【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
日曜日の再会のおまじない。10月14日(月)06:08に満月!

光明真言(マントラ)のご利益や唱え方、意味【全ての災厄を取り除く最強の真言】

光明真言(マントラ)のご利益や唱え方、意味【全ての災厄を取り除く最強の真言】

真言、マントラの中でもっとも唱えられており、全ての災厄を取り除くと言われている光明真言。この光明真言をより詳しく知り、正しく唱えることでそのご利益を十分に受け取りましょう!

スポンサーリンク

光明真言(こうみょうしんごん)とは

光明真言は大日如来さまの真言で、全ての災厄を取り除くと言われ、真言のなかでもっとも唱えられている真言と言えるでしょう。読み方は「こうみょうしんごん」です。

光明真言(こうみょうしんごん)の正式名称は不空大灌頂光真言(ふくうだいかんぢょうこうしんごん)

光明真言(こうみょうしんごん)の正式名称は不空大灌頂光真言(ふくうだいかんぢょうこうしんごん)で、光明真言というのは略称になります。
密教経典の「不空羂索神変真言経(菩提流志訳)」や「不空羂索毘盧遮那仏大灌頂光真言(不空訳)」に説かれています。

「不空羂索毘盧遮那仏大灌頂光真言(不空訳)」での光明真言

光明真言は「不空羂索毘盧遮那仏大灌頂光真言(不空訳)」のなかで「この真言を聞くこと二、三遍或いは七遍すれば、よく一切の罪障を滅する」とその功徳を説かれています。大変霊験あらたかな真言ですね。

光明真言を実際に唱える

おん あぼきゃ べいろしゃなう まかぼだら まに はんどまじんばら はらばりたや うん

おん あぼきゃ べいろしゃなう まかぼだら まに はんどまじんばら はらばりたや うん

光明真言は梵字で23文字の真言です。最後の休止符「ウン」を加えて、合計24の梵字となります。
漢字とローマ字では以下のようになります。

漢語音写 表記

唵 阿謨伽 尾盧左曩 摩訶母捺囉
[おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら]
麼抳 鉢納麼 入縛攞 鉢囉韈哆耶 吽
[まに はんどま じんばら はらばりたや うん]

ローマ字表記

Oṃ amogha vairocana mahāmudrā
[オーム アモーガ ヴァイローチャナ マハームドラー]
maṇi padma jvala pravarttaya hūṃ
[マニ パドマ ジヴァラ プラワルッタヤ フーム]

真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺より

この光明真言を訳したものがこちらです。

直訳

オーム 釈迦如来よ、大日如来よ、阿閦如来よ、宝生如来よ、阿弥陀如来よ、光を放て フーム

伝統的解釈

不空遍照(大日如来)の大印(大いなる悟り)は、宝珠と、蓮華と、光明の諸徳を具える。これを転じて行者の身に満たさせん。
真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺より

真言とは何か

光明真言である「おん あぼきゃ べいろしゃなう まかぼだら まに はんどまじんばら はらばりたや うん」だけを見ても何かよくわからないでしょう。この言葉はもともとのサンスクリット語をそのまま音にして表したものなのです。
これは英語の「happy」を「ハッピー」と書くようにサンスクリット語をそのまま日本語の音にしています。
真言(しんごん)は、サンスクリット語のマントラ(मन्त्र Mantra)の訳語で「仏様の真実の言葉、秘密の言葉」という意味を持っています。この真言をそのままの発音で経典に説かれている通りに「音写」(音をそのまま写し取る)したものなのです。

光明真言は大日如来さまの真言、その光明真言の意味とは?

蓮華院多宝塔の大日如来
蓮華院多宝塔の大日如来さまです。とても美しい姿をしています。

大日如来(だいにちにょらい)さまとは

大日如来(だいにちにょらい)さまは、真言密教の教主である仏であり、密教の本尊となる仏様です。
大日は太陽の日輪を意味しており、仏法の真理そのものである毘盧舎那如来(びるしゃなにょらい)さまが進化した仏さまです。
すなわち、大日如来さまは太陽そのものであり、全ての根源、宇宙そのものを司る仏様なのです。全ての仏様、そして全ての生命の生みの親なのです。その日輪が遍く全ての命を照らしてくださっています。

光明真言の意味

「不空遍照(大日如来)の大印(大いなる悟り)は、宝珠と、蓮華と、光明の諸徳を具える。これを転じて行者の身に満たさせん。」と訳されていますが、これは「大日如来さまにお願い致します。宇宙を照らす限りない光で、私たちの行く道をすべて照らして、成就させてください」というような意味です。

光明真言のご利益、功徳、効果

光明真言は「不空羂索毘盧遮那仏大灌頂光真言(不空訳)」のなかで「この真言を聞くこと二、三遍或いは七遍すれば、よく一切の罪障を滅する」とその功徳を説かれています。
この真言は全ての命の源である大日如来さま、仏さまのご利益そのものであり、自分自身が仏になる、悟りを開くことができるものなのです。

  • 光明真言が唱えられているのを聞くだけで考えられる限りのありとあらゆる悪事の罪もたちまちのうちに消え去り、菩薩となる
  • 信心をもって一度でも光明真言を唱えたなら、全てのお経を唱えるのにも勝るご利益がある
  • 臨終間際の人のために1回唱えたら、阿弥陀如来さまが極楽浄土に往生させてくれる
  • 前世の業の報いで病に倒れた人を助ける
  • 十悪五逆四重諸罪で餓鬼や修羅に生まれ変わった死者の罪を払い、極楽浄土に往生させてくれる
  • 仏壇に向かって唱えることで邪気を払い、幸運へと導いてくれる先祖供養の力がある

それでは光明真言の全ての言葉を解説していきます。そのことで光明真言の功徳やご利益がわかります。

光明真言の初めのオンは、供養のオン

光明真言の初めのオンは、供養のオンです。このオンを唱えるだけで素晴らしい香り、花、灯り、料理、飲物、衣服などが、全ての仏を供養するのに十分な量現れるのです。

光明真言のアボキャベイロシャノウとは、大日如来の智慧

光明真言のアボキャベイロシャノウとは、大日如来さまの智慧が込められています。物事の本質を明らかにし、全ての知恵を統合させます。これは仏の叡智そのもので全ての仏のご利益はこの言葉に込められているのです。

光明真言のマカボダラとは悟りを求める心、すなわち薬師如来の力

光明真言のマカボダラを唱えると、悟りを開き薬師如来さまの力を得ることができます。
薬師如来さまの力により、業も病も災いも癒し、治していただけます。

光明真言のマニは仏さまの豊かさ、宝生如来の力

光明真言のマニを唱えるということは、宝生如来さまのお力を得るということです。現世と来世の途方もない豊かさが与えられるのです。

光明真言のハンドマとは阿弥陀如来の力

光明真言のハンドマを唱えるということは阿弥陀如来さまのお力を得るということです。阿弥陀如来さまは全ての魂と煩悩をお救いくださり、極楽浄土へお連れしてくれます。光明真言で極楽往生出来るというのは、この言葉によります。

光明真言のジンバラハラバリタヤとはお釈迦様の力

光明真言のジンバラハラバリタヤはお釈迦さまのお力そのものです。全ての魂を救います。

光明真言の最後のウンとは、悪を滅する力

光明真言の最後のウンとは悪を滅ぼす力を表しています。地獄を破壊し、悪魔の妨害を砕き、怨敵を退治し、災難を滅する功徳の言葉です。

光明真言の唱え方

光明真言の唱え方を解説します。

光明真言は声に出して唱えた方が良い

光明真言に限らず、真言(マントラ)は声に出して唱えた方が良いと言われています。これは真言(マントラ)は「音写」されたものであり、その音の波動そのものにパワーがあるためです。
これまで、光明真言の意味や現代訳を紹介してきましたが、真言はその音そのものにご利益があり、意味を理解する必要はないのです。
できることなら、同じ時刻に毎日唱え続けるといいでしょう。

どれくらいの声で真言(マントラ)を唱えればいいの?

一般的には後ろの人に聞こえるくらいと言われています。意外と大きな声ですね!

真言(マントラ)を声に出して唱えることができない

光明真言は声に出して唱えた方が大いなる功徳を得られると言われていますが、ただ聞くだけでもそのパワーと功徳を得ることができます。不運を払い、災厄を取り除き、運気を上げてくれるのです。声に出して唱えることができないときは、折に触れて光明真言を聞いてみましょう。

光明真言は何回唱えた方がいいの?

光明真言を唱える回数に決まりはありません。何回唱えてもいいですし、1回だけでもいいのです。最も大切なことは信心だからです。
ただ、7回、21回、49回や、108回(煩悩と同じ数)唱えるのが良いとも言われています。

光明真言を10000(1万)回唱えるとどうなるの?

この光明真言ですが、10000回唱えると最高の先祖供養になると言われています。毎日100回づつ唱えても100日かかります。

光明真言を唱えた人の奇跡の体験

光明真言を唱え続けた方の奇跡の体験談をちょっとだけご紹介です。

光明真言を毎日唱えて続けて数ヶ月したら、気がつくと人間関係が一新していた。ストレスから解放された。
忘れたこともあったけど、光明真言を唱えられるときは心を込めて唱えて、あとはユーチューブで聞いたりしました。続けているとお金で困らなくなった。
光明真言を唱えていくうちに、徐々に嫌なことが起きなくなった

光明真言の印の結び方

大日如来さまの印である、左手の人差し指を立てその人差し指を右手で包みこむ智拳印の印が良いとされていますが、難しい印を組まなくても、心を込めて合掌しながら唱えるといいでしょう。
また真言宗であるならば「金剛合掌」という印があります。これは密教に伝わる十二合掌の一つで密教寺院では最も多く用いられます。左右の掌を合わせて両手の指頭を右手を上に交差させます。

コメント 読むとモチベーションアップ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました