【今日のおすすめおまじないはここをクリック!】
日曜日の再会のおまじない。

呪いの解除、呪いがえしの方法

前回、カードで占う自分が呪われているか知る方法をご紹介しました。
この記事はかけられた呪いや邪眼をかわしたり解除したりする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

呪いの種類など、呪いとは何か?

呪いとは、人や場所を直接対象とし、害をもたらすことを意図した呪術や呪文、まじないです。このような呪いは数多くありますが、いくつかのカテゴリに分類できます。

崩壊と混乱の呪い

この呪いは、対象が不運なことに会う確率を増加させます。不運は死に至ることもあるかもしれませんが、不運の理由がないのが特徴です。全ての事柄が間違ってしまうだけです。ちょっとした掛け違いや、ミスからどんどん崩壊が進んでいきます。

呪縛

外的な動きは出ないことが多いです。心理的にうつや不安として現れたり、あなたが計画したことが全て実らなかったりします。自分の意思決定を完全に行えなくなると、拘束力となることも。

報復の呪い

「目には目を、歯には歯を」という考えの術師や魔女たちが好む呪いです。いわゆる善良な魔女です。
ターゲットが泥棒なら盗まれ、嘘つきなら嘘をつかれるでしょう。自分がした悪さが自分に返って来た時は、善良な魔女の存在を疑いましょう。

特殊な呪い

これは、「ネズミの呪い」や「邪眼」のような古典的な呪いを指します。これらの呪いは特殊であり、たくさんの言い伝えがあり、そして結果は非常に壮大です。この場合、各呪文には独自の刻印があります。人生をホラー映画のように感じ始め他なら、あなたは特別な呪いをかけられているかもしれません。

呪いの解除

呪いの解除には魔女や訓練された呪術師が必要なことも多いです。簡単な呪いの解除の仕方をご紹介します。

必要なもの

呪われたアイテム、人物、または場所
呪われたものを洗うのに十分な大きさの水を入れる容器(場所が呪われている場合は洗い流すのに十分な水)
海塩(水と塩の比は約100:1です。例えば約100カップの水に1カップです。小さなものなら1カップに塩がティースプーン2杯。呪いが強く感じるなら、塩は多めにすること。

やり方

この儀式を実行するのに最適な時間は新月、木曜日、正午または深夜0時、夜明け、または夕暮れ時などです。
容器に水を満たしてください。呪われたものが生き物である場合、快適な温度でなければなりません。

海塩の容器を持ち上げます。

あなたの心を落ち着かせ、呪いが何をしたかに集中しながら、次の呪文を唱えましょう。
「ご先祖様、お守りする神様。
すべての邪悪な人と呪術を浄化してください。」

水に塩を注ぐ。

そして塩水に呪われたものを沈めます。もし、自分自身が呪われているなら、塩を入れたお風呂に浸かることになります。リラックスして入りましょう。
場所が呪われているなら、塩水で全体を洗います。
10分以上、塩水に沈めましょう。
終わったら、塩水から出して、水(お湯)でしっかりとすすぎます。全ての塩水を洗い流しましょう。

最後に「ご先祖様、お守りくださる神様、感謝します」といい、儀式は終了です。

その他の呪いをとく儀式

そのほかにも下記のような方法があります。

・夜明けや日没時に、セージやベイリーフを燃やします。
・自然の水源(例えば川、海など)に沈めて、水が呪いを運び去らせるようにします。
・浄化のハーブでお茶を作り、それで家を掃除し、最後にそのお茶を外に捨てます。

呪いの反動

呪いの反動を防ぐことも重要です。
そのためにもっともいいのは、掃除です。綺麗にすることは、古今東西、自分を守る方法として知られています。

コメント 読むとモチベーションアップ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました