サイトをリニューアルしました。不具合があったらコメントしてね!
【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
今日は木曜日です。木曜日は金運アップのおまじない!今日はホワイトデー!今日は満月、 10:43に満月!そして春分の日!卒業式、入学式、クラス替え、転職、新入社員…新しい環境に向かうおまじない

5月1日はメーデーです。メーデーは若さと美のおまじないの日。前日の4月30日はワルプルギスの夜!

lilly-of-the-valley-640898_1280

メーデーです。メーデーはもともとは夏の訪れを祝う日です。
五月のさわやかな陽気が夏の訪れを予感させるこの日、若返りと美のおまじないをしてみましょう。

スポンサーリンク

メーデー(May Day)とは

「メーデー」とは本来五月祭を意味する言葉でした。まさに「May Day」だったのです。この日は夏の訪れを祝う祭がヨーロッパの各地で開催されてきました。

お祭りとしてのメーデー

5月1日は春祭と言われ、いろいろな遊戯や競技を催して祝っていたようです。

世界各地のメーデー(五月祭)の催し

  • イギリスでは、少女のなかから5月の女王を選ぶ催しがあります。
  • 北ヨーロッパ各地では、魔女、悪霊よけのために前日に火をたき、家、家畜小屋、畑に十字架をかきます。
  • 前夜(4月30日)はブロッケン山に魔女が集まるワルプルギスの夜です。
  • 放牧や種播(たねまき)によいと言われています。
  • 不吉な日ともされ、働いてはいけない、パンを焼いたり亜麻(あま)をほぐすと日照りになるという言い伝えがあります。
  • 人間、家畜、作物の無病息災と豊饒(ほうじょう)を願う日で、フランスなどでは五月祭は五月柱(Maypole)の周りを踊って新しい愛の生まれる日でもありました。

この日は働くことが不吉な日という伝承もありましたので、労使双方が休戦し、共に祝うのが慣習であったが、これが近代に入り現在の「メーデー」へと転化し、今日の「労働者の日」メーデーが誕生したようです。

メーデーのおまじない

メーデーの朝露には永遠の若さと美がつまっていると言われています。メーデーの朝はゆっくりと深呼吸をし、もし朝露を見つけたら、それを少し、体や顔につけましょう。
特に5月1日の夜明け前の草露(May dew)は美と健康によく、その露で顔を洗うと美人になると伝えられています。また幸運になるとも言われているんですよ。

早起きは大変ですが、ぜひ、朝起きたら試して見てくださいね!

また、メーデーに水を汲み、その中に水晶を入れ、その水を体に振りかけると、いたずら好きの妖精や、呪いの呪文から身を守ると言われています。

メーデーが休みになるかも…

ゴールデンウィークの真っ只中のメーデー、この日が休みになればいい、と思いませんか?
日本でもこの日を祝日にして、連休を7日以上にする動きがあったのですが、近年の不景気を反映してか、現在は計画が頓挫中なんだそうです…。
休みになってお欲しいですね!

ワルプルギスの夜、4月30日のこと

mayday’s eve、メーデーの前日である4月30日はワルプルギスの夜の日です。
この日、魔女たちはブロッケン山に登って、酒池肉林の限りを尽くしました。魔力は最高潮に高まり、そしてこの世とあの世の境目が薄くなる日なのです。そして、饗宴が最高潮に達した時に、朝日が差し込みあの有名なブロッケン現象が起こっていたのかも知れませんね!
ハロウィーンも魔力の高まる日と言われていますが、このワルプルギスの夜も、魔女たちの間では重要な日なのでした。
ブロッケン現象は、後ろからさす光が影の側にある雲粒や霧粒によって光が散乱され、見る人の影の周りに、虹と似た光の輪となって現れる大気光学現象です。
この日はこのドイツだけではなく、スェーデンや、フィンランド、チェコなどで様々な祭典がも良されています。ドイツの田舎では、若者がいたずらをして回る風習が残っていて、時に大きな事件になったりします。
また、フィンランドでは酒の祭典か、とも思えるほどみんな飲みます。

コメント 読むとモチベーションアップ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました