【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は一粒万倍日、戊午で仏滅の日曜日、再会のおまじない。

夏至の食べ物冬瓜と行事食

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏至の食べ物冬瓜と行事食

夏至の食べ物と行事食についてです。
夏至には夏至の食べ物を!

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

夏至について

夏至とは、立春や春分など季節の指標になる​​「二十四節気(にじゅうしせっき)」のひとつで、毎年6月21日から7月7日ごろを指します。夏至は、「夏に至る」という表記通り、これから夏に向かうことを示します。また、北半球ではこの日が1年のうちで昼の時間が最も長く、太陽の南中高度が最も高い日となります。

今年の夏至はいつ2024

2024年は6月21日です。
夏至は本格的な夏の始まリの日で、植物や動物の生命があふれんばかりに伸びていく季節のはじまりです。この日に摘んだハーブに特別な力がやどると言われています。

夏至の期間

夏至の期間は6月6日頃に始まる芒種(ぼうしゅ)がおわる、6月21日に始まり小暑(しょうしょ)の7月7日頃の前日に終わります。

夏至の読み方は「げし」

夏至の読み方は「げし」です。

夏至の食べ物とその由来

それでは夏至に有名な食べ物を紹介しましょう。

夏至の食べ物、冬瓜

夏至には、旬の食材を食べる習慣があるとよく聞きますね。
その中でも冬瓜は一般的な夏至の食べ物とされています。名前から寒い季節の野菜と誤解されがちですが、実際には夏が旬の野菜です。冬瓜はカリウムやビタミンCを多く含み、疲労回復や夏バテ防止に効果的であるとされています。

冬瓜とは何か?

冬瓜は、原産地であるインドや東南アジアを中心に熱帯や亜熱帯地方で栽培されてきました。日本へは5世紀頃、中国経由で伝わりました。漢語の『冬瓜』を音読みした『トウゥ』が転訛して『トウガ』『トウガン』となったとされています。ウリ科のつる性1年草であり、平安時代成立の薬物書『本草和名』に『白冬瓜』『一名(別名)冬瓜』、和名で『加毛宇利(かもうり)』と記され、畑で栽培されていたとされます。現在、南九州や沖縄をはじめ、京都、愛知、岡山でも栽培されています。

夏野菜の冬瓜-その名の由来は?

冬瓜が夏の野菜であるにも関わらず、なぜ「冬の瓜」を意味する名前がついたのかについては、複数の説が存在します。一つには、果皮にできる粉が雪に見立てられたという説があります。また、夏に収穫されるものの、皮が丈夫で保存性が高く、適切な環境下であれば冬まで保つことから、「冬瓜」の名がついたという説もあります。さらに、冬に熟したものが良いとされ、それが「冬の瓜」の名前の由来になったとの説も存在します。

以上の内容から、夏至に冬瓜を食べるという風習は一概に全国的なものではないものの、冬瓜の特性を考えると、夏至から夏にかけての食事に取り入れるのは理にかなっています。また、「冬の瓜」の名前の由来も、その保存性や利用方法に関連していると考えられます。冬瓜の特性を理解すれば、夏の食事においてその利用範囲を広げることができるでしょう。

夏至に冬瓜を食べると良いのか?

インターネット上で「夏至に冬瓜を食べるとよい」との情報が散見されますが、実際には夏至に冬瓜を食べるという風習があるところはありません。文献等もないのです。
しかし、夏至の頃から夏にかけて冬瓜を食べることは、その特性からみて理にかなっています。冬瓜は水分が豊富で体を冷やす効果があるため、夏バテや熱中症の予防に役立つ可能性があります。また単純に冬瓜は夏至の頃が旬です!

夏至に旬の野菜

野菜の種類 日本名
葉や茎、花蕾を食べる野菜 油麦菜/ヨウマイツァイ/A菜、うまい菜(ふだん草)、スイスチャード(不断草/フダンソウ)、大阪しろ菜(肉厚な晩生種)、サントウサイ(山東菜/さんとうな)、ハクサイナ/はくさい菜、オカワカメ/アカザカズラ/雲南百薬、ツルナ/蔓菜/つるな/ハマヂシャ、ツルムラサキ/蔓紫/つるむらさき、サイシン・菜心・菜苔、パクチョイ/広東白菜/小白菜/白梗菜、おかのり/陸海苔/オカノリ、モロヘイヤ(縞綱麻/シマツナソ)、空心菜(クウシンサイ)/ヨウサイ、オカヒジキ/おかひじき、コールラビ、エゴマの葉、セロリ/セルリー、グリーンアスパラガス、ホワイトアスパラガス、グリーングローブ(アメリカ産)、茎レタス・山くらげ・ステムレタス、ズイキ(芋茎/ずいき)、ハスイモ/りゅうきゅう/はす芋、花ズッキーニ、花ニラ/花韮、赤みず/アカミズ/ウワバミソウ
ハーブや薬味野菜 ミョウガ(茗荷/みょうが)、バジル、紫バジル/ヴァイオレット・アロマティコ/ダーク・オパール/レッドルービン、ホーリーバジル/ガパオ/カミメボウキ、パクチー/香菜(シャンサイ)、ルッコラ、セルバチカ、セルバチコ、ワイルド・ルッコラ、エルバステラ/Erba Stella、フェンネル、タイム/Thyme/コモンタイム/Common thyme、パクチーファラン/ノコギリコリアンダー、レモングラス、ルバーブ(食用大黄/ショクヨウダイオウ)、赤紫蘇(あかじそ)、大葉(おおば)、シュンギク、ノリウミアオイ、シソ、リーフレタス、ブロンズフェンネル、フェンネル・ブロンズ、リーフベターブ、コリアンダー/香菜/シャンサイ、オランダセロリ、イタリアンパセリ、ダイコン葉、カイランの葉、チンゲンサイの葉

地域ごとの夏至の食べ物と行事食

夏至の食べ物は地域によって異なります。以下に、主な地域ごとの夏至の食べ物について詳しく見ていきましょう。

ただしこれらは夏至の食べ物というよりも「半夏生」の食べ物ですね。
ただ時期が近いのと、期間的には夏至になりますのでここで紹介いたします。

茅の輪くぐりと夏越の祓えのスピリチュアル効果2024
夏至が過ぎると、大祓と半夏生がやってきます。夏本番が始まる前に、半年間の厄を払って体力をつけ、今年の後半も良い運気で過ごしたいものです。 夏越の大祓は2024年...

夏至の食べ物・行事食、関西地方はタコと和菓子

関西地方では夏至にタコを食べる習慣があり、「タコの8本足のように稲が深く根を張るよう祈る」という意味が込められています。また、京都では水無月(みなづき)、奈良では半夏生餅(はんげしょうもち)という和菓子が夏至の時期に食べられる習慣があります。

夏至の食べ物・行事食、関東地方新小麦の焼き餅

関東地方の夏至には、新小麦で作られた焼き餅が食べられます。小麦ともち米を同じ量混ぜて作るこのお餅は、奈良の半夏生餅と似た存在です。古代より、田植えの豊作を祈願する意味合いで食べられてきました。また、小麦を餅に混ぜるのは、二毛作を行う農家が多いからです。焼き餅は半夏生餅と原材料は同じですが、半夏生餅がきな粉をまぶすのに対し、焼き餅は焼いて食べます。

夏至の食べ物・行事食、愛知県のイチジク田楽

愛知県の尾張地方など一部の地域では、夏至にはイチジク田楽を食べます。これは半分に切ったイチジクに田楽味噌をかけた食べ物です。イチジクは栄養価が高く、古くは不老長寿の果物と称されていました。一方、田楽は豊作を祈願する踊りの起源を持つ食べ物です。健康と豊作への願いが込められたイチジク田楽は、夏至に食べられるようになったとされています。

夏至の食べ物・行事食、福井県の焼き鯖

福井県の奥越地域では、夏至から数えて11日目に焼き鯖を食べる習慣があります。これは「半夏生鯖」を食べる習慣で、江戸時代に大野藩主が暑さに耐える農民のために越前海岸から鯖を取り寄せて配ることから始まりました。鯖は良質のタンパク質源として、夏バテ防止に役立つとされています。そのため、夏至の時期になると、特に福井県大野市の鮮魚店では香ばしい焼き鯖の香りが一日中漂っています。

夏至の食べ物・行事食、京都の水無月

そして、京都では夏至を過ぎた6月30日に「水無月」を食べます。水無月は、白い外郎(ういろう)の上に小豆を乗せて三角形にカットした和菓子です。これは1年の半分を終えたこの日に、残り半年の無病息災を祈るとともに、魔除けの意味があるとされる小豆を用いることから、京都の神道の「夏越の祓」で食べられるようになりました。

夏至の食べ物・行事食、三重県のミョウガ

三重県では、旬を迎える6月にミョウガが広く食べられます。ミョウガはその独特の香りと辛みで夏バテ防止や食欲増進に役立つとされており、田植えの終わりと共に「お疲れ様」の感謝の意味を込めて食べられます。サラダやお味噌汁の具材として使われるだけでなく、ミョウガの葉で包んだ「ミョウガ饅頭」という特産品も楽しまれています。

夏至の食べ物・行事食、香川県のうどん

香川県は「うどん県」とも呼ばれるほど、その地で作られるうどんが絶品です。夏至の時期には、新鮮な小麦で作られたうどんが農作業を手伝った親戚や友人たちに振る舞われます。このような風習から、夏至にうどんを食べる習慣が定着しました。さらに香川県生麺事業協会組合は、半夏生を迎える7月2日を「うどんの日」と制定して、その美味しさと風味を全国に広めています。

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

タイトルとURLをコピーしました