について解説します。

風水と傘

風水において傘そのものを「運気アップ」や「運気を下げるもの」として言及しているものはありません。ただし、

  • 濡れたままにしていることで陰の気が強くなる
  • 雨が体に直接かかって本人が濡れることで陰の気が持ち込まれる
  • 折りたたみではない長い傘は「細くて長い」ので運を引き寄せる
  • 傘立ては玄関内ではなく外に置いたほうが陰の気を持ち込まない

といったことが考えられます。それではそれぞれもっと解説していきましょう!

傘と風水、傘は濡れたままにすると運気が下がる

傘も水に関連するアイテムであり、濡れたままにしておくと悪い気が溜まる可能性があります。風水の観点から、以下のような対策が推奨されています。

  1. 傘を乾かす:
    使用後の濡れた傘はできるだけ早く乾かしましょう。乾いた状態にすることで、悪い気が溜まるのを防ぎます。
  2. 傘立ての使用
    傘を立てて収納することで、水分が自然に落ち、乾きやすくなります。また、傘立てを使うことで、傘を整理整頓することができ、良い気の流れを維持することができます。

傘を適切に扱い、乾燥させることで、風水の観点から運気が下がるのを防ぐことができます。濡れた傘を放置せず、適切な対策を取ることで、良い運気を維持しましょう。

折り畳み傘よりも長い傘の方が運気を引き寄せる

風水では、形状や大きさによってさまざまな運気の影響があると考えられています。折りたたみではない長い傘については、「細くて長い」形状が運を引き寄せる力があるとされています。

長い傘は、その形状から縦のエネルギーが強いと言われており、運気を上昇させる力があるとされています。また、細くて長い形状は、運気を集めやすく、邪気を遠ざける力もあるとされています。

朝、家を出る時に雨が降っていたなら、長い傘を持っていきましょう!

100均の使い捨て傘と風水

風水の観点から見ると、使い捨て傘は短命であり、安定したエネルギーが得られないため、できるだけ避けるようにしましょう。長持ちする傘を選ぶことで、より良い気を引き寄せることができます。
一時的に濡れないために使うのはいいのですが、運気的は良くないのです。

傘の色と風水ラッキーカラー

それではどんな傘を選ぶと運気が上がるのでしょうか?傘のラッキーカラーのご紹介です。

紫、青、紺、グリーンの傘は、風水において人間関係を円滑にする

紫、青、紺、グリーンの傘は、風水において人間関係を円滑にする力があるとされています。これらの色は、穏やかで落ち着いた雰囲気を醸し出し、周囲の人々との調和を促す効果があると言われています。

紫色は、創造性や直感を高め、人間関係の中でのコミュニケーション能力を向上させるとされています。また、紫色は高貴で神秘的なイメージがあるため、他者への尊敬や慈悲心を引き出す効果があると言われています。

青色は、冷静さや安定感をもたらし、周囲との調和を促します。青色は信頼や安心感を与える色であり、人間関係の中での信頼を築くことができます。

紺色は、冷静な判断力を高めるとされており、ビジネスシーンで知的な印象を与えることができます。この色は、男女問わずおすすめで、誠実さや信頼性をアピールする効果があります。

グリーンは、自然や成長を象徴し、心身のバランスを整える効果があります。グリーンの傘は、人間関係でストレスを軽減し、穏やかな雰囲気を作り出すことができます。

これらの色の傘を持つことで、人間関係が円滑になり、良好なコミュニケーションを促進することが期待できます。

オレンジとピンクの傘は、風水において恋愛運を上げる効果がある

オレンジとピンクの傘は、風水において恋愛運を上げる効果があるとされています。これらの色は、元気で明るいエネルギーを持ち、人々の心を癒し、魅力を引き出す力があると言われています。

オレンジ色は、活力と楽しさを象徴し、運気をパワフルに上げる効果があります。また、オレンジ色は人間関係をより円滑にし、コミュニケーションを活発にするため、恋愛運にもプラスの影響を与えるとされています。特に、玄関の方位が東向きの家では、オレンジ色と相性が良いとされており、オレンジ色の傘はその家庭の運気をさらに上げることが期待できます。

ピンク色は、愛情や優しさ、ロマンスを象徴する色であり、恋愛運を上げる効果があります。ピンク色の傘を持つことで、魅力を引き出し、異性からの好意を得やすくなると言われています。

オレンジやピンクの傘を持つことで、恋愛運が向上し、幸せな恋愛を経験することが期待できます。これらの色の傘は、自分自身の魅力を引き出すだけでなく、周囲の人々との良好なコミュニケーションを促す効果もあるため、恋愛面での成功につながります。

黄色の傘は、風水において金運を上げる効果がある

黄色の傘は、風水において金運を上げる効果があるとされています。黄色は太陽の光や黄金を象徴し、富や繁栄を表す色とされています。金色が入った柄の傘も同様に金運上昇の効果が期待できます。

また、茶系の色が少し入った山吹色の傘も金運を安定させる効果があるとされており、おすすめです。山吹色は、自然界で見られるような落ち着いた黄色で、安定感や地道な努力を象徴しています。このような色の傘を持つことで、安定した金運が得られることが期待できます。

黄色や山吹色の傘を持つことで、金運が上昇し、財運が向上することが期待できます。また、これらの色の傘は、周囲の人々との良好なコミュニケーションを促す効果もあるため、ビジネスや仕事面でも成功につながる可能性があります。

 

 

傘のスピリチュアルな意味、魔除けと運気

今、モノの豊かな現代社会では「傘は使い捨て」と考えている人も多いかもしれません。
しかし、もともと傘は「魔除け」に使われていました。

傘のスピリチュアル、傘は古代中国の魔除け

東洋の傘や和傘の起源は、古代中国の魔除けの目的で使用された天蓋にさかのぼります。
天蓋は、従者が貴人に差し掛けるもので、開閉はできませんでした。
この天蓋は今のように雨や雪から身を守るモノではなく、「高貴な人を魔から守るもの」でした。
天蓋は、日本に古墳時代の6世紀に百済王から仏具として伝わり、「きぬがさ」と呼ばれました。古代インドや古代ギリシャ、ヨーロッパでも、天蓋や傘は権威の象徴として使われていました。

傘は高貴な人々の権威性や富の象徴としての要素が大きかったんですね!

傘のスピリチュアル、日本の傘も魔除け

日本に入ってきた天蓋は、中国と同じく「高貴な人々の権威性や富の象徴」と「魔除け」として使われました。
その後、平安時代以降に竹や紙を使って開閉できるように改良され、室町時代には油を引いた防水加工された和紙が傘布に使われるようになりました。これにより、雨傘としての用途も広がりました。

日本の技術者たちは、団扇を扇子にするように、物を小さくコンパクトにする技術に長けていました。開閉ができるようになった傘は、「唐繰傘」と呼ばれ、略して「唐傘」と呼ばれるようになりました。このように、東洋の傘は独自の発展を遂げ、日本でさまざまな形態や用途の傘が生まれました。

蛇の目傘で魔除けと招福開運

傘は魔除けの意味がありますが、その中でも特に魔除けになると言われているに尾が蛇の目傘でしょう。

蛇の目とは、蛇の目模様の由来

蛇の目模様は、大小2つの太い輪で構成され、蛇の目に似ていることに由来しています。
色のついた円の中心を同心円で白く抜いた図形や、幅広の輪を指します。

蛇の目は魔除け、家紋の蛇の目は弦巻紋

蛇の目は、真実を映す・魔除けの力があると信じられ、蛇の目模様にも同じ力があると信じられています。
家紋に用いられる蛇の目紋は、弦巻紋とも呼ばれます。弦巻は、予備の弓弦を巻いておく道具で、形がヘビの目に似ていることから、蛇の目と呼ばれました。弦巻を図案化した弦巻紋(蛇の目紋)は、守護神である「龍神の目」とも結びつき、多くの武将に使われました。弦巻紋には、魔除けや厄除けの意味だけでなく、武勇を重んじるという意味もあると考えられます。

蛇の目傘は魔除けと幸運招来

蛇の目柄は、白い輪の模様が蛇の目に見えることから、蛇の目傘という名前がついたのです。和傘はもともと魔除けの意味がありますが、蛇の目柄は「災いから守り、幸運をもたらす」という意味も持っています。

七五三や成人式、結婚式などの人生の節目に、蛇の目傘がお嫁入り道具として贈られるのは、そのような願いが込められているからです。「災いがふりかからないよう、幸せに一生が過ごせますように」という願いが込められています。浮世絵にも、蛇の目柄の雨傘を持つ美人画が多く描かれており、昔から親しまれてきたデザインです。

和傘の種類 説明 特徴
番傘 江戸時代に誕生し、商家が屋号を入れて使用したことから名付けられた和傘 シンプルな構造、無骨な重厚感、太い竹の持ち手、厚い油紙の傘布、基本的に無地
蛇の目傘 17世紀後半に番傘を改良して作られ、歌舞伎の小道具として流行した和傘 骨組みの細さ、装飾的な趣向、軽量化、多彩な色と蛇の目模様
日傘 油による防水加工が施されていない夏用の和傘 和紙独特の風合い、光を遮りつつ透過する見た目、軽量で長時間持ちやすい
舞傘 舞台で使用される和傘で、和紙や絹が使われる 無地が多いが、様々なデザインが存在し、絹製は透明感があり踊りやすい

以上の表には、和傘の主な種類とその説明、特徴がまとめられています。それぞれの和傘は、歴史や用途によって独自の特徴があり、日本文化の一部として珍重されています。

 

スポンサーリンク
著作者
この記事を書いた人

おまじないで復縁を叶えたのがきっかけで、おまじないだけじゃなく、魔術や潜在意識を学び、そして海外に渡って、魔女に弟子入りし術師になった管理人が紹介するおまじないと占いのサイトです。
おまじないパワーでみんなの願いが叶うように、このサイトを始めました。
復縁、片思い、不倫成就、金運、仕事運、強運、復讐など人生の悩みや迷いごとをおまじないや魔術、スピリチュアルパワーで叶えていきます。
詳しくはプロフィールを読んでね!
02omajinaiのSNSです!更新してます!フォローしてね!
塩まじないの本も出しました!amazonで読んでね!

twitter
instagram
pintarest
facebook
アマゾン著者ページ
amazon.comならブログの更新履歴も!
youtubeチャンネルも始めました!登録してね!

omajinai3-24をフォローする
スピリチュアル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おまじない占いスピリチュアル待ち受け画像吉日-強力絶対叶う恋愛金運仕事人間関係

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

タイトルとURLをコピーしました