恋愛のおまじない

復縁、両思い、連絡がくる強力な恋のおまじないと魔術を紹介します。占い、好きな人に会える、メールやLINEが来るおまじない、恋に効く、恋愛運がアップする、絶対効果のあるおまじないです。

私に気づいて…のおまじない

   

相手に自分の気持ちを気づいてほしい時のおまじないです。

私に気づいて…のおまじないに必要なもの

  • ピンク色のペン
  • 黒いペン
  • あなたの声
  • ホワイトキャンドル(もしあれば使ったほうがいいでしょう)
  • 白い紙

私に気づいて…のおまじないのやり方

このおまじないを行う前に、お部屋を綺麗にして、さらに15分でいいので瞑想してから行うといいでしょう。

行うのは夜10時以降が最適です。白のキャンドルをお持ちなら、キャンドルに火を灯します。キャンドルのほうがより、深くリラックスできます。お部屋の照明はキャンドルだけにしたほうが集中できます。キャンドルをつけたなら、お部屋の照明は消しましょう。

ピンク色のペンで紙にあなたの愛する人の名前を書いてください。次に、黒いペンで相手の名前の上にあなたの名前を書いてください。そしてさらにその上にホルスの目を描きます。

ゆっくり3回呪文を唱えましょう

「(相手の名前)よ、私に気がついて。
私はあなたを愛しています。あなたを抱きしめて、あなたにぴったりの幸せをあげましょう。
あなたのそばにいて、あなたがどんなに苦しい時もあなたを助けます。」

呪文を唱え終わったら、紙を半分折って、さらに半分におります。四つ折りにしてください。それにキスをして、あなたの枕の下に入れてください。毎晩キスをして3週間、枕の下に置きましょう。

自分から好きな相手ではなく、他者から他者へ行うとき

このおまじないは、他の人が他の人を助けるために使うこともできます。

助けたがっている人の名前を黒色のペンで紙に書き、ピンク色のペンでで気付いてほしい名前を入れてください。その後、ホルスの目を書き入れます。

そして呪文を三回唱えましょう。
「(ピンク色で書いた名前)よ、(黒で書いた名前)に気づいて。
(黒で書いた名前)は(ピンク色で書いた名前)を愛しています。(ピンク色で書いた名前)を抱きしめて、(ピンク色で書いた名前)にぴったりの幸せをあげましょう。
(ピンク色で書いた名前)のそばにいて、(ピンク色で書いた名前)がどんなに苦しい時も(ピンク色で書いた名前)を助けます。」

その後、紙を4つ折りにし、あなたの枕の下に入れてください。絶対にキスはしないで。毎晩、キスの代わりに紙を二本の指(人差し指と中指)で挟んで、「(ピンク色で書いた名前)よ、(黒で書いた名前)に気づいて。」と祈りましょう。3週間行います。

この記事のカテゴリーはこちらです。他のおまじないも見てみましょう!

 - その他のおまじない, 両思いになるおまじない, 願いが叶うおまじない





  関連記事

流星に願いをいう、願いが叶うおまじない

流星に願いをかけるときは、黙って心の中でつぶやきます。 あっという間に星は流れて …

恋が実る恋愛成就のおまじない(連絡が来る)

恋愛成就のおまじないです。 目次です。「開ける」を押してね!1 方法2 質問とか …

プレゼントを送る時に両思いになれるおまじない

  相手にプレゼントを渡せる機会があったら、おまじないの力を借りて、彼 …

中秋の名月!運気の上がるおまじない、お財布を使い始めよう!

目次です。「開ける」を押してね!1 中秋の名月2 中秋の名月は芋名月3 2017 …

ぞろ目だったら願い事を3回強く念じる、願いが叶うおまじない

時計ぱっとみたときにぞろ目(例えば19:19とか11:11とか)だったら願い事を …

おまじないへの質問、体験談、感想などをコメントください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


  関連記事

ぞろ目だったら願い事を3回強く念じる、願いが叶うおまじない

時計ぱっとみたときにぞろ目(例えば19:19とか11:11とか)だったら願い事を …

ストレス解消!幸せになるおまじない

春がやってきました! 春は別れと出会いの季節です。進学や転勤、移動などで環境の変 …

片思いも復縁もいける彼との恋を動かしてくれるおまじない

外国で古くから伝承されている、とても簡単ですが効果は抜群の「なかなか進展しない彼 …

あなたの元を去った恋人(元彼、元カノ)が後悔する白魔法

元恋人を後悔させるおまじないは「ジプシーのろうそくチクチクのおまじない」が有名で …

相手に自分のことを考えさせるポペットのおまじない

5月に入りました。 ゴールデンウィークで楽しく過ごされている方も多いでしょう。彼 …