【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は土用入り、庚戌で仏滅の火曜日です。勝利のおまじないに向いた日。

2024年木下レオンのラッキーカラーと龍神様

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2024年木下レオンのラッキーカラーと龍神様

テレビ、ネット、ラジオなどで大活躍の木下レオンさん…2024年のラッキーカラーや開運について色々話していましたのでご紹介です!

スポンサーリンク

同じ効果のおまじないの人気ランキング

同じ効果が得られるおまじないの人気ランキングです。おまじないの効果の出方は人によって千差万別…効果がなかったら他のおまじないも試してね!
気になるおまじないはあなたにあったおまじないかも…気になったら読んでみてね!

木下レオンさんの2024年開運の鍵は「龍神様」

2024年、仕事での成功を求めるならば、最も重要なのは「リーダーシップを発揮すること」です。昇進のチャンスが訪れるなら、迷わず挑戦しましょう。重要なプロジェクトが待ち構えている場合には、先頭に立って積極的に取り組む姿勢が求められます。しかし、この「リーダー」とは、ただの管理職やマネジメントを意味するわけではありません。

組織の大きさや自身の立場に関わらず、現在の環境で「チームや周囲の人々を正しい方向に導く」という行動を起こす人に、2024年の仕事の幸運は訪れるでしょう。その理由は、2024年を象徴する「龍神様」が、そうした人物を特に好むからです。

辰年は、仕事運や金運と深い関係がある

龍神様に守られる特別な年です。その為、龍神様の存在は特に経営者や富裕層から尊ばれています。龍神様の特性として、「幸運をしっかりと掴み取る」ことが挙げられ、この特性は彼の鋭い爪に象徴されます。

龍神様が特に好意を持つ人物像としては、「他者のために奮闘する人」「努力を惜しまない人」「心が純粋で愛情深い人」が挙げられます。龍神様は乾燥した大地に恵みの雨を降らせるように、他者を導きながら自己成長を求める人々を強力にサポートしてくれます。

結論として、2024年の開運を掴むためには、自分の周囲の環境や人々を正しい方向に導くリーダーシップを発揮すること、そしてその姿勢が龍神様に認められることが鍵となります。

2024年木下レオンのラッキーカラー

木下レオンさんは2024年のラッキーカラーを甲辰に合わせて、緑や黄緑、青にされています〜。

2024年は甲辰(きのえたつ)、木下レオンがすすめる開運行動

2024年は特別な年とされ、十干十二支(じっかんじゅうにし)で見ると甲辰(きのえたつ)の年に当たります。甲辰は、「リーダー」や「トップ」といった意味合いを持ちます。この年は、簡単に他人の後ろに隠れるより、少しの努力を払って先導することで、強い運気を引き寄せることができると言われています。さらに、甲辰は「甲冑」の意味も持ち、まるで武将や名軍師のように、大胆かつ勇敢に行動することが推奨される年です。

しかし、注意点として、「誤ったリーダーシップ」を発揮することは避けるべきです。単に出世のために他人に困難な課題を押し付けるやり方や、他人を欺く手法は、この年の運気を逆手に取る行動となり、龍神様からの恩寵を失ってしまう可能性があります。特に、辰年は職場の雰囲気が緊迫しやすく、上司や先輩がイライラしやすいことが予想されるため、慎重な対応が必要です。

上司や先輩の逆鱗(げきりん)に触れるリスクを避けるためにも、不機嫌な態度や不遜な態度は控えるよう心がけましょう。運気が上昇するときこそ、「勝って兜の緒を締めよ」という古代の格言を守ることで、1年を通して人間関係のトラブルを避けることができるでしょう。

2024年の甲辰の年は、積極的なリーダーシップを取ることと、人間関係を円滑に保つバランスが求められる年となります。この年を最大限に活かすためには、適切なリーダーシップの発揮と、人間関係のケアが不可欠です。

木下レオンと龍神様

多くの人が求める強運や成功の秘訣、それは“龍神様”との強い絆にあります。この龍神様は、特定の神社や寺院で祀られており、参拝をすることで大きな力や上昇気流を授かることができると言われています。

特に、神奈川県にある江島神社は、龍神様と弁財天様の縁が深い場所として知られています。木下レオンさん自身も、まだ知名度が低かった頃、こちらの神社で特別な願いを込めて祈願を行いました。その願いとは、「多くの人に先祖供養の大切さや、神様への感謝を伝える機会をください」というものでした。

木下レオンさんの弁天様巡り

真心を込めて祈願することで、龍神様とのつながりを強め、人生における大きな変化をもたらすことが可能です。皆さんも、龍神様との繋がりを求めるなら、心を込めて参拝し、その力を身につけてみてはいかがでしょうか。

龍神様への祈り方

  1. 龍神様がお祀りされている神社・お寺を訪れます。
  2. 真摯な気持ちで手を合わせ、深く頭を下げます。
  3. 願い事を心に思い浮かべながら、その願いと共に「反省」の言葉も口に出します。これは、自戒と反省を重視する龍神様の教えに基づくものです。
  4. 真剣に祈りを捧げ、数秒だけでなく、しっかりと時間をかけて願いを伝えます。
  5. 参拝が終わったら、感謝の気持ちを忘れずに再び頭を下げます。

以上が基本的な龍神様への祈り方です。真心を込めて、力強い運を授かることを祈願しましょう。

2024年・辰年は飛躍の年、2025年・巳年は注意が必要!

2024年は辰年として知られ、その象徴である龍のように、2023年・卯年で始めたことが次々と成功を収めるでしょう。多くの人々がその恩恵を受けることとなるこの年は、まさに上昇の年と言えるでしょう。一方、続く2025年は巳年。巳、すなわち蛇には、伝統的に負のイメージが多く、その年には様々な困難が待ち受けているかもしれません。

実は、仏教の中にも蛇を神聖視する考えが存在します。インドで生まれた仏教が中国を経て日本に伝わる過程で、蛇、特にコブラは神の象徴として捉えられるようになりました。しかし、多くの文化や宗教では、蛇は「怖い」「危険」というイメージが強く、旧約聖書においても、蛇は人類の堕落を引き起こした存在として描写されています。

それでも、蛇が神様として崇められる背景には、彼らがかつての悪行を改心し、神聖な存在として変わったという故事があります。これが、巳年には困難が多いとされる理由の一つです。

2025年、巳年が訪れると、特に商売や仕事の面でのトラブルが予測されます。商売の障害、会社の不振、さらには法的な問題など、さまざまな困難が起こる可能性が高まります。特に巳年の後半は、その影響が強まると言われています。

そんな2025年・巳年を安全に乗り越えるための対策として、蛇を祀る神様、例えば弁財天や宇賀神を尊ぶ寺社を訪れ、神様の加護を求めることがおすすめです。早めの参拝を心がけることで、その年のトラブルを避ける手助けとなるでしょう。

蛇はその強大な力から、一度味方につけると強力な味方となります。2023年に良いスタートを切り、2025年に向けて謙虚な心を保つことで、困難を乗り越える力を得ることができるでしょう。困っている人を助けることで得られる謙虚な心は、2023年の神様である文殊菩薩の教えとも合致します。困難な時期を前に、人々を助けることで、心の平安と成功の道を切り開くことができるのです。

コメント 成功の口コミや疑問…読んでね!

タイトルとURLをコピーしました