【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は月曜日です。自分を守るおまじない。

バレンタインカードの両思いのおまじない

heart-1406019_640

超かわいい、バレンタインカードのおまじないです。

スポンサーリンク

日本のバレンタインと海外のバレンタインデーの違い

バレンタインデーの由来

バレンタインデーは聖ヴァレンティヌスの日。彼は3世紀頃ローマに存在していたキリスト教の聖職者だったそうです。
彼の時代は皇帝クラウディウス二世が統治していました。皇帝クラウディウス二世は強烈な富国強兵政策を行っており、独身の若者の方が妻子持ちの男よりもいい兵士になるとして、結婚を禁じてしまいます。
愛が人を弱くするというわけです。(この考えには大変な反発を考えます。)

聖ヴァレンティヌスその制度に反対して内緒で若者達を結婚させていました。そしてそのことが皇帝の耳に入り、処刑されてしまいます。その処刑の日が2月14日でした。
この日をがバレンタインデーの始まりだと言われています。

また古代ローマお祭り、2月13日〜15日の間に行われたルペルカーリアが起源だとする説もあります。
このお祭りは豊穣の祭りで、ヤギの皮をムチにし、子供を望む若い女性達を叩き、子宝を祈願したそうです。また、祭りの最後には未婚の女性の名前を壺に入れ、独身男性がその紙を引いて、その男性と女性は一年間強制的にお付き合いというイベントがあったとか…。
うーん、すごいですね!

海外のバレンタインデー

アメリカではどちらかというと男性が女性に向けて愛を告白する日です。花とメッセージカードで送られることが多く、義理チョコみたいな風習はありません。
基本的に気のない人に何かを送ることはないのがアメリカ人らしい!
もちろん女性から男性に贈るのもオッケーです。
イギリスでも、同じく男性が女性に花やメッセージカードを送る日になっています。そしてドイツではカップルや夫婦のイベントで、お互いの愛を贈り合うとか…。お国によって大分違いますね!

日本のバレンタインデー

日本ではやはり女性から男性に贈るのが一般的ですね!
チョコを贈るのは日本だけの習慣ともいえそうで、50年ほど前に菓子メーカーがチョコを普及させるために考えたのだとか…。義理チョコなど、一大イベントですね!

バレンタインカードの両思いのおまじない

必要な物

お気に入りのバレンタインデーカード(封筒付きの物にしましょう)
ペン
シーリングワックス(封蝋)(赤は情熱のために、ピンクはロマンチックな愛のため、どちらかの色のものにしましょう)

おまじないのやり方

彼の名前と彼とどうなりたいかをカードに書きます。シーリングワックス(封蝋)を使って封筒を密封します。
下着入れにこの封筒をしまいましょう。
4ヶ月以上保管し、その間に彼、もしくは彼女に気持ちをさりげなく聞きましょう。

コメント 読むとモチベーションアップ

  1. ちー より:

    バレンタインカードとありますが、バレンタインカードを使用すればバレンタインの日ではなくても大丈夫でしょうか??

    • 02omajinai より:

      バレンタインカードを使用すればバレンタインの日ではなくても大丈夫です。
      もうすぐですね〜、バレンタイン…。私も仕込みを始めなくては…。
      願いが叶いますように!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました