【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
水曜日のおまじない。試験や資格のおまじない。

金運アップのジンクスとおまじない、金運の護符の待ち受け

金運アップのジンクスとおまじない

金運が上がる、お金がたまる、臨時収入がある、お金に困らないようになる…ジンクスとおまじないをご紹介します。
私もかなり実践しているジンクスやおまじないです!

スポンサーリンク

金運が上がる、収入が上がる、お金に困らなくなるジンクス!

金運が上がる、財布にいれとくとお金に困らない、収入が上がると言われているジンクスと超簡単なおまじないを一覧にしました。

  • 八月の辰の日に百円お賽銭する(寄付でも良い)
  • 札は上下逆に財布に入れる
  • 小銭入れにシトリンを入れる
  • 玄関の左側に全身が映る鏡を置く
  • トイレのふたを毎回ちゃんと閉める
  • ギザ10円両面にマジックでヘキサゴン書く
  • 金色のスプレーで染めたU型磁石をドアに貼り付けてる。
  • カエルとヒキュウを玄関に飾る、特にカエルはお金をくわえた蛙
  • 誰かがお金をきれいにするとお金さんたちは「あそこに行けばきれいにしてくれる」と思ってそこに集まるのでお金を定期的に磨くと良い
  • 右手の中指にルチル、左手小指にシルバーの指輪してたらお金に困らなくなった。
  • 「通帳関係は黒い布に包んで保管」黒い色には「溜め込む」という意味がある
  • 耳タブに黄色のマニキュア付けると金運良くなる
  • 旦那さんの仕事運をあげるのには表札をみがく、表札なければ玄関
  • 金運がイマイチな人は、新月にお財布のほか印鑑などもお線香の煙にくぐらせて浄化
  • 印鑑を新しくしたり、通帳を作ったりすると金運のリセットになる
  • 黄色(金色、金箔)のカードを一枚財布に入れると良い

金運が上がる、幸せになるおまじない

金運が上れば幸せ…!家族の厄を払いおまじないや金運が上がるおまじないをたくさん紹介します!

家族が幸せになる厄払いのおまじない

家族の中にある厄を払って、みんなが幸せになるおまじないです。
洗面所の流し台に塩をパラパラと振りかけて「邪よ去りて、幸来たる」と唱えながら勢いよく水を流します。
家族がみんな家にいる時間に見られないようにやること。

効いた、叶った、効果あった体験

このおまじないでうちの場合は、7年くらいひきこもりだった弟がそれまで嫌がってたカウンセリングに通い始めたり、うつ病の父が仕事できるくらいまで回復したり、母が職場で昇進したり…と効果ありました。

とにかく何もかもなくて困っている時に、両手の爪、紙粘土で「金銭面や物質面で生活に困らなくなる術」

お金…物…どちらも生きていくためには必要です。それに困らなくなる術です。

用意するもの

・両手の爪を切ったもの
・紙粘土(色は任意でオッケー、私は黄色で作ってます)

術のかけ方

新月の日に行います
①両手の爪を全部切る
②その爪を乾いたら堅くなる紙粘土に入れて直径3センチ位の玉を作る
③その上から更に紙粘土で三重に包んで丸める
④その玉を家(部屋)の西側の腰より高いところに置く

新月に爪を切ると、丈夫で美しい爪が伸びてくると言われています。ぜひ、ためしてね。

半紙に書く「金運の護符」

半紙を縦に半分、更に半分に折り、折り目を切って短冊みたいにしましょう。
その紙の上の方に「者」と書いて、周りに四角を二つ「者」を囲むように書いてください。
そしてその下に自分で擦った墨で「急(口へんつけて)急如律令」と書いて乾かします。
乾いたら折ってもいいので持ち歩いてください。
墨がなかったら最悪、ボールペンでもいいでしょう。
金運の護符です。

金運の護符

携帯やスマホの待ち受けにもどうぞ!

実のなる木の実「ドリュアドの木の魔術」で金運アップ

有名な「ドリュアド」の魔術です。

何でもいいのですが食べられる実のなる木を見つけます。実際に実がなっていないとこの魔術は行えません。
その木に左手でふれながら右手でその果実をとります。とるときに「ドリュアド」と唱え金運と幸運の上昇を願います。
そして手にした実を食べ、食べ終わったら食べた実に入っていた種を植えましょう。植えた後、もともとなっていた木の方の根本に少量のミルクを注げば効果的!
特に植えた方のタネから芽が出なくても、効果は変わりません。

現金が増え続ける新月か晦の夜のおまじない

新月の夜か晦(みそか、つごもり、カイジツ)の夜(その月の末日の夜のこと)にするおまじないです。
ドングリを新月か晦の夜に埋めてください。大きく育つどんぐりがどんどん現金を増やしてくれます。このおまじないは借金を早く回収する効果もあります。

そば殻の金運アップのおまじない

ソバは実だけでなく、外皮(そば殻)にも金運アップの効果があります。そば殻を、バジル、パセリ(両方乾燥したもので大丈夫です)と一緒にガラスのボウルに入れます。
そのまま、蓋をせずに台所におきます。そうすると貧乏が逃げていく、追い払えると言われています。

お金を呼ぶ奇跡のマントラを唱えて金運アップ

これは有名な金運アップのマントラです。

  1. 朝起きたら「今日、お金の奇跡が起こります」を唱えます
  2. 一日中、このマントラをことあるごとに唱えてください。

このマントラを唱えると、奇跡がいろいろな形でおこります。

ぶどうを食べて、金運アップ

ブドウは繁栄と豊かさの象徴として、西洋のおまじないではよく使われています。よく使われるのは「収入を増やすために、新月から満月まで毎日、青いブドウを食べる」というものです。レーズンでも大丈夫です。
特に満月の夜に食べると、神聖な気持ちになり、冷静になれます。

シナモンのお金を呼ぶおまじない

シナモンは、即効性のあるおまじないの用具として、さまざま用途(恋愛や健康、金運など)で使用されます。世界中でシナモンを使ったお金のおまじないがあります。
そのシナモンを使ったおまじないをいくつかご紹介します。

  • シナモンの粉を、朝起きて布団から出る前に足の裏にこすりつけてください。ほんの少しでかまいません。一日が終わるまでに、お金がやってくるでしょう。(ジプシーのおまじない)
  • お財布にシナモンをほんの少し振りかけます。これだけで、あなたのお財布から離れていくお金が、素早く戻ってくるでしょう。(ケルトのおまじない)

安倍晴明の金運アップ、ギャンブル運アップ術

有名な陰陽師の金運アップ、ギャンブル運アップ術です。

家の西に五円玉五枚で金運アップ

五円玉を五枚、紐で通して家の西側に吊るしましょう。安倍晴明のときは他のお金だったそうだけど、今でも有名なおまじないです。

金運が上がり株やギャンブルに強くなるというまじない

トカゲを生きたままビンに詰めてミイラにしたものを置いておくと金運が上がり株やギャンブルに強くなります。ちょっと残酷ですが、陰陽師らしい術です。

お金の入る上限の月のおまじない

満ちていく月のとき(新月から満月へむかう間)水を入れた深皿を持って外へ出ます。月の光りがその中に映るようにし、しばらくおいてから月が映っている水の中に両手を浸します。
それからその両手は拭かずに自然に乾くまで待ちましょう。
すると28日以内にお金が入りす。

黄色い紙に『福』を逆さまにする中国の金運のおまじない

黄色い紙に『福』と書いて、部屋の西に逆さまに貼っておきます。これで福が落ちてきてくれます。

流行っているお店のお釣りは開運の種銭

心地よい場所、流行っている場所、お店に行ったらカードや電子マネーではなくお金で払うといいでしょう。もらったお釣りに5円玉があれば、種銭として取っておきます。
反対に感じの悪いお店でお釣りをもらったら、さっさと使うか募金箱にいれて手から離すようにしましょう。

 

コメント 読むとモチベーションアップ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました