【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は月曜日です。自分を守るおまじない。

【守本尊で最強開運】干支から調べるあなたの守護仏、それぞれの真言も紹介!

【守り本尊】干支から調べるあなたの守護仏、それぞれの真言も紹介!

自分の生まれ年の干支によって、守護仏は違います。自分の守護仏、守本尊様を調べて、その真言も知っておきましょう!守り本尊様はある意味究極の開運かもしれません…。

スポンサーリンク

守り本尊とは?

天地万物をお守りくださっているみ仏のことです。それは大日如来さま?それとも千手観音様?と仏様もたくさんおられます。この世をお守りくださっている曼荼羅におられる仏様の全てがそうなのですが、その中でも生れ年によって「一生をお守りくださるみ仏」さまを決めることがあります。この見仏様を一代守本尊様とお呼びし、そのご加護をいただくことにより、最強の守護と開運を受けることができるのです!

自分の干支の守り本尊を探そう!

守本尊は自分の干支で来まります。ただし、一月一日から節分までに生れた方は、前年の干支になります。立春から翌年の節分までという考え方なんですね!

干支守り本尊ご利益真言
千手観音菩薩無限の慈悲の力を持ち千の手と眼で人々を救って下さる仏様オンバザラタラマキリク
丑、寅虚空蔵菩薩無限の蔵から福徳と智慧の宝ものを授けてくれる。知恵を授けてくれるノウボウ アカシャ ギャラバヤ オン アリキャマリボリソワカ
文殊菩薩百獣の王獅子に乗り「三人寄 れば文殊の智慧」の如く智慧の仏様オン アハラシャノウ
辰、巳普賢菩薩いかなる時もいかなる場所でも現れ仏さまの知恵で救済してくれる、大きな白い象に乗り慈悲・徳行の実践を説く仏様オン サンマヤサトバン
勢至菩薩人々の苦しみを救い、悟りへと導いてくれるオン サンザンサクソワカ
未、申大日如来この世のすべてを知恵の光で照らし、ありとあらゆる願いを叶える、宇宙の森羅万象全ての根源を司る、如来の最高峰の仏様オン アビラウンケン バザラダトバン
不動明王懺悔すれば一切の煩悩・妄想を焼き払い迷いを断ち切って下さる仏様ノウマクサンマンダバザラダンカン
戌、亥阿弥陀如来「南無阿弥陀仏」と唱える人を必ず極楽浄土につれていくオン アミリタ テイセイカラウン

守本尊で開運!

「最近、運がよくないことが多い」「なんだかうまくいかない」「不安」「恋の願いが叶わない」「出世できない」「お金がない」など困っていたり、苦しかったりするときは、自分の守本尊の真言を唱えてみましょう!
もちろん、守本尊の真言を唱えるだけではなく、自分の願いに合わせた真言を唱えることも大切です。

真言
真言は最後の砦、と言われているほど効果があります。でも行うのは結構難しい。真言は折に触れて唱え続けたり、時間を決めて毎日唱えたりするといいようです。 心を引き...

また、実際に守本尊をお祭りしているお寺にお参りし、自分の守本尊に自分の干支と願いを書いて奉納するのもいいでしょう。
そして、守本尊様のお守りや像を身近に置いておくのもグッド!最高の開運になるでしょう。

東京でそれぞれの守り本尊様が祀られている寺社

  • 千手観音菩薩(縁日は17日):清水観音堂(台東区)、清水寺(台東区)、千手院(町田市)、影向堂[浅草寺](台東区)
  • 虚空蔵菩薩(縁日は13日):真浄寺(青梅市)、梅岩寺(青梅市)、寶蓮寺(江東区)、影向堂[浅草寺](台東区)
  • 文殊菩薩(縁日は25日):五百羅観堂[目黒区]、延命寺(武蔵野市)、影向堂[浅草寺](台東区)
  • 普賢菩薩(縁日は24日):五百羅観堂[目黒区]、春慶寺[墨田区]、影向堂[浅草寺](台東区)
  • 勢至菩薩(縁日は23日):観音堂[大悲願寺]、勢至堂[目黒不動尊]、勢至院(江東区)、影向堂[浅草寺](台東区)
  • 大日如来(縁日は8日):満願寺、大悲願寺、高蔵寺(町田市)、大日堂[高幡不動]、影向堂[浅草寺](台東区)
  • 不動明王(縁日は28日):目黒不動尊、高幡不動尊、深川不動堂、等々力不動尊、影向堂[浅草寺](台東区)
  • 阿弥陀如来(縁日は15日):増上寺、浄真寺[九品仏]、築地本願寺、深大寺、影向堂[浅草寺](台東区)

守本尊様の真言の唱え方

自分が困ったとき、助けが欲しい時だけではなく、朝晩時間を決めて唱えるのもいいですよ!そして唱えるときは覚えてから唱える方がよりいいでしょう。真言はかなり難しいので、最初はメモなど見ながら間違えないように唱えてね!

  • 千手観音菩薩「オンバザラタラマキリク」
  • 虚空蔵菩薩「ノウボウ アカシャ ギャラバヤ オン アリキャマリボリソワカ」
  • 文殊菩薩「オン アハラシャノウ」
  • 普賢菩薩「オン サンマヤサトバン」
  • 勢至菩薩「オン サンザンサクソワカ」
  • 大日如来「オン アビラウンケン バザラダトバン」
  • 不動明王「ノウマクサンマンダバザラダンカン」
  • 阿弥陀如来「オン アミリタ テイセイカラウン」

守本尊様の方位や八掛、九星

千手観音菩薩(センジュカンノンボサツ)様

千の手と目をもち、あらゆる衆生を救ってくださる仏様です。
観音様の中でも功徳が大きく、「蓮華王」と呼ばれることもあります。

干支子(ネ)年生まれの方の一代守本尊
八卦「坎(カン)」水を表す
九星では一白(イッパク)
方角子の方位である北。
北への引っ越し、北で就職などは千手観音様へ。
時刻子の時間帯である午後11時から午前1時まで。
真言「おん ばざら たらま きりく」
腹や腰の不調時に良いと言われている。

虚空蔵菩薩(コクウゾウボサツ)様

広大無辺の智慧と福徳を授かる知恵と福徳の仏様。無限の慈悲で限りないご利益を授けてくれます。

干支丑・寅(ウシ・トラ)年生まれの方の一代守本尊
八卦「艮(ゴン)」山を表す
九星では八白(ハッパク)
方角丑・寅の方位である北東。
北東への引っ越し、北東で就職などは虚空蔵菩薩様へ。
時刻丑寅の時間帯である午前1時から午前5時まで。
真言「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」
特に足の不調時に良いと言われている。

文殊菩薩(モンジュボサツ)様

百獣の王獅子に乗り「三人よれば文殊の知恵」で知られる知恵を司る仏様。物事のあり方を正しく見極める力・判断力を意味する「智慧」を司り、その偉大な知恵で、信仰する人を救い助けてくださいます。

干支卯(ウ)年生まれの方の一代守本尊
八卦「震(シン)」雷を表す
九星では三碧(サンペキ)
方角卯の方位である東。
東への引っ越し、東で就職などは文殊菩薩様へ。
時刻卯の時間帯である午前5時から午前7時まで。
真言「のうぼう あらはしゃのう」
特に胴体の不調時に良いと言われている。

普賢菩薩(フゲンボサツ)様

大きな白い象に乗り慈悲・徳行の実践を説く仏様。普賢とは「全てにわたって賢い者」という意味。
信仰する人を叱咤激励し、正しい道へと導いてくださいます。

干支辰・巳(タツ・ミ)年生まれの方の一代守本尊
八卦「巽(ソン)」風を表す
九星では四緑(シロク)
方角辰巳の方位である南東。

南東への引っ越し、南東で就職などは普賢菩薩様へ。

時刻辰巳の時間帯である午前7時から午前11時まで。
真言「おん さんまや さとばん」
特に腕や手の不調時に良いと言われている。

勢至菩薩(セイシボサツ)様

勢いを持って智慧の光で全ての世界を照らし人々を苦しみから救って下さる仏様。観音菩薩とともに阿弥陀如来の脇侍としてまつられていることが多い勢至菩薩。智慧の光ですべてのものを照らし、人々を迷いや苦しみから救い、悟りの境地に導いてくれる仏様です。

干支午(ウマ)年生まれの方の一代守本尊
八卦「離(リ)」火を表す
九星では九紫(キュウシ)
方角午の方位である南。
南への引っ越し、南で就職などは勢至菩薩様へ。
時刻午の時間帯である午前11時から午後2時まで。
真言「おん さんざんざん さく そわか」
特に頭部の不調時に良いと言われている。

 

大日如来(ダイニチニョライ)様

宇宙の森羅万象全ての根源を司る、如来の最高峰。完全な悟りの境地に達せられた、すべての仏の頂点にいる仏様。
あらゆる願いに応じ、悟りの境地に導いてくれます。

干支未・申(ヒツジ・サル)年生まれの方の一代守本尊
八卦「坤(コン)」大地を表す
九星では二黒
方角未申の方位である南西。

南西への引っ越し、南西で就職などは大日如来様へ。

時刻未申の時間帯である午後1時から午後5時まで。
真言「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」
特に手や腕の不調時に良いと言われている。

不動明王(フドウミョウオウ)様

懺悔すれば一切の煩悩・妄想を焼き払い迷いを断ち切って下さる仏様。仏法の守護神。
煩悩を打ち砕き、厳しいけれども、精進する者には救済の手を差し伸べるてくれる慈愛に満ちた仏様です。

干支酉(トリ)年生まれの方の一代守本尊
八卦「兌(ダ)」沢を表す
九星では七赤
方角酉の方位である西。
西への引っ越し、西で就職などは不動明王様へ。
時刻酉の時間帯である午後5時から午後7時まで。
真言「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」
特に胴体の不調時に良いと言われている。

阿弥陀如来薩(アミダニョライ)様

無限の光明を持って浄土の世界に導いて下さる仏様。西方にある極楽浄土の教主。 「南無阿弥陀仏」と唱えれば、必ず極楽に連れていってくれる仏様です。

干支戌・亥(イヌイ)年生まれの方の一代守本尊
八卦「乾(ケン)天を表す
九星では六白
方角戌亥の方位である北西。

北西への引っ越し、北西で就職などは阿弥陀如来様へ。

時刻戌亥の時間帯である午後7時から午後11時まで。
真言「おん あみりたていせい から うん」
特に脚の不調時に良いと言われている。

コメント 読むとモチベーションアップ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました